あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの破壊神5

授業が始まって数十分、極力周りを見ないように黒板の文字のみに集中していた。
『成る程…こちらでは光と闇の属性に関しては未だ言及がなされていないのか。』
この時点で真面目に授業を受けているのが『ウル』だけになってしまった様だ。
もともと『おさらい』である上、使い魔も貴族もほとんど悪夢にうなされていた事を考えれば
半数以上が『舟を漕いでいる』状態も仕方が無いというものだ。現に教師・『赤土』のシュヴルーズも
よくよく見れば歯を食いしばりながら授業を続けて…?
あいつの左手…まさか釘かナイフを刺している!?もはや天晴れと言うしかない状況でシュヴルーズは
ルイズを指名して『錬金』をやってみせるように言った。
この時誰からも異論が出なかったのは『舟を漕いでいる者』が約半数、
残りの半数は『目を覚ますには丁度良い』とか『危険を進言する気力が無い』とかそんな状態だったからだ。
そしてルイズは不本意ながらも期待通り、

                      ドォーーーン!!!

とやってしまったのである。
目は覚めたし、教室は半壊したし、授業は潰れたしで喜ばれたのである。
無論、感謝の意を表した者はもれなく(と言っても3人だが)ドォン!と吹き飛ばされて医務室送りである。
ちなみに教室の後片付けはみんなが手伝ってくれました。『舟を漕いでいる者』が約半数だったせいかもしれないが。


そして若干遅めの昼食。
食堂に辿り着いたときには騒動が始まっていた。
手近の者から聞いた話を要約すると

  • ギーシュという男のポケットから特徴の有る小瓶が落ちたので平民のメイドが拾った
  • これをきっかけに二股がばれて女性二人から両方の頬に平手打ちを喰らった
  • 浮気している事を『棚』の遥か上にまで上げてメイドに謝罪と賠償を要求

見ず知らずの人間なら無視する所だろうが、詰問されているメイドがシエスタだった事もあって良く聞こえるように
「そもそもの問題はすぐにバレる様な浮気をしていた貴様にこそ有るのではないのか?」
詰問に夢中なギーシュの背後から言ってやった。
「何だね君は?あぁ『ゼロのルイズ』が呼び出した平民というのは君か。」
「それが何か?」
「やれやれ、『ゼロのルイズ』は自分の使い魔のしつけも満足にできないのか?」
「我が主・ルイズは関係ない。我が信念の元に貴様に抗議しているだけだ。」
「ほぉぅ、ならばそこの平民の為に決闘でもすると言うのかね?」
「良かろう、ならば決闘だ。」
余りに速すぎる展開に食堂が静まり返る。
「よろしい、ヴェストリの広場で待っている。死にたくなければこの学院から逃げても構わんぞ。」
「誰にモノを言っているつもりだ?」



新着情報

取得中です。