あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの誓約者-01


突然、目の前が暗くなった。

(たすけて)

聞こえる、いつかと同じセリフ。そして、吸い込まれる様な懐かしい感覚。
誰かに喚ばれたのだと、気がついたのは目の前に少女を認識した時だった。
少女は整った顔を歪め、不満そうに言葉を紡ぐ。

「感謝しなさいよ!貴族にこんな事されるなんて一生ないことなんだから!」
「え……ちょっと」

少年の目の前で、少女は不可解な言葉を発する。少年が、それを少女の名前だと認識することは出来ない。
少年の疑問は、不自然に遮られた。少女の唇が少年のそれを塞いだのだ。

「え、ええええええええええええええええええええええ!?!?」

初めて召喚された時は、周りに多数の死体があった。それはもう驚いた。そして、二回目の召喚も別のベクトルで少年を驚愕させた。
少年の名は、新堂勇人。
前回喚ばれた場所では、誓約者(リンカー)として世界を救った英雄である。が、その後はただのニートと化していた。これは、働けとエルゴが課した試練なのかもしれない。
いつのまにか、右手には妙な模様がきざまれていた。

「で、あんた誰」

ルイズは機嫌が悪かった。初めて魔法が成功した。進級できる。それは嬉しい。だが、それを差し引いてもルイズの気分が良くなるはずはなかった。
喚びだしたのは見たところただの平民。しかもルイズとそう年も変わらない少年。何の取り柄もなさそうだ。少年がぼんやりしている間に、殆どの人々は自室へと戻っていった。ルイズに、嘲笑の言葉を残して。
今回こそ、見返してやろうと思ったのに。寝る間も削って練習した。しかし、結果はこれだ。
投げかけられる言葉に、ルイズは反論のひとつも出来なかった。

「俺は、新堂勇人…ここは?」
「ここはトリスタイン魔法学院。で、あんたは私に、」
「俺は召喚されたのか…?」

え、とルイズはハヤトの言葉に声を上げた。

「君が俺を喚んだ召喚師?」
「そ、そうよ!平民のくせに物わかりが良いじゃない。さあ、行くわよ!」

ルイズは、何故か気まずさを感じて自室へと足を進める。
なんなの、あの使い魔。ルイズが説明しなくても、あの状況を理解していた。平民のくせに、何か引っかかる。……考えすぎよね。
ルイズは思考を振り払う。そういえば、まだ使い魔に名乗っていなかった。振り返ると、ハヤトはさっきの場所から動いていなかった。ルイズはハヤトを呼ぶために、口を大きく開いた。

ハヤトは離れていく少女を眺めつつ、自分の力を試してみることにした。
他の世界に呼びかける。しかし、反応はない。いや、まったくないとは言えないが微かなものだ。他の世界に干渉するには、なにかしら媒介が必要かも知れない。
誓約者は、自由に他の世界から召喚獣を呼び出せるはずなのにここではそれが出来ない。少なくとも、ハヤトの力だけでは。何か、ラッキーアイテムがあれば……。
ふと、ハヤトの目に、怪しい輝きを持った石ころが目に入った。

(これは、)

ハヤトは、不思議な力を感じて石ころを手にとった。

「ハヤト!なにしてんのよ、早く来なさい!」

向こうで少女が読んでいる。まだ名前はしらない。召喚獣は召喚師に逆らえない。普段はルイズの立場にいるハヤトはよく知っている。

(でも、必ず前の世界に戻ってみせる)

元の、ではない。ハヤトは、初めて召喚された地で生きていく事を決めたのだから。
ハヤトは、確かな決意を抱いて少女の元へ向かった。





新着情報

取得中です。