あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ベルセルク・ゼロ-02


 気が付くと目の前に青空が広がっていた。
 頬の辺りがちくちくする。どうやら自分は草原の上に仰向けになっているようだ。
 一体全体何がどうなっているのか。自分はつい先刻まで仲間たちと共に野営の準備に取り掛かっていたはずだが……
 いささか混乱している。ガッツは冷静になるよう努めた。
 まずは思い出す―――そうだ、『鏡』。鏡だ。
 目の前にわけのわからん鏡が現れて―――



「その鏡に触れてはいけません!!」
 夜に備えるため、薪拾いを終えて帰ってきたガッツの前に突然鏡が現れた。
 貴族が好んで使うような、豪奢な鏡だった。
 警戒と興味でガッツがその鏡を観察していると、仲間の一人である魔女・シールケの声が頭に響いた。
 その声でガッツは鏡に触れようとしていた右手を引っ込める。
 まったく、『念話』というのは便利なものだ。
 言葉に表れる表面上の感情だけでなく、発信者の細かな心情までおよそ間違いなくうかがい知ることができる。
 シールケはひどく焦っているようだった。
「これはそんなにやべえもんなのか?」
「よくはわかりませんが……まず間違いなく魔術によるものです。その鏡面は、魔力に満ちていて……なんだろう、水面のようにも……」
 鏡をじっと見つめたままシールケはぶつぶつと呟く。
 シールケの言葉を聞いてガッツももう一度鏡を見てみたが、見かけが豪奢という点以外は自分が今まで見てきた物と違いは無かった。
 おそらく魔術師である彼女しか見えないものがあるのだろう。
 となると自分に出来ることは無い。事態の究明はシールケに任せることにしよう。
 そう思って鏡から目を切ると―――これまた仲間であるセルピコ、ファルネーゼ、イシドロ、そしてファルネーゼに連れられたキャスカが、先ほどの念話を聞きつけたのだろう、こちらに歩み寄ってきた。
「ようよう! なんかあったんか!?」
「いや、何でもねえ。そんな大したことじゃねえさ」
 いの一番に駆け寄って声をかけてきたのはイシドロ。ガッツに憧れ、最強剣士を夢見る小生意気だけども憎めない少年である。
「そうですか? 何やらただならぬ様子でしたが…へえ、これは…鏡ですか。なぜこんな所に?」
「知らん。気づいたら目の前にあった」
 次に声をかけてきたのは物腰柔らかな青年を『演じる』セルピコ。その本質は冷静かつ大胆。
 純粋な剣技ならガッツにも引けをとらぬ男である。
「先ほど先生が『触れるな』と言っていたのはこれに対してのことだったのですね。あ、こら! キャスカさん触っちゃだめです!!」
「あ~う~」
 金髪で白い肌の女が黒髪褐色の女をたしなめている。
 金髪の女性の名はファルネーゼ。元々は貴族であり、『ある騎士団』の団長としてかつてはガッツと敵対していた。
 今は紆余曲折あって仲間となっている。ここではそれについては語らない。
 こう書くと勘違いされるかも知れないが、彼女、戦闘はからっきしである。
 そして―――キャスカ。
 ガッツが愛し、守り続けることを誓った女。
 かつての―――そう、黄金時代とも呼べるあの頃の面影は微塵も無く―――心を閉ざしてしまった女性。
 その胸に刻まれた烙印のせいでガッツと同じく眠れぬ夜を過ごす『贄』。
 『生贄の烙印』―――ガッツの首筋とキャスカの胸に刻まれたこの烙印は『魔』を呼び寄せる。
 日が落ちてしまえばそこら中の悪霊がガッツ達を襲うのだ。
 ガッツはまだしも、現在戦闘力は『殆ど無い』と言えるキャスカは、誰かの庇護の下でなくては生きてはいけない。
 現在、ガッツたちは『魔』の立ち入れぬ領域、『妖精郷<エルフヘルム>』へキャスカを送り届る旅の最中である。

