あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

魔法少女リリカルルイズ32


放課後の図書室の奥まった誰からも見られないような場所で、ルイズはレポート作成に勤しんでいた。
「まったく。ミスタ・ギトー、こんな無茶な量を!」
こんな隅っこにルイズがいる理由はただ一つ。レイジングハートの機能を使っているからだ。他の生徒や先生には見せられない。
空間モニターを起動して、キーボードも展開。
その上で指を踊らせ、手書きでは不可能な速度でレポートを書いていく。
近頃は手元を見なくてもキーボードを的確に打てるようになったルイズであった。
大変便利な代物で手で書くよりもずっと早い。
「これがなかったら絶望的だったわ」
教室で爆発を起こしたルイズは、罰として風の魔法に関するレポートを明日までに提出することになった。
怒りまくるギトーが提示したその量はむちゃくちゃなもので、通常の数倍である。
しかも、できなかったら退学だ、とまで言ってきた。
実際には提出できなくても退学までは行かないだろうが、おそらくギトーの授業の成績は壊滅状態になる。
四系統魔法の実技の成績は最悪のルイズにとって、それは避けたいところである。
故にルイズの奮闘は続いていた。
(ルイズ、次の資料持ってきたよ)
(じゃあ、そこに置いておいて)
(わかったよ。重要な場所には付箋挟んでるから。じゃあ、次を探してくるね)
ミッドチルダ式の検索魔法を駆使するユーノは的確に必要な本を持って来てくれる。
こういうときにユーノの能力は非常に便利だ。
時折、図書室からはこんな声が聞こえる。
「あ、ユーノくん。この本がいるの?」
「相変わらず熱心だね。君も」
フェレットが本を持って走り回るという光景は、いつの間にか図書館にある当たり前の物となっている。ルイズは気づいていないようだが。
そして、あとわずかで日も落ちると言うとき、
「できたー」
ついにレポートが完成した。
エア・ハンマー、カッタートルネード、風の遍在等々十数個の魔法に関するレポートは大作と言っていいだろう。
何か達成感すら感じる。
(後は印刷するだけだね。プリンターはどこ?)
(え、ぷりんたぁ?)
ユーノが意味不明の言葉を発する。
(うん。レイジングハートを提出するわけにはいかないでしょ?だから印刷しないといけないんだけど……あ)
(何のことだかよくわからないけど、ぷりんたあはないわ。こういうときはどうするの?)
すっかり失念していた。
せっかくのレポートも提出できなければ意味がない。
(だったらレポートを紙に書き写さないと!)
(この量を全部?)
便利さに任せて書き上げたレポートはすごい量になっている。
(そう、なるけど……)
(せっかくできたと思ったのにーー)
(急がないと間に合わないよ)
今、図書館には視線を踊らせているルイズくらいしかいない。
その通路を司書が歩きながら叫ぶのが聞こえた。
「閉館でーす」


そういうわけでルイズは紙にレポートを書き写している。
(僕も手伝おうか?)
と、ユーノは言ったが、提出するのは一人だけ。筆跡の違いが簡単にばれてしまうのでルイズは単独でがんばっていた。
「故に、この魔法は周囲の風のからの影響が強く……」
今やルイズは近寄りがたい雰囲気を漂わせている。
「ルイズ。お茶、持ってこようか?」
「今は黙ってて!」
話しかけても今はこんなふうだ。
静かにしてオーラ全開とでも言ったところだろうか。
おかげでユーノは恐れを成して、ベッド脇のテーブルの上で静かに待っている。
部屋の中にある音はルイズがペンを走らせる音だけ。
そんなふうになった頃、誰も手を触れないのに窓が突然に開いた。
フードをかぶった女性がレビテーションで空を飛び、部屋の中に入ってくる。
「勉強中ですか?」
女性がルイズに声をかけるが、今のルイズにとってはそれは雑音以外の何者でもない。
ものすごい勢いで血走った目を女性に向ける。
「だぁれぇ?」
ドラゴンでも裸足で逃げ出しそうな顔だ。
「あ、あの……ごめんなさい」
女性は怯えて回れ右。窓に手をかけるとフードがふわりと外れる。
その下からは冠とルイズのよく知る顔があらわれた。
「姫さま」
「また今度にします」
窓から出ようとレビティーションを唱え、宙に浮いたアンリエッタ王女にルイズが飛びついた。
「い、いえいえいえいえ。大丈夫です。姫さま」
「でも。今勉強で忙しいんでしょ?」
「まったく問題ありません。平気です!」
「ええ……ルイズがいいのなら。それでは」
アンリエッタ王女は魔法を説いて床に降りる。
「極秘裏に、それに火急に、あなたにお願いしたいことがあるのです」
彼女はルイズの手を取り、真摯さを声に込めてそう言った。


