あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ベルセルク・ゼロ-04


 ガッツたちが出て行ってからしばらく時が経ち―――
 一人部屋に残されたルイズはぐい…と涙をぬぐった。
 嗚咽は既に止んでいる。
(泣いてる暇なんてない…使い魔召喚に失敗したっていうんなら、もう一度、成功するまで何度でもやるだけ…それだけよ……!)
 失敗することにはもう慣れた。それでもルイズは何度でも立ち上がる。
 貴族のプライド、ヴァリエール公爵家のプライド、そしてそれらを超越した自分自身の根幹にある何かを守るために。
 ルイズはベッドから降りるとサモン・サーヴァントの呪文を唱え始めた。
 サモン・サーヴァントは本来なら教師立会いの下で行わなければならない呪文である。
 だが、『ゼロのルイズは実はサモン・サーヴァントに失敗していた』なんてことが知られてしまうと、いよいよ自分の学生としての立場は危うい。
 今までも失敗魔法でさんざん学校の備品や施設を破壊してきたのだ。
 いくらトリステイン魔法学院が王宮からの援助で豊かに経営しているとはいえ、無駄な出費は抑えるものだ。
 今まで一度も魔法が成功していないダメダメメイジが学院に一年間も在学出来たのも、ひとえに自分がヴァリエール公爵家の出身であるからにすぎないのだろう。
 であるならば、今度のこの失敗はおそらくとどめとなる。
 これをきっかけに自分は本当にやめさせられる。その可能性は高い。
 ルイズはそう考えていた。
 実際のところ、学院長であるオールド・オスマンにそんなつもりはまったく無い。
 偉大なる魔法使いは成績が悪いからといって生徒を切り捨てるような真似はしないのだ。
 しかし度重なる失敗とそのたびに伴う劣等感は、ルイズの思考をずいぶんとネガティブな方向に向かわせていた。
 それでもめげずにルイズは前へと進む。進もうとする。
 そんなルイズをあざ笑うかのように、サモン・サーヴァントは失敗した。
 ルイズが呪文を詠唱しても、部屋にはシンとした静寂が広がるのみ。
「……爆発すらも起きないなんて! じゅ、じゅもんの詠唱を間違えたんだわ、きっと!!」
 ルイズは机に駆け寄ると一冊の教科書を取り出し、パラパラとページをめくった。
 その時だった。

 バァン―――――!!!!

 ドアがけたたましい音を立てて開き、トリステイン城下町に向かったはずのガッツが飛び込んできたのは。



 突然の音にルイズはビクッ!っと肩を跳ね上げ、慌てて部屋の入り口を振り向く。
「な、なに? アンタ戻ってきて―――」
 『戻ってきてくれたの?』
 突発的な出来事に自分を取り繕うことも忘れ、思わず飛び出してしまった本音。
 しかしその言葉は最後まで言い切られることは無かった。
 ガッツはドアを開け放った勢いのままルイズへと歩み寄り、その胸倉を思いっきり掴みあげた。
「ふぇ…? ……ッ!!」
 あまりの事態にルイズの口から間抜けな音が漏れる。
 そして自分の目の前に迫ったガッツの形相に言葉を失った。
 ―――憤怒。
 ガッツの表情には、まさしくその感情がありありと表されていた。
「ガッツ! ちょっと落ち着けってばあ!!」
 パックの声が部屋に響いた。



 ―――月明かりの下。
 魔法学院を出て、ガッツは草原を歩いていた。
「こっちこっち!」
 ガッツを先導するために、パックはほのかに輝きながら前を飛ぶ。
 歩きながら、ガッツはずっと考えていた。
 戻るまでにどれくらいかかるか。急いで戻らなければならない。
 だがガッツはそれほど今の状況に絶望しているわけでは無い。
 今の自分には仲間がいるのだ。
 シールケがいる。セルピコがいる。ファルネーゼも、ついでにイシドロとイバレラも加えてやってもいい。
 あいつらなら自分がいなくてもきっとキャスカを妖精郷に無事送り届けてくれるだろう。

 ―――俺以外の誰かがお前を救う

 ―――今はそれでいい

 ―――俺ではお前を傷つけるだけだ

 自嘲するように笑い、それからガッツはずっと感じていた『疑問』について思考する。
 ―――なぜ悪霊が現れない?
 自分の首筋、烙印のある辺りを指でなぞる。
 この時間になれば悪霊共に反応し、じくりと痛むこの烙印が、今はまったく静かなものだ。
 後方に聳え立つあの建物―――ルイズ曰く『トリステイン魔法学院』―――の中にいるうちは、あまり気にしていなかった。
 なにしろあの建物には魔法使いがうじゃうじゃいる。
 シールケの師である魔女フローラの館でも、張られた結界によって刻印は悪霊を引き寄せなかった。
 つまりあの建物にも何かそういう処置がなされているのだろう―――と、ガッツはあたりをつけていたのだ。
 だが、実際魔法学院を出ても刻印は何の反応も示さない。
(こんな離れた所までカバーしてるってのか? ……意味がねえ)

