あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

新約・使い魔くん千年王国 プロローグ クロムウェルの時代に

前のページへ   /   一覧へ戻る   /   次のページへ

アルビオン王国改め、神聖アルビオン共和国。
ハルケギニア大陸を見下ろし、天空に君臨する浮沈空母。そして、人類を『聖地』へ導く方舟である。

司教が君主となり、始祖ブリミルの教えに則る政治を行うと標榜したから『神聖』。
数千年の王制を廃し、貴族連合の議会による共和政治を行うから『共和国』。
『神聖皇帝』の称号も、『神の名の下に選ばれた元首』という程度の意味である。
まあ、そうやってローマ共和国も帝政になったわけだが。

「信じられん、信じられん、信じられん……」
「クロムウェル閣下、いや陛下! いい加減にお立ち直り下さい」
首都ロンディニウムの、ハヴィランド宮殿にて。
その神聖皇帝オリヴァー・クロムウェルは、タルブ村での敗戦のショックから、立ち直れずにいた。
敗戦? むしろ、アレは……そう、自然災害だ。ただの火山噴火か超巨大台風が、偶然艦隊を襲ったに過ぎない。
艦隊を襲った黒雲のような悪魔どもなんて、嘘だ。寝ぼけた人が見間違えたのさ。
大体『悪魔』は私の味方だ。私が『虚無』の力で操っている奴隷のはずだ。
私は人類を導く救世主、メシアだ。こんな事があっていいはずがない。いいはずがない。

「陛下! 確かにアルビオン艦隊の多くが失われ、第一次トリステイン攻略作戦は失敗しました。
 しかし、アルビオン本土まで侵略され、失ったわけではないのです! お気を確かに!」
黒衣黒髪の美女、シェフィールドが叱咤する。彼女はガリア王国から遣わされた、『東方』出身の人間だ。
その額には、妖しいルーンが刻まれていた。

(全く! 情けない男だ。ガリアはこいつが東を騒がせている隙に、勢力圏を広げる手筈だったのに)
「シェフィールド殿、何か、何か良い手はござらんか」
憔悴した顔で、クロムウェルが女を見上げる。
あちらもあれだけの事をしたのだし、早々に侵攻してくるほどの戦力も整ってはいまい。
だが、相手は『東方の神童』とやらだ。時間稼ぎでもいい、奴らの準備を妨害せねば。

「そうだ、ベリアル閣下はまだ戻られんのか!? ああ、しかしこの大敗、どう彼に報告しろと……」
「わしならここにおりますぞ、クロムウェル陛下。ご無事で何より」
闇の中からふらりと老貴族、悪魔ベリアルが現れた。悪巧みにかけては人間以上の存在である。
何かいい策略を示してくれるのではないか。


「噂は聞きましたぞ。やはり『東方の神童』と『虚無の担い手』、末恐ろしい。
 今のところガリアは味方、ゲルマニアもひとまずは内紛続きで、トリステインの王女との縁談もお流れでしょう。
 ロマリアは、わしのような存在がうろちょろする所ではありませんしな。
 とは言え、ああした聖職者の方が地獄に近いのは、何処も同じ……いやいや」
ベリアルが飄々と情勢を語る。世界の混乱を分析する彼は、なんとも嬉しそうだ。

「閣下、情けない事でした。しばらく『聖地』侵攻は諦めざるを得ませんが、当面の目標はトリステインの征服。
 国内の急進派の粛清や、要塞並びに軍事都市の建設も始めます。引き続きご協力のほどを……」
「ベリアル閣下。我がガリア王国は、表立っては中立。情勢が整い次第、アルビオンの侵攻をバックアップします。
 私が『指輪』を使って、陛下のサポートをしてもよろしいが……」
シェフィールドは、やや胡乱げにベリアルを眺め、黒髪を掻き揚げる。

彼女の額に刻まれたルーンは『虚無の使い魔』の一つ、『神の頭脳・ミョズニトニルン』の証。
メイジでない彼女でも、あらゆるマジックアイテムを自在に使いこなし、主に勝利をもたらすことができる。
ただし、彼女の主人はクロムウェルではなく、ガリアにいる。

