あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

風来のルイズ

「ゼロが、一発で・・・」
「嘘、何で・・・」
ルイズが使い魔を簡単に召喚できたのがまるで奇跡としかいいようがないような感じで他の貴族たちは彼女を見つめるのであった。召喚されたのは、丸っこく青い体に、白く美しい腹部、耳、しっぽを持った愛らしい小さな生物だった。
「きゃっ、何これ?かわいーい!」
その生物を抱き上げるルイズであったが、彼女はその期待をぼろぼろにされるのだった。
「い、息してない・・・」
もしかしたらぬいぐるみなのかもと、口の中を覗きこんでみたが、そこにはリアルな舌や歯があった。正真証明の生物だ。死体だが。
「呼んでも役に立たんとは・・これぞゼロクオリティwww」
「ルイズにゼッロゼロにされちゃった」

そのころ、この生物がいた世界、渓谷の宿場からテーブルマウンテンに続く道をいく一人の冒険者がいた。その名も、人呼んで、風来のシレン!
「なるほど、この杖は吹き飛ばしか。これならマムルなんて簡単に倒せ・・・ってちっがーう!何だよあの鏡!マムルぶつけたらヒュッと吸いこまれちまったぞ!罠か!?一種の罠なのか!?
落ち着け、こういうときは、風来の書、950条、罠について。何々、罠は利用できるものです。その効果をよく考えましょう。分からなかったときは、逃げろ!?つっても、このでけー鏡が道ふさいじまってるんだよー!かくなるうえは、この鏡を持っていく!」
マムルを吸い込んだ謎の鏡、これは一体何なのか!?危険なのは承知のうえ。しかし、この鏡がダンジョン攻略に役立つと、俺は信じる!!!
轟々と水が流れる山間渓流。ここは谷に釣り橋がかけてあるだけの危険な場所だ。そこに、あの男がいた。風来のシレン!ボウヤーの打つ矢もなんのこれしき!全部鏡が吸い込んでくれるのだ!

そのころルイズはというと・・・
「痛ーい・・・何で矢なんて飛んでくるのよ!」
生物すら召喚できないルイズ。しかし、そのような物はまだまだ序の口。次に来るものに比べたらずっと・・・次に来たのは鎧のような物を見に付けた骸骨。
「また、死体かよ・・・」
「ネタの使いまわしすんなよ~」
その骸骨はよろよろと動き出す。
「あれ、動けるの?せ、成功!?」
しかし様子がおかしい。骸骨はルイズなど見向きもせず、キュルケの使い魔、サラマンダーのフレイムにゆっくりゆっくり近づいていった。頭からフレイムに吸い込まれるようにして消えていった。
「なんだったのよあれ・・・」
思わず涙ぐむルイズだったが、落ち込んでいるのもつかの間。フレイムは骸骨を吸い込んだ途端に狂ったように暴れだした。体も変色している。
「な、何!?フレイム、落ち着きなさい!」
主人のキュルケも同様を隠せない。
フレイムが元に戻ったときは、すでに一面焼けの原だった。他のみんなは被害にあいたくないといわんばかりにルイズから離れていった。結局そばにいるのは教師のコルベールだけであった。

次に召喚されたのは、泥のような生物だった。その生物と契約しようとキスをしようと思ったその瞬間、腐った液体をかけられてしまった。
もう契約なんてどうでもいい、この生物を殺す!お得意の爆発魔法でこっぱみじんにしてしまう。
今度は謎の布をかぶった緑色のトドが召喚された。そのトドは、あろうことかルイズの杖を布を使い奪っていった。
「そんな・・・杖がないと・・・」
いきなりたくさんの生物がわらわらと現れた。
「何で?!杖もないし呪文も唱えてないのに!」

その頃のシレンは、
「モンスターハウス?子供騙しだね!単に雑魚が集まっただけ!こんなやつら、この最強の鏡の敵ではないわ!」
マスターチキンもミノタウロスも、エーテルデビルでさえただただ鏡にに吸い込まれるだけ!誰か、この鏡男を止める奴はおらんのか!

しかしルイズは・・・
杖無し、呪文なしで現れた、鶏やら、牛やら、見えない何かやらにフルボッコにされる始末。ついに彼女は死んでしまった。
…と思ったら、
「・・・ここは?私の部屋・・・?」
彼女は自分の部屋のベッドで横になっていた。
「あーなんていやな夢なのかしら。現実はこうはいかないわ。エーと、杖杖」
ない。どこを探しても見つからない。彼女は探すのをあきらめコルベールに謝ろうと魔法学院の廊下をとぼとぼと歩いていた。しかし、杖はすぐ見つかった。廊下に落ちていたのだった。
なぜ廊下に落ちているのか分からぬまま、彼女は使い魔を召喚する。召喚されたのは巨大な虫の怪物だった。糸で絡められ、ルイズは洞窟の中に閉じ込められ、ついに彼女は死んでしまった。
…と思ったら、
「・・・ここは?私の部屋・・・?」
彼女は自分の部屋のベッドで横になっていた・・・の、繰り返し。

魔蝕虫もかたなしっ!byシレン

新着情報

取得中です。