あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ルイズと剣狼伝説-6

「マスター洗濯物をたたんだぞ」
「あらそう、じゃあ明日の着替えは椅子に置いて残りはクローゼットの中に入れて置いて。
後これは明日の分。それじゃ御休み」
そういうとルイズは枕に頭を置く
ロムは部屋を出て一週間前、自分が召喚された広場へと向かう
そして二つの月を見ながら念じ始める
「・・・・今日も駄目か。日が立てば何か変わると思っていたがそう甘くはいかないようだな・・・・。」
そう呟くと広場を後にし、扉を開く前に振り返りまた呟いた
「剣狼よ。我が声が聞こえているならば、今すぐ我が下に・・・・」

第四話 情熱と古剣と土くれと

「マスター朝だぞ」
ロムの呼び掛けにうっう~んっと小さな声を出し、ルイズが上半身を上げて背伸びして一言
「服」
ロムは服と下着を前に差し出し後に向く
「着せて」
そして目を反らしつつボタンを一つづつ掛けていく
「鏡」
最後にルイズの目の前に鏡を掲げる
「よし、準備出来たわね。食堂へ行くわよ」
二人の朝は大体こんな感じである


「おはようルイズ」「・・・・・・・・」
「なんであんた今日もそこにいるのよ」
ルイズが何時も座る席の近くに最近になってキュルケとタバサが座るようになった。どういう理由かはわからないが


「おはようロム、今日も一段と凛々しいわね」
「おはようキュルケ、君も元気そうだな」
「ちょっとキュルケ!人の使い魔に話かけないでって言っているじゃない!あんたもそれに答えないでよ!」
「あらあら私達そんな事気にする間じゃないでしょ。ね~ロム♪」
「ま、まぁ」
あの決闘以来キュルケが自ら積極的に関わってくるようになった、しかも何故か最初に会った時より色っぽい
(先週まで犬猿の仲だと思っていたが、女性とは心変わりが早いな)
まあ兄さんが原因なのですが
そんな中でタバサは相変わらず黙々とパンを千切りながら食べている
「・・・・最近パンが美味しくなった」
「そういえばそうね~、コックでも変わったのかしら?」
「あんたが居なければもっと美味しいのに」
ルイズは下にいるロムに顔を向けると
「・・・・なんであんたは顔をそらしているの?」
「いっいや別に・・・・」
そう言いつつやけに動揺していた

ルイズが授業に出ている時、ロムは洗濯等に時間を使う。
一週間も立てば慣れた手付きで進めていく、そこへ
「あら、おはようございます」
腹黒、もといシエスタがやってきた
洗濯道具と白いシーツの束で腕が埋まっている
「今日は早朝ではないのですね」
「ああ、昨日本当はこの時間に洗濯をやるといいって聞いて、今日からそうする事にしたんだ」
計画通り!って顔になるシエスタ。しかしロムはそれに気付けなかった


洗濯している時間は会話が弾み、楽しそうであった。物干し竿に架かった白いシーツも風によって気持ち良く靡いている
「そういえばマルトーさん達が言っていましたよ。「今夜は遊びに来い。腕を奮って待っているぞ我らの剣」って」
「ではそうさせてもらうよ。ただし酒は勘弁してくれって伝えといてくれ」
シエスタはクスクス笑う
以前酔っぱらっいながらモチヅキさんを説教していた事を思い出したからだ
「じゃあ私は昼食の準備がありますのでこれで」
シエスタが微笑みながら学院に戻って行く、ロムもそれを微笑みで返す
そしてその様子を一体のサラマンダーが舌をチロチロと揺らしながら見ていた

そして夜、ロムは何時もの用に広場から戻る。今日は酔ってはいない
「さて、明日の準備をしなければ・・・・ってなんだあれは」
部屋の前にサラマンダーが腹這いになって寝ていた
「お前は・・・・確かキュルケの、そう、フレイムだ!」
手をポンっと叩くとフレイムは目を覚まし、そのギラギラと輝いているがどこか愛嬌のある目をロムに向ける
「きゅるきゅる(かぷっ)」
「むっ、こっこら、手を噛むな!それにその部屋は」
フレイムはロムを開けっ放しのドアへと引っ張って行く。しかしその部屋は・・・・
サラマンダーの気紛れではなかったら何なのだろうっと思ってドアをくぐった

部屋は真っ暗だった。サラマンダーの火で周りがぼんやりとと見える
「扉を閉めて?」
奥からキュルケの声が聞こえる、ロムは言われるままに閉じる
そしてサラマンダーが奥へと歩いていくと・・・・
「ようこそ、こちらにいらっしゃい」
やたら露出度の高い下着姿を着ているキュルケが表れた、大きな胸が小さな火によって綺麗に輝いており、今にも飛び出してきそうだ

「なっなっなっなんて格好をしているんだ!」
「しっ大きな声を出さないで。皆に聞こえちゃう」
口の前に人差し指を出して妖美に笑う
「隣に座って」
言われるがままにロムはベットに座る
頭の中が混乱して良くわからない様子であった
「あなた、あたしをはしたない女だと思っているでしょ」
「い、いや、そんなことは無い」
「いいのよ無理しないで。仕方が無いのよ、あたしの二つ名は『微熱』」
「知っている」
下着の隙間から見える谷間がなんとも言えない・・・・
あのマスターのそれとは比べ物にならない、そう何時もなら考えもしないことが頭に浮かんだ
「恋しているのよ、私、あのギーシュを倒した時から
あれは格好よかったわ!まるでおとぎ話の勇者みたいで!!あたしねそれを見て痺れたのよ!信じられる!?」
「あ、ああ」
突然興奮しはじめてたキュルケに惑うロム。
そして彼女はこう言った
「どんな氷でも燃え上がった人の心は冷やせない・・・・、恋によって燃え上がる心
人はね、それを『情熱』と呼ぶのよ!」
「そ、それは俺の・・・・」
「いいのよ、そう思われたって・・・・、でも私はあなたに恋をしているの、それは確かなことなの!」
キュルケがそう言った時、窓を叩く音がした
そこには、恨めしげに部屋を覗く男がいた
「キュルケ・・・・。待ち合わせの時間に来ないと思ったら・・・・」
「ペリッソン!ええっと二時間後に」
「話が違う!」
キュルケが杖を振り、ロウソクの火を大蛇に変える
それに襲われた男は無惨にも落ちていった

