あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ルイズのおとーさん-3

深夜まで困惑したままのルイズでした。そして、その原因となったドアは目の前に・・・
ドアを開ければ困惑からは開放されるかもしれないのですが、今のルイズにその行動をする勇気はありませんでた。
(ああ、悪夢だわ。こここ、こんな事ありえないわ。)
ルイズは、頭からシーツをかぶり現実逃避を繰り返していた。
そうこうするうちにルイズに睡魔が訪れそのまま深い眠りへと誘われていったのでした。
翌朝、ドアが静かに開きある人物が入ってくるのでした。その人物はベッドまで行くとルイズをゆすり始めました。
「ルイズ・・」
その人物はおとーさんでした。
「・・・ん・・・ふにゅ・・・」
「ルイズ・・・朝」
「・・・あんた誰? あ、昨日召喚したんだった・・」
ルイズは被っていたシーツから顔を出すとおとーさんに話しかけ窓を一瞥しました
「まだ明るく無いじゃない・・・早いわよ」
そう言うとルイズは眠りにつこうとした。しかし、思い出したようにこう付け加えるのでした。
「そこに置いてある服洗濯しといてね」
そう言いながら、シーツから手を出して脱ぎ捨ててある服を指差すのでした。どうやらドアの事は忘れているようでした。

おとーさんは学園内をウロウロしていました。洗濯する場所がわからなかったのでした。もっとも、「自分の家」へ帰れば良かったのでしょうがそこまで考えつかなかった様でした。
おとーさんは運良く洗い場の方へ出ることが出来ました。更に運がいいことに親切なメイドさんと出会うことが出来たのでした。
「あの、どちら様で・・・あ、ミス・ヴァリエールの使い魔さんですね。白くて宙に浮いているゴーレムだって他のメイドか
ら聞きました~」
「洗濯」
「え? あ、ミス・ヴァリエールから頼まれたのですね。でも・・・」
空を見上げるメイドが残念そうに
「今日は霧雨で・・・ お洗濯しても乾きませんよ。私も貴族様から頼まれた分があって困っているのですけどね・・・」
メイドはため息をつきながらおとーさんに話すのでした。
「その洗濯物も預かりましょうか?雨が降っていますから今日は無理ですけど、晴れたらすぐに洗濯しちゃいますから」
おとーさんはそのメイドに洗濯物を手渡すとお辞儀をしてどこかへ行こうとするのでした
「あ、私はシエスタって言います。後で声かけてくださいね~ 洗濯が終わっていたらお渡しますから~」
おとーさんは、シエスタの声に振り返り手を振るとそのままどこかへ消えてしまいました。
シエスタが洗濯を諦めて他の仕事に取り掛かろうとした時、突然爆発音が聞こえてくるのでした。しかし、ルイズの失敗魔法
だと考え何事もなくそのまま仕事に精を出すのでした。



しばらくするとシエスタは呼ばれたような気がしました。呼ばれた方を見るとおとーさんが居ました
「どうしたのですか?」
「晴れた」
おとーさんにそう言われ外を見るとたしかに霧雨は降っていませんでした。外に出て空を見上げると雲も無くいい天気です。
「あ、これならお洗濯できますね」
笑顔でおとーさんを見るシエスタでした。おとーさんは何かつぶやいています
「・・・の為ならエーンヤコーラ・・・」
シエスタは少し首を傾げていましたが、おとーさんも手伝うと言う事になり一緒に洗濯することになりました。



学園内では、先ほどの音で起きる者も居ましたがやはりルイズのだろうと言う事で特に気にする者も居ませんでした。
その時当のルイズは
「ん?何今の音???」
と起き上がり窓から外を見ました
「ん~、いい天気ね。あれ使い魔・・・洗濯に行かせたんだっけ・・・それにしても・・・」
ルイズはドアを眺めながらまた困惑してしまいました
(ま、魔法なのかしら・・・でも、詠唱とかしてなかったし・・ なんで扉の向こうから使い魔以外の声がしたのかしら・・・)
昨日はドアを開ける勇気はありませんでしたが、今は少し違いました。
(ちょっと覗くだけなら大丈夫・・・よね)
ルイズの中に好奇心が生まれどんどん大きくなっていきました
恐る恐るドアに近づくとドアノブを握り少しだけあけて中を覗いてみました。


おとーさんが部屋に帰ってくると、あのドアの前でルイズが失神していました・・・

新着情報

取得中です。