ランプの明かりの下、ルイズはアンリエッタ王女の言葉を待った。
アンリエッタの震える手が今から話すことの重要さを伝えている。
ルイズは急かすよりも、まずは待つことにした。
「私はゲルマニアに嫁ぐことにしました」
「なんですって!よりにもよって、あんな成り上がりどもの野蛮な国に?」
ルイズは何よりもツェルプストーの故国という点でゲルマニアが嫌いだ。
そんな国にアンリエッタ王女が嫁ぐというのは信じがたい。
「仕方ありません。小国である我がトリステインを守るためには、ゲルマニアと強固な同盟関係が必要なのです」
「お国のためとはいえ、あまりにお労しい」
「私はトリステインの王女。国のためにこの身を投げ出すことなど、厭いはしません。ですが、問題があるのです」
アンリエッタ王女は顔をうつむけ影の中に顔を隠す。
沈む表情がルイズに見られないように。
「問題、ですか?」
「ええ、大きな問題です。それが世間に知られれば、この縁談は破談になってしまいます」
「姫さま、それは一体」
一度口を開きかけた王女が口をつぐむ。
顔を上げ、もう一度口を開くが、それ以上彼女の喉から出る物はない。
「言えませんか?」
「いえ、言いましょう。ルイズに隠し事ができようはずもありません。それは私がアルビオン王国のウェールズ皇太子に当てた一通の手紙です」
「では、その手紙もアルビオンに?」
「ええ。しかし、アルビオンは今、政情不安定で危険な状態にあります」
「貴族達が反乱を起こし、今にも王室が倒れそうだとか」
ルイズの手を握る王女の手に力が入る。
そして頭を二人の手につくほどに下げ、ようやく言葉をつないだ。
「ルイズ。お願い。もう、こんな事を頼めるのはあなた以外にいないの。アルビオンに行ってその手紙を回収してきて。お願いします」
──お任せください
ルイズはすぐにでもそう言いたかった。
だが、言えない。ルイズにはすぐに答えられない理由があった。
手紙の回収はきっと危険な旅になるだろう。では、その危険に対してルイズはどうやって立ち向かうか。
決まっている。ルイズが持っている危険に立ち向かえる力はただ一つしかない。
ミッドチルダ式の魔法だ。それは本当にこの任務に使っていい物なのだろうか。
その疑問がルイズの胸中に浮かぶ。その疑問を晴らそうと考えるが、答えはでてこない。
だからルイズはすぐ側に立っているフェレットのユーノに聞いた。
(ねえ、ユーノ)
(どうしたの?)
念話で会話を交わす二人の声は王女には聞こえない。王女はただ、じっとルイズの答えを待っている。
(姫さまの頼みを引き受けたいの。でも、そうしたらジュエルシードと関係ない人にも、きっとミッドチルダ式の魔法を使うことになると思う。私、どうしたらいいんだろう?)
それはユーノにもすぐには答えられない疑問だった。
それでも少し考えて、それから答える。
(ルイズが思ったようにすればいいと思うよ。ミッドチルダ式の魔法もレイジングハートも、もうルイズの魔法なんだ。だから、どう使うかはルイズが決めなくちゃいけない。でもね)
(うん……)
(僕は、ルイズが間違っていることをしていると思ったら止めるよ。絶対に)
(今は止めないの?)
(友達のためにルイズが何かするのは間違ってないと思うから)
ルイズは心を押しつぶしていた重しがなくなったような気分だった。
──ありがとう
その言葉は声にも念話にもしないでおく。少し、恥ずかしいから。
「姫さま。そのような重要な任務をこの私に命じてくれるなんて、この上なき幸せにございます」
「ルイズ。では、行っていただけますか?」
「はい。お任せください。そして姫さま……」
ルイズにはもう一つ決心したことがあった。それは今の自分を話すということ。
アンリエッタ王女が重大な秘密を話したのなら、ルイズもまた秘密を明かさなければならない。
ユーノも首を小さく振って、今話すことに同意してくれている。
「姫さまに打ち明ければならないことがあります。それは私が……」
──リリカルイズと名乗って……
そう言葉を続けようとしたとき、ドアが静かに開いた。


