あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ルイズのおとーさん-4

「・・・・」
失神しているルイズの前で、おとーさんは困っているように見えます。
すると、ドアが開いてある人物が顔をだしました。その人物はおとーさんにここに至った経緯を説明してくれました。


その人物は(こんなドアあったっけ?)と、家に新しく出来たドアに近づいてじろじろ見ていました。
すると、突然ドアが開いて、中を覗こうとした女の子と鉢合せをしてしまいました。その距離実に20センチ。女の子は固まっていましたが、その人物は吃驚することもなく気さくに話しかけました。
「やぁ、僕りすのターくん。カリフラワーじゃぁないんだよ」
その台詞をちゃんと聞いたかどうかは分かりませんが、女の子はターくんが話し終わると同時に失神して倒れてしまいました。


「旦那。と、言うわけなんですよ・・・」

おとーさんはその話を聞いた後、おもむろにベッドの方を見ました。
ター君はその様子をみてポンと手を叩き「なるほど」と呟きました。
二人はベッドへルイズを運びました。おとーさんはター君へこの部屋に入らないようにと告げるとそのまま自分の家にター君を帰しました。

「・・カリ・・フラワー・・・んんんん」
ルイズは少々うなされている様でした。
おとーさんはそんなルイズを見てしばらく待ってからルイズを起こしました。
ルイズは飛び起きると目の前にいるおとーさんを捕まえて
「あああ、あのドアの向こうは、どど、どうなってるのよ!!!」
おとーさんは不思議そうにルイズを見ています。ルイズはその様子を見て(あれは夢だったのかしら?)と考え
「な、なんでもないわよ」
と言い、おとーさんに着替えを手伝うようにいいました。おとーさんは服を取りに行く為にルイズに背を向けると「くすくす」
と笑っていました。


着替えが終わり支度を済ませたところで
「朝食にいくわよ。付いて来なさい」
ルイズはおとーさんにそういいました。
(なんかこの使い魔私をバカにしてるみたいなのよね。食事で上下関係をハッキリ認識させてやるんだから)
ルイズはそんな事を考えながら部屋を出ました。
するとキュルケとばったり出会ってしまったのでした。
「あら、ルイズ。おはよう」
「・・・おはよう、キュルケ・・」
ルイズはあからさまに嫌そうな顔をしています
「この白いゴーレムがあなたの使い魔?よく召喚できたわね~」
「うるさいわねぇ。正真正銘、私が召喚したんだからケチつけないでよ!!」
「そんなに怒らなくてもいいじゃない。フフッ・・・これが私の使い魔、フレイム。サラマンダーよ。しかも火竜山脈の・・・。
好事家に見せたらきっとかなりの高値をつけてくれるでしょうね・・・。」
キュルケとルイズがサラマンダーを見ると、おとーさんとフレイムが見つめ合っていました。そのうちフレイムは滝のような
汗を流し始めついには地面に這い蹲りました。
「フレイムどうしたの?・・・まぁいいわ、行くわよ」
サラマンダーの行動に首を傾げるキュルケでしたがそのままどこかへ行ってしまいました。
「あんた、何やったの??」
ルイズがおとーさんに尋ねると、おとーさんは一言こういいました。
「おとーさん・・・にらめっこ強い」
それを聞いたルイズはその場で吹き出して笑い始めました。
おとーさんはそんなルイズをみてなんだか少し嬉しそうでした・・・

新着情報

取得中です。