「・・・・今のは」
「ああ、お友達よ、でね」
「キュルケ!その男は誰だ」
(また出てきた!)
「スティックス!ええと、四時間後に」
「そいつは・・・・」
キュルケは再び炎の大蛇で追い払う、当然男は落ちていった
「・・・・・・・・」
「それにしても、熱くないのいつも鎧着ていて?ねぇ、今すぐ脱いで立派な貴方の体を」
「「「キュルケ!!!」」」
(今度は三人か!)
「フレイムー」
呼び掛けられたサラマンダーが起き上がり、三人に向かって炎を吐いた。
三人は仲良く落ちていった
「もう、埒があかないわ!とにかく、愛している!」
そう言うキュルケはロムに向かって唇を近づける
そしてここに来てロムは最高に戸惑う
「ちょっと待ってくれ!こっちも事情というものが」
その時、勢い良くドアが開いた
また男か、と思ったがそこに立っていたのは目に炎を浮かばせ顔を真っ赤にしたネグリジェ姿のルイズであった
「あらあらどうしたのミス・ヴァリエール?こんな夜遅くに」
「ツェルプトー!何あんた人の使い魔に手を出しているの!?」
余裕を見せるキュルケに怒りをばら蒔くルイズ、いかん、これではまた決闘が起きる。
そう思ったロムは
「マスター部屋に戻ろう」
自分から身を引く事にした
「あら、お戻りになるの?残念だわ。じゃあまたねダーリン(チュッ」
キュルケはロムに向かって名残惜しそうな目で投げキッスする
「ひっかかっちゃダメ!何時もの手なの!」
ルイズはロムの手を引っ張って部屋から出ていった

部屋に戻ったルイズはドアに内鍵をかけてつり上がった両目でロムを見た
「今日は戻って来るのが遅いと思ったら、どーしてあんな女の誘いなんかに乗るのよ!」
起きているのか!っというツッコミは置いといて逸らさずルイズの目を見るロム
「なんでツェルプトーなんかに尻尾を振るのよー!」
「すまん、彼女の誘いを真に受けた俺が悪かった」
ロムは頭を下げるがそれでも怒りがおさまらないルイズはロムに杖を向けた
すると目の前で突然爆発したではないか!
「ぐわ!っ何をする!」
「お仕置きよ!こうしないとまたあいつの所へ行くでしょ!
それにあんたいつも鎧着ているでしょ、だから鞭なんて効きそうにないからこうよ!」
ドカン!また爆発した
「なっちょ、ちょっと待ってくれ!」
ロムは隙を付いてルイズの手首を握って振れないようにする
「はなしなあさいよ~!」
「マスター、落ち着いて俺の話を聞いてくれ!」
「離したら聞いてやるわ!」

「っであんたは剣が欲しくてたまらないから毎晩広場で流れ星を待っていた、その帰りにあいつに誘われたって事でいいのね」
「ああ、若干違うがそれで頼む」
「そういえばあんた騎士みたいな格好しているけど剣を持っていなきゃしまらないわね」
するとルイズは下を向いて手を顎に付ける
そして閃いたように再び前を向いた
「わかったわ、あんたに剣を買ってあげる」
「ほっ本当か?」
「ええ、あんた剣が無くても強いけどね。でも私はご主人だから、使い魔には充分な物を揃えてあげなきゃ」
「ありがたい、感謝する」
「わかったらさっさと寝る!明日は虚無の日だから街に連れていってあげる」
こうして今日が終わるのであった
明日剣を買いにいける、ひょっとしたら剣狼が見つかるのかもしれない、そんなことを期待しながら毛布を被るロム
しかしロムはある事に疑問をもっていた
(どうして人の目の前で爆発なんて器用な事が出来るようになったんだ?)
そんな事を考えながら窓の向こうにある夜空を見てある事を思い出す

(ルイズは授業が終わってから魔法の練習するようになった。だが今日先週と同じ魔法を使った所失敗したらしいな。
ちゃんと練習したなら何故成功しない?何故爆発ばかりする?)
そこで出た結論・・・・、それは
(まさか・・・・、爆発を起こす練習もしていたのか!)
そう、ルイズは授業の予習復習だけではなく調教用の爆発の練習もしていたのだ。
しかし悲しいかな、そればかりが上達するようになっていったのだった
ロムは二時間寝た後、再び目を覚まし、落ち込んだ

一方学校の外ではローブを着た女性が立ち、二つレンズは月によって輝いている
その顔は妖しい笑みを浮かべレンズの奥にある目は宝物庫を見つめていた
もう一方で奉公人の詰所。
黒髪の少女が首都で働く従姉妹の手紙と共に届いた袋を開けていた
その中には赤、白、青で配色がなされた下着が入っており、それを見てとても喜んだそうな

新着情報

取得中です。