 シールケが皆の方に向き直った。
「詳しいことはわかりませんが、おそらくこの鏡はどこかに繋がっているんだと思います。鏡の奥にぼんやりとですが『道』が見えました。どこに繋がっているかはまったくわかりません……ひょっとするとどこか異界かも……」
「ほっときゃあいいんだろ? 飯にしようぜ」
 なおも考え込むシールケにガッツは声をかけた。
 こんなものに関わっている暇は無い。
 無視をすると決めた以上、これに関わるのは時間の無駄である。
 しかし、そんなガッツの思惑を完膚なきまでに粉々にする馬鹿がいた。
「お? 皆お集まりで何してんの? あ! 鏡じゃん! 久しぶりに見たなあ~。昔っから不思議だったんだよね~、おお、映ってる映ってる! やっほ~」
 栗である。名はパックという。れっきとしたエルフであるのだが―――栗である。
 念話など届いていないため、まったく危機感の欠如したその栗は、軽やかに宙を舞い、鏡の前で滞空すると―――止める間もなく―――映画「ET」よろしく鏡に映る自分と人差し指を重ねた。
「バッ……!!」
 ガッツの罵倒も言い終わらぬうちに、突如鏡が光を放った。
 あまりに強烈なその光に、パックの奇行を、口をあんぐりと開けて注視していた全員の目が眩んだ。
「の、NOおぉ~~~!! 引きずりこまれる~~~ッ!!」
 一番早く立ち直ったのはガッツだった。
 じたばたもがくパックは、いやさ、馬鹿栗はもう半ばまで鏡に引きずり込まれている。
「こ…の馬鹿……!」
 ガッツはぎりぎり『こちら側』に残っているパックの体を掴むと、思いっきり引っ張った。
 いや、引っ張ろうと『した』。
 パックの体を掴んだガッツの右手、その一部分が引っ張る前に鏡に触れてしまった。

 ―――光が止んだとき。

 そこに、ガッツとパックの姿は無かった。
「そんな……」
 シールケが崩れ落ちる。
 他の皆も呆然と佇んでいた。
「……ッツ」
 キャスカが、呟いた。
「なになに~? どしたの~?」
 事情を知らぬもう一匹のエルフ・イバレラが遅れてやってきて、能天気な声を上げた。


 ―――思い出した。
 ということはあれか。
 俺はどこだかわからん、ひょっとすると異界かもしれない場所に放り出されたってことか。
 どうやら自分の体に異常は無いらしいことを確かめると、ガッツはまず体を起こそうとした。
 そこで、自分を覗き込む桃色の髪の少女と目が合った。
「……ガキ?」
 思わず口に出していた。
「誰がガキよ! 私はもう16よ!」
(ガキじゃねーか)
 そうは思ったが今度は口には出さない。
 ガッツは体を起こしながら目の前の少女を観察した。
 桃色の髪に鳶色のくりくりとした瞳―――その容姿は整っているといえるだろう。
 服装はともかく、杖を持っている。とすると、シールケとはイメージが違いすぎるがこの女も魔女なのだろうか。
 その可能性はある。
 女は自分に対して先ほどの発言に対する怒りこそぶつけてくるが、敵意は感じない。
 それでも油断無く―――腰を落とし、いつ襲われても対応できる体勢を維持したまま、今度は周囲に目を走らせる。
 女と似たような格好をした少年少女が自分たちを取り囲むように円陣を組んでいる。
 そしてその少年少女たちの傍らには―――

