あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

爆炎の使い魔-01


神聖なるサモン・サーヴァントの儀式。
その日、ルイズはいつものように魔法を失敗し続けた、いつものように爆煙を立ち上らせていたのだ。

そしてその爆発の回数が2桁になりだしたころ・・・

「ミス・ヴァリエール、そろそろ日も暮れてきました。サモン・サーヴァントはまた明日やり直す事として、
今日の所は魔法学 院に戻りましょう」
「コルベール先生、後一回だけ・・・後一回だけ挑戦させてください。おねがいします!!」

真剣な眼で懇願するルイズ、その真摯な眼に根負けしたのかコルベールはうなずいた。

「わかりました。ミス・ヴァリエール、落ち着いてからゆっくり集中してやってみなさい」
ルイズは教師に礼を述べるとゆっくり深呼吸し集中を始めた。
「宇宙の果てのどこかにいるわたしのシモベよ 神聖で美しく、そして、強力な使い魔よ!
わたしは心より求め、訴えるわ…我が導きに、答えなさい!!」

ルイズの声に遅れて、今までに類を見ない爆音が起きる。
生徒の何人かはその爆発で吹き飛んでいた。

「うわーーー!!ゼロのルイズが大爆発を起こした!」
「キャァ!スカートがっ!」

(ああ、また失敗したわ・・、これで留年かくて・・・・何か爆発の中心部にいる!?)

爆風が晴れるとそこには人(?)らしき人物がしゃがんでいた。何故?が着くかというとその何かはコートにフードを被っていたので
人なのかどうかわからなかったからだ。

「見ろゼロのルイズが人間を呼び出したぞ!」
「さすがゼロのルイズだ、普通の貴族とは違うな!」

ただ、他の生徒は二足歩行している時点で人間と思ったらしくいっせいにはやし立てた。

その人物(?)は立ち上がるとフードを上げる。そこにはタバサくらいの髪型で、年齢は20台なのか10台なのかわからない顔つきをした女性がいた。

その女性は、周りを不思議そうに見回し、こっちを見た。
ルイズは思わず
「アンタ、誰?」
と聞いたのだった。



街道を歩いていると突然光に包まれた・・・

光に包まれたと思ったら煙に今度は包まれている。周りには多数の気配
何かのトラップかと思ったが、敵意は感じられないようだ。
よく見れば人間のようだ

「・・・!・・・・・・!!」
「!!・・・・・・・!!」

何か喋っているようだが、わからない。
言語体系が違う?しかしいきなり大陸間でも移動してしまったのだろうか。
何を言っているのかはわからない。だがどうやらこちらを嘲笑しているようだ。初対面の相手をいきなり笑うとはどういうことだろうか?
少しは見直したと思っていたが、やはり人間は人間なのだろうか・・・

実は、自分の顔にラクガキでもされているのか・・?とも思ったが
どうやらそういうわけでもないようだ。

周りの人間たちはどうやら私だけでなく私の近くにいる桃色の髪の少女も笑っているようだ。
少女はこちらを見るなり
「・・・・、・・・・?」
やはり何を言っているのかわからなかった.


この使い魔はこちらの言葉がわからないのか。少々首をかしげていた。
しかし、見たところ人間だ。人間を召喚するなんて冗談ではない。

「ミスタ・コルベール、儀式の再挑戦を希望します!」

そんなルイズにコルベールは無情にも言い放つ。
「ミス・ヴァリエール。呼び出された以上、君の使い魔にならなければならない。
今まで人を使い魔にした例はないが、使い魔召喚の儀式のルールはあらゆるルールに優先するんだよ」

「そ、そんな・・・・」

ルイズは泣きたくなった。せっかく召喚が成功したのに、よりにもよって人間、しかも平民を使い魔にするなんて・・・

「それに、もう次の授業まで時間がない、もし拒むのであれば君は留年ということになってしまう。」

留年と言われてしまってはグウの音も出ない。
仕方なくルイズは彼女に近づき、睨む。

「感謝しなさいよね!貴族にこんなことされるなんて普通は一生無いんだから!!」

呪文の詠唱。こんなときでもまだ何かを言っている。

「我が名はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。五つの力を司る
ペンタゴン。このものに祝福を与え、我の使い魔となせ…」
 そしてルイズは、唇を重ねた。

いきなり近寄る少女、心なしか怒っているように見える。
何かしたような心当たりはないし、そもそも初対面なのだ。
理不尽さを感じながらも、視線はそらさなかった。
すると、なんということだろうか、いきなり少女は唇を重ねてきたではないか。

「!!!!!!?」

キスされたことがないわけではないが、初対面の人物にされたのは初めてだった。

「な、なにをする貴様、っ!!?」

いきなり額が熱くなる、思わず右手で額を抑える。

「使い魔のルーンが刻まれてるだけよ、すぐに収まるわ」

そんなことを言う少女、・・・・言葉がわかる!?
キスをされた瞬間から周りの雑談も認識できる言葉として聞こえてくる。
そのルーンとやらのおかげだろうか?

「ふむ、珍しいルーンですね。記録しておきましょう」
いきなり近寄ってきた少々髪が後退している男が自分の額の文字(ルーンだそうだ)をスケッチする。
訝しげな表情をすると
「ああ、すみません。私はこの魔法学園の教師をしているコルベールといいます。」

この教師、コルベールからはわずかだが火の気配がした。
こいつ、火の魔法を使うようだな。
どうやら描き終えたようだ。

「では皆さん教室に戻りましょう」
コルベールとルイズ以外の生徒たちは皆宙に浮いた。
「ルイズ、お前も飛んでこいよ!出来るならな!」
「ゼロのルイズには無理だよ」
「あなたみたいなのには平民がお似合いよ!」

そんな感じでルイズの事を馬鹿にしながら去って行った。

「うるさいわよあんたたち!!」
地団駄を踏んで悔しさを表現するルイズと呼ばれた少女
ひとしきりわめくと少女はこちらを向いた
「…ところでアンタ、一体何処の何者なわけ? 」

あまりといえばあまりの言葉にさすがにカチンとくる。
「人に物を尋ねるときは自分から名乗るのが礼儀だろう。それともそんな程度の教養もないのか?」
すこし、眼に力をこめて少女を睨む。それに少しひるんだのか
「う”・・・ わ、わかったわよ。私はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールよ、貴方の名前は?」
「長い名前だな」
「うるさいわね!名乗ったんだから名前教えなさいよ!」
むきになる少女に少し笑みを浮かべながら
「私の名前はヒロという。残念ながら、人間でも平民でもないがな」


新着情報

取得中です。