 ガッツの脳裏にルイズの顔が浮かんだ。
(あのガキは刻印のことを知らなかった……多分知ってるやつは一人もいねえ)
 もし知っている者がいたとしたら自分を放っておくような真似はしないだろう。
 フローラから聞いた話によると、確か魔術師にとって刻印(コレ)は最も探求すべき物のひとつとして数えられていたはずだ。
 魔法学院にいる魔法使いがすべからく無知であり、誰一人として刻印を知らない―――そういう状況であるならば『刻印の呪いを中和する結界』など張れようはずも無い。
(この辺りには悪霊がいないってのか?)
 ケッ、とガッツは口を歪めて笑う。そんな場所は『有り得ない』。
 ならば、では、どうして―――
 そんなことを考えていると、目の前にいたパックが声をあげた。
「あった! あったよ、ほら、あそこ!!」
 パックが指差す方向に目を向けると、なるほど、風でたなびく草原の中に黒々とした塊が横たわっているのが見える。
 ―――それにしても、明るすぎる。
 今まで思索に没頭しすぎて気にする暇が無かったのだが―――『夜に』『数十メートル先の』『黒い鉄の塊』が視認できるほどの明るさなど、今まで経験したことは無い。
 ガッツは顔を上げ、空を見上げた。

「な…んだ…と?」
 ガッツの目が大きく見開かれる。

 ―――その空には月が二つ存在していた。

 空を見上げ、固まってしまったガッツを、パックは怪訝そうに伺う。
「なになに? 急に上向いてどしたん…って月がふたつある!!」
 この妖精も今ようやく気づいたらしい。
「月ってのは見る場所によっちゃあ二つに見えたりすんのか?」
 ガッツの問いにパックはぶるぶると首を振った。
「ううん、昔、旅一座に居たときに星占いのばあちゃんからよく星の話とか聞いてたけど、月ってのはひとつしか無いはずだよ」
「じゃああれはなんだ? こりゃどういうことだ?」
 パックは8ビットの脳みそをフル回転して記憶を探った。
「うん、やっぱりここおかしいよ…! だって…星の位置も全然違う……!」
「だから…! そりゃあどういうことなんだ!!」
 ガッツは頭を抱えながら叫ぶ。つい、声が荒くなる。
 まったく聞いたことの無い国。
 誰一人知らないミッドランド。
 二つある月。
 反応しない刻印。
 あまりにも普及している様子の魔法。
 あまりにもおかしい。あまりにも自分が知っている世界とズレ過ぎている。

『もしかするとどこか異界につながっているのかも―――』

 シールケの言葉が甦る。
「は…冗談だろ?」
 異界(クリフォト)なんて生易しいものじゃない。
 まるでここは自分が居たところとはまったく違う『別の世界』のようではないか!
「ガッツ……」
 パックは心配そうにガッツに声をかけた。
 ガッツは右手で頭を抱えたままふらりとよろめいた。
「じゃあ…あいつぁ…どこだよ……」
 何度も何度も数え切れないくらい夜を這いずり回ってようやくたどり着いたはずだった。
 ようやく同じ大地に立ち、自分の剣が届くところに『あいつ』を見つけたはずだった。
 だが、今ここに―――この世界に『あいつ』はいない。

 バリリ―――!!

 ガッツが奥歯を強くかみ締める音が聞こえた。
 ガッツはドラゴンころしを拾い、背中に担ぐときびすを返し、魔法学院に向かって駆け出した。

 ルイズはガッツのあまりの変貌振りに言葉を失っていた。
 先ほど、部屋を出る前の落ち着き払った様子は見る影も無い。
(息が…苦しい……!!)
 破壊的な握力で胸倉を掴まれたルイズは喉を圧迫されていた。
 苦しそうなルイズの様子を見てもガッツに力を弱める気配は無い。
「今すぐ俺を元の世界に戻せ……!!」
 喉から搾り出すような声だった。
 ルイズは抗議するようにガッツの右手を両手で掴みながらなんとか声を漏らす。
「む、無理よ…! さ、さっきも言ったじゃない…! 呼ぶ魔法はあっても返す魔法なんて無いのよ……!」
 ガッツはその答えを聞くと掴んでいた胸倉をグイッ!っと押し離した。
「キャッ!」
 ルイズはそのまま尻餅をついてしまう。
「ちょっとアンタ!! 貴族にこんな真似してただで済むと……!!」

 ビタァ―――!

 ルイズの目の前にあの大剣が突きつけられる。
 ふざけるな―――とガッツの目が言っていた。
 大剣を突きつけられたルイズは「ひっ…!」と小さくうめき声をあげた。
「出来るかなんて聞いちゃいねえ……やるんだよ。知らねえなら調べろ、やれねえんならやれる奴を探せ……!」
 出来なければ殺す。目の前に突きつけられた大剣がそう言っている様だった。
「あ……う―――」
 あまりの恐怖に思考が纏まらない。ただ、涙がまた目に溜まっていくのはわかった。
「ガッツ! ちょっとやりすぎだぞ!! 小さな女の子相手に!!」
 パックの言葉には答えず、ガッツは大剣を背中に戻すとドアに向かった。
「ガッツ!!」

 バタン――!

 ドアが閉まる。
 閉まったドアをパックが複雑な面持ちで見つめていると―――
「ひっく…ひっく……うぇ……」
 ルイズの泣き声が聞こえてきた。
 パックはルイズの目の前まで飛ぶと頬をかきつつ頭を下げた。
「ごめんね~。あいつ、怒るとちょっと見境無くなっちゃうからさ……だいじょぶ?」
 しばらくパックはルイズをあわあわと慰め続け、ルイズが落ち着いてから、事情の説明を始めたのだった。

 ルイズの部屋を後にしたガッツは魔法学院生徒寄宿舎の外壁を背にし、大剣を抱えて座り込んでいた。
 思うのはキャスカのこと、仲間たちのこと、そして―――グリフィスのこと。
 今はこんな所で足止めを食ってはいるが―――必ず、この鉄塊をぶちこんでやる。
 決意を新たにガッツはドラゴンころしを握りこむ。
「………?」
 ふと、何か違和感を覚えたが―――それがなんなのか、答えはわからなかった。


新着情報

取得中です。