「お話は全て伺いました」
扉を開いたその男は部屋に入り、これ以上ないくらいに格好をつけて語る。
それを見てルイズはまず口を開き、それから閉じて歯をむき出しにする。
目も見開いて、次に天井まで届きそうなくらいにつり上げ、さらに格好をつけて膝をついたその男に飛びかかった。
「ギーシュっ!あんたって奴わぁああああああああっ」
ギーシュの首に左手を回し、後頭部を押さえつけ、そしてぎりぎりと締め上げ始めた。
「せっかく、決心がついたっていうのに!」
「やっ、やっ、やっ、やっ、やめたまえ。ミス・ヴァリエール。首に食い込んで……ぐええええ」
ギーシュの顔が赤くなっていく。
「こぉおおおおおんな所で話の腰をおってぇえええええええ」
「いまから、話せばいいじゃないか。ご、ごへえええ」
赤から青に変わる。
「こういうのはね、タイミングって物があるのよ!」
「うわおあえええええおおおおお」
そして、青から白に。ああ、哀れギーシュここで力尽きるのか。
「あの、ルイズ。そのくらいで許してあげましょう」
アンリエッタ王女のおかげで幸いにして、そんなことはなかった。
後にギーシュは川の向こうで祖母が手を振っているのを確かに見たと証言した。


ようやく顔色を元に戻したギーシュは涙ながらに床に這いつくばる。
今にもアンリエッタ王女の靴を嘗めそうな勢いだ。
「ああ、ありがとうございます。アンリエッタ王女。このギーシュ・ド・グラモン、姫さまに感謝と共にこの身の全てを捧げたいと思います。どうか私もこの任務の一員にお加えください」
「あなたも私の力になってくれるのですね?」
「当然です。たった今、命を救われたのです。我が忠誠、必ずやお示ししましょう」
なにやら向こうは向こうで盛り上がっている。ルイズとユーノは少し離れてそれを見ていた。
(ねえ、ルイズ。いいの?)
(なにが?)
(ギーシュさんがついてきたら、空は飛べないよ)
ミッドチルダ式の魔法はアンリエッタ王女以外にはまだ秘密にしておきたい。
シエスタはとりあえず例外にしておく。
(そのことなんだけど、今回は魔法で飛んでいくのはやめることにしたわ)
(どうして?)
(今までアルビオンに行ったことはあるけど……どうやって行ったかよくわからないの。ほら、フネとか馬車とか中にいたらどう動いているかなんてわからないでしょ?フネだったら航海士がいるけど、私そうじゃないし)
(あ、そうだね)
ユーノにもわからない話ではない。
発掘メンバーの中にも、車で乗せていってもらった場所に自力で行けないという人がいた。
車でなくフネくらいに大きい乗り物ならなおさらだろう。
(だからギーシュがついて行くっていうのならそれはそれでいいと思うの。それに来るんならしっかり働いてもらうわ)
そんなルイズの決心にも気づかずギーシュはまだアンリエッタ王女に感謝と忠誠の言葉を捧げていた。


新着情報

取得中です。