ベリアルはまだニヤニヤ笑っている。シェフィールドが沈黙を破り、口を開く。
「……そうですわね陛下、この間生き返らせた『奴』がいるでしょう。
 彼をトリステインへ送り込み、まずは国内を混乱させてやりましょう」
「お、おお、そうだ! 正面からダメなら搦め手から!
 トリステインの清純なお姫様アンリエッタ王女を、売国奴のビッチとして辱めてやりましょう!
 愚者ども、我が『虚無』の力を思い知るがいい! わは、わはははは」
クロムウェルが生気を取り戻し、いつもの狂気に取り憑かれる。
傍らの二人は目を合わせ、肩をすくめる。何が『虚無』だ、道化の偽メシアめ。


トリステイン王国の南に広がる大国、ガリア王国。
その面積はトリステインの10倍、人口は1500万にも達する。首都リュティスの人口は30万。
その王が住むのは、広大なヴェルサルティル宮殿である。

当年45歳のガリア王・ジョゼフ一世は、美形で精悍な顔つきと体格にも関わらず、非常に内向的性格であった。
加えて魔法の才能がないため『無能王』と呼ばれているが、密かに野心を抱いている。
ハルケギニア最大の王国の、王の野心である。大陸統一、まさか世界征服だろうか。
いや違う。彼は世界を混乱させるのが愉しいのだ。自分の策略で国王や諸侯が慌てふためき、戦争が起きて人が死ぬ。
それがなんとも面白い。エルフだって恐れられてはいるが、つきあってみれば人間どもとそう大きくは変わらない。
そして、その心の奥底には闇が渦巻いていた。

「おお、シャルルよ……我が弟よ。お前さえ……ぶつぶつぶつ……『ミューズ』よ、ならば……」

今日も、暗い王宮の奥で、無能王は黒衣の女の人形に囁きかける。
その澱んだ青い双眸は、『虚無』を宿しているのであろうか……。



「ほっほっほっほーーーっ、景気良く負けたもんじゃわい」
再び舞台はアルビオン。大怪我をして治療中の『魔眼のワルド』のもとを、ベリアルが訪問していた。
ワルドは両目に包帯を巻き、白髪で老人のように痩せこけていたが、少しずつ失われた力を蓄えている。
彼の寝るベッドの周りには魔法円が描かれ、生命力を与えるため四つの生首が供えられていた……。

「その声は、ベリアル老……やはり、『東方の神童』と『虚無の担い手』は、恐ろしい存在ですな」
「そりゃあ、あのバエルを始め、地獄の悪魔軍団を一時的にしろ召喚して、操るのじゃからのう。
 その上、あやつは『地獄の門』と契約を結びよった。悪魔族は宿命的に、メシアには逆らえん……」
「では、どうするのだ。このままアレの奴隷となり、神を讃えて生きろというのか?」
ワルドが激昂し、身を起こす。彼の中には西洋妖怪の首領『バックベアード』がいるのだ。

「まあ待て、ベアード。神は人間贔屓じゃが、人間も善良な奴は少ない。あらかたは悪人じゃ。
 そうした奴らを地獄へ導くため、神はメシアに対抗する『偽メシア』、つまり『反キリスト』を遣わすことになっておる。
 こちらはとりあえず、わしら悪魔や妖怪の味方じゃ。毒を以って毒を制するというわけじゃの。
 もしも偽メシアがメシアに勝てたなら、次のメシアが来るまで、悪魔族が地上を支配できるといわれておる。
 まずは、そいつを探すとしよう」
ベリアルはにやりと笑う。偽メシアとやらに、心当たりがあるようだ。しかし、ふと嘆息する。

「さて、時間はあまり残されておらん。滅びのラッパの音が聞こえてくる。
 『東方の神童』がこの世界の『聖地』に足を踏み入れれば、その時『最終戦争』が起きるじゃろうて……。
 人間は、選ばれた14万4千人しか生き残れぬ。悪魔は地獄から出て暴れまわるが、メシアと天使の軍勢に破れ、
 千年の責め苦を受けてから消滅する。少なくとも『地球』での予言、黙示はそうなっておる。
 わしらは神による『罪深き人類殲滅作戦』の、露払いに過ぎんのじゃろうよ」

ベアードが横たわったまま、愚痴を吐く。
「神も、我侭なことだ。自分の園の葡萄が悪しき実をつけたとて、それは木の責任なのか?
 刈り取って焼くのは分かるが、手入れを欠かした園丁も悪いに決まっている。
 称賛して欲しくば、従順な天使どもに取り巻かれて、永遠に変わらぬ天国に引っ込んでおればいいのだ」
「アダムとその子孫は、その『世界の園丁』に任じられておる。責任能力(知恵)を与えたのは、神であり悪魔じゃ。
 たまに来るメシアは、園丁どもの監督代理というところかのう。
 ……まあ、神も暇なんじゃろうの。完全に『善』とは言い難いしのう、あやつも。
 不完全な人間や悪魔を見ておると、馬鹿ばかりやらかして愉しいのじゃろう。ふん」
「神を倒そうとは思わんが、迷惑なことだ」