「ッ!!」
 少年少女たちの傍らにいる魔物たちの姿を確認し、ガッツは目を見開いた。
 首筋にいやな感じはしない―――では、使徒ではない?
 状況から見ても少年少女たちと敵対しているわけでもなさそうだ。
 とすると―――『使い魔』というやつだろうか?
 先ほど自分を覗き込んでいた少女が中年の男と何か話している。
 その話からも『使い魔』という単語が聞き取れた。どうやら間違いはないらしい。
 ここにいる者たちはおそらく全員が『魔法使い』なのだ。
 少女がこちらに向き直った。
 聞くべきことはたくさんあるがまずは一つ。
「ここはどこだ?」
「トリステインよ。そしてここはかの高名なトリステイン魔法学校!」
 知らん。ガッツは続けて聞いた。
「ミッドランドや…クシャーンって国は知らねえか?」
「どこよそれ。聞いたことも無いわ」
 ガッツは頭を抱えた。どうやら相当遠くまで運ばれてきたらしい。
 異界では無かっただけまだマシか。ガッツはため息をついた。
 ガッツやシールケが言う『異界』とは決して『異世界』のことではない。
 クリフォト…『幽界(かくりょ)』とも呼ばれる、魑魅魍魎が跋扈する世界のことを指す。
 周りの景色を見ても―――ここがクリフォトであるということは無いだろう。
 と、そこでガッツは自分と共にここに来ているはずのエルフの姿が見えないことに気が付いた。
 また周りを見渡そうとして―――すぐ目の前に少女の顔が迫っていることに初めて気づいた。
 思考に没頭しすぎていたらしい。抜けてやがる―――ガッツは舌打ちした。
 なんてことをしてる間に少女の唇がガッツの唇に重なった。
 ガッツが腰を落としているとはいえ、少女の唇は精一杯背伸びしてようやく届く程度だ。
 キスを終えると少女は顔を真っ赤にしてガッツから離れた。
「……なんのつもりだ?」
「しょしょしょしょうがないでしょ! 契約の儀式はキキキキスって、決まってるんだから!!」
 契約…? 何の話だ。
 その響きに不穏な空気を感じていると―――突如、全身に激痛が走った。
「がああッ!?」
「使い魔のルーンが刻まれているだけよ。安心しなさい。体に害は無いから」
 害は無い? 馬鹿を言うんじゃねえ。これは明らかに何かあるだろうが。
 ガッツが心中でそう吐き捨てたのも無理はない。これは異常だ。明らかに異常なのだ。
 だってそうだろう? 『無くなったはずの左手が痛む』なんて。
「てめ、え…一体…な…にを…!」
 そこで。ぷっつりと。
 ガッツは意識を失った。
 ただでさえ『狂戦士の甲冑』を身に纏ってから、体に無理のある戦いを繰り返してきた。
 ガッツの体はすでにボロボロなのだ。
 今まで味わったことの無い類の痛みが、張り詰めていた糸をぷつりと切ってしまった。
 どさ…と音を立てて、ガッツは草原に倒れこんだ。
 ここに現れたときとは反対に、今度はうつ伏せで。

「ちょっとあんた大丈夫…? だめ、気絶しちゃってる。どうしましょうミスタ・コルベール?」
「ふむ…人間に『コントラクト・サーヴァント』を行うということは過去に前例がないからね」
 己の使い魔となる男の傍らにしゃがみこんで、ルイズは不安そうにこの『サモン・サーヴァント』の儀式の監督者である『炎蛇』のコルベールを見上げた。
 コルベールもルイズの隣にしゃがみこむ。
「人の体ではコントラクト・サーヴァントには耐え切れないのかもしれない。しかしどうやらルーンは刻まれたようだよ。彼が死んでしまっていないのであれば、これは成功といえるだろう。よくがんばったね、ミス・ヴァリエール」
 コルベールは男の『首筋の刻印をなぞりながら』言った。
「これは珍しい形のルーンだね」
 コルベールは懐からメモ帳を取り出し、さっとその刻印をスケッチした。
 感動で目を潤ますルイズににっこりと微笑みかけて、コルベールは周囲の生徒を見回した。
「これでサモン・サーヴァントの儀式を終了とする! 皆さん、お疲れ様でした!」



(よかった…コントラクト・サーヴァントも…まあ納得できる結果ではないけれど…無事に出来た)
 ルイズは己の傍らに倒れる男に目を向けた。
(この調子で、他の魔法もどんどん出来るようになるんだから!)
 拳を握り締め、立ち上がる。

 ―――とりあえずはどうやって帰ろうかしら

 足元で気絶している大柄な使い魔とその隣に横たわる鉄塊を見下ろして、ルイズは盛大にため息をついた。
 前途多難である。



 ガッツが最初に倒れていた場所。草が倒れて人型の跡をつけた草原に―――
 一匹の栗エルフが泡を吹きながら倒れていたことには誰も気づかなかった。


新着情報

取得中です。