あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ルナが使い魔

ルナが使い魔

「にゃおーん」
「ルイズが普通の猫を召還したぞ!」
「普通じゃないか!」
「オチ無しかよ!」

ルイズが始めて行ったサモンサーバントは成功し、黒猫を使い魔とする事が出来たのだが前世からの宿命の戦いが待っているとは誰も知らなかったのである。まる

「ルイズちゃん、あなたの前世はシルバー・ミレニアムの王女プリンセス・セレニティだったのよ」
「・・・」

そしてなんだかんだでフーケが宝物庫を襲撃し、その現場に居合わせた
ルナとルイズは初の変身をするわけでもなく

「ルイズ、ここは私に任せなさい! バーニングマンダラー」
実際は只のファイアーボールなのだが、いつもより1.3倍ほど大きい
「あのゴーレムの弱点は足」
タバサが冷静に分析している

そんなこんなでセーラー戦士二人はフーケを撃退し、
宝物庫を守る庫とができたのでした。

「・・・これは極秘なんじゃが、ダークキングダムという組織が暗躍している、やつ等の目的は不明じゃがこれから先 困難な戦いになると思う だが、頑張ってくれ」
「ミスタ・オスマン・・・(こいつまで前世系なのか・・・)」

ルイズの誤解は解けるのか!つづく!







ルナが使い魔

「ルイズちゃん、いい加減変身しましょうよぉーーー」
「リーダーは私、ルイズはいらないわ」
「・・・(だめだこいつら)」
「ルイズが前世の記憶に目覚めない限り、変身は不可能」
「・・・(目覚めなくていいわ)」

そしてアンリエッタ王女から下されるアルビオンへの派遣
そこで婚約者であるワルドとの再会

「ははは、お団子頭は元気かい?」
「・・・(団子じゃないんですけど)」

そして盗賊に襲われ、絶対絶命かと思いきや
盗賊の目の前に突き刺さる薔薇(青銅製)
「いまだ、セーラールイズ!」
「・・・(何で仮面被ってるのよ)ギーシュ」

「純情な二人の恋を邪魔するなんて許せない 愛と正義の、セーラー服美少女戦士、セーラールイズ! 月に代わっておしおきよ(棒読み)」

ワルドの裏切りが発覚し、今までのフラストレーションが爆発してしまったルイズはもうどうでもよくなったのでルナに言われるまま
ワルドにムーン・ティアラ・スターダストを食らわせて洗脳を解くと
取りあえず学院に帰還するのであった。





新着情報

取得中です。