悪魔と妖怪の神学論争は、深夜まで続いた。



南の半島に位置する聖なる国、ロマリア皇国。
始祖ブリミルの弟子が封じられ、いつしか神とブリミルを崇める宗教の総本山となった。
ハルケギニアに広く存在する全ての聖職者の首長、『教皇』の御座が置かれる場所である。
いまは都市国家並みの小国だが、隠然たる権威と権力を保っているのだ。

その大伽藍の門前に立つのは、身長175サントほどの、黒髪の薄くなった中年貴族。
鼻の下にちょび髭を蓄え、体格はやや貧弱。見るからに神経質そうだ。背中には長剣を負い、左手に手袋をはめている。
「ゲルマニアの貴族、アドルフ・ヒードラー・フォン・ブラウナウ伯爵だ。
 教皇聖下に拝謁するため参上した。約束はしてある、お取次ぎ願いたい」

二十歳そこそこの若く美しき教皇、聖エイジス三十二世。本名はヴィットーリオ・セレヴァレ。
その心は優しく平和を愛するが、聡明にも『強大な力と権威こそ平和を保つ』という現実をよく理解していた。
「やあやあ、ようこそ伯爵。トリステイン王国の様子はどうでした?」
「戦争が始まりましたよ、聖下。掘り出し物もありましたし、いろいろと面白い噂も聞けました。
 なんでもトリステインの貴族が、ラ・ロシェール近郊に降下してきたアルビオン艦隊を、何かわからん力で壊滅させたとか」
「ほうほう」
「聞きまわってみると、魔法学院の女学生と、まだ子供のメイジだそうで。
 しかも子供の方が曲者で、なんと『タルブ伯』におさまっているのだそうですよ!」
「子供を伯爵に! なんだか、きみのようではないですかね? ブラウナウ伯爵」

ゲルマニアの中年貴族、アドルフ・ヒードラー・フォン・ブラウナウ伯爵。
その姿がぐにゃりと歪み、縮む。やがてその場に現れたのは、贔屓目に見ても12~13歳という小柄な少年だ。
金髪白皙だが目は細く吊り上り、いかにも傲慢そうに口をへの字につむいでいる。
服装は軍服、それも地球の、ある時代のある国のもの。頭頂部からはアホ毛が三本、ピンと突き立っている。
「父の姿ならば、違和感はありますまい。それに僕は、こう見えても50年以上生きているのですよ」
「失礼しました、ダニエル・ヒトラー閣下。不老の秘術とその魔力、いや恐ろしい!」

少年は教皇を前に全く気圧されず、軽く笑う。
「ははは、我が父アドルフも、『あちら』の教皇庁とは親しくしていましたからねえ。
 何かのご縁でしょう、僕も貴方の神聖なる野望に協力いたしますよ。
 手土産に、ゲルマニアの財閥をいくつか買収してきました。もうじき大戦争が始まります、軍資金は多いほどいい」
「まったくです。エルフから『聖地』を奪還するため、我々は一致協力せねばならない。
 聖戦を起こすのは、平和なる世界を、そう『千年王国』を築くための方策!
 けれど必要なのは資金よりも、『力』です。いかなる争いも収められる、圧倒的な『力』なのです」

『千年王国』か。あの少年もそんな事をほざいていたな。
山田真吾。悪魔メフィストを従えた、幼きメシア。父と我が神『シーレン』様を殺した怨敵。
何か分からん力を振るう、子供か。まさか、彼なのか?
「聖下。気になる事がございますので、トリステインへもう一度、僕を遣わして頂きたい。
 その子供の件ですよ。ひょっとしたら、僕と『同類』なのかも知れない」
「きっとそうさ、ダニエル閣下。きみの予感は恐ろしいほどよく当たるのだから」

彼の名は、ダニエル・ヒトラー。かつて世界を裏側から支配した少年であり、アドルフ・ヒトラーの息子。
悪魔の帝王たる七つ頭の龍、邪神シーレンの祝福を受けて産まれた、もう一人の『精神的奇形児』であった……。

前のページへ   /   一覧へ戻る   /   次のページへ

新着情報

取得中です。