あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ZERONATORオーガン-2


未知とアイザックが出した結論はこうだった。
『五体満足になるまで約300年の時間を要する』

長い夢を見ていた。
あの時、トモルとのリンクを解除した直後に私は死ぬはずだった。
けれど、意識は途切れていなかった。
溶鉱炉はゾアに破壊されたのに、身体は既に動かないのに、意識はハッキリとしていた。
海岸を去る前に、トモルは動かなくなった私に近づき、礼を言った。
「ありがとう、オーガン…」
「私のほうこそ…、ありがとう…」
驚愕と歓喜が混ざり合った声が、トモルの口から飛び出ていた。
すぐさま私は回収され、ヴィルベルヴィントが前もって造っていた予備の溶鉱炉を搭載され、内部構造を念入りに調べられた。
みんなも驚いていたが、私も負けないぐらい驚いた。
骨と神経が徐々に形成され始めていたのだ。
それだけではない、身体の亀裂も完全にふさがり、ゾアにもぎ取られた頭部のカバーも、穴をあけられた胸部装甲も再生し始めていた。
トモルとのリンクを繰り返していた結果、私は自分が気付かないうちに電子分解されたトモルの生体データから、人体の構造を読み取り、無意識のうちにイバリューダー本来の神経組織の構造と混ぜ合わせた、独自の神経組織の設計図を完成させていたのだ。
しかし、神経組織の設計図を完成させていたどうこう以前に、何故今になって、どうやって設計図に沿った神経組織の形成と、身体の再生が始まり、進行しているのかがわからなかった。
原因自体に関しては、トモルの親友であるノックの一言でアッサリ解決した。
「溶鉱炉が壊されたからじゃないの?」
それだ! 以前、私はトモルとリンクしていない状態の自分の体の構造を数回調べた事があったが、神経組織の形成の兆候やメカニズムの再生機能の存在は全く見られなかった。
無意識のうちに作り上げた自分の神経組織の設計図、ゾアに破壊された溶鉱炉、溶鉱炉を失った状態でのリンク解除。
この三つが起動スイッチとなって、神経組織の形成とメカニズムの再生が、生命体としての復活が始まったのだ。
しかし、まだ謎が残っている。
いったいどうやって、何を材料にして生体組織を形成し、メカニズムを再生しているのか、それだけは全く分からなかった。
みんなでム~ム~唸っていたら、フォレストンというE.D.F.の偉い人が、凄い仮説を思いついてくれた。
「魔法をかけられたとしか思えんな」
魔法か…。
私とトモルは微妙に納得したが、それ以外のみんなの反応は少しひどかった。
『突飛にも程があります』
そう言われたフォレストンさんの表情は寂しそうだった。
幾らなんでもあんまりだと思った。
なお、未知とアイザックの計算と議論により、私が五体満足になるまで300年ほどかかることが分かった。
神経組織と骨の形成自体はそれ程かからないことが分かったが、装甲とは比べ物にならないほど内部メカニックの損傷と金属疲労がひどく、再生にかなりの時間を要するのが原因だそうだ。
部品交換という手もあったが、神経組織が、形成されるのと同時に骨だけでなく内部メカニックとも絡み合って部分的に融合しているることも分かったため却下された。
300年間、意識だけはハッキリとした状態にするのは流石にみんな気が引けたのか、私はその日が来るまで眠る事になった。
不安は無く、逆に300年後はどうなっているのか気になり始めた。

召喚されたあの時、前日に見た夢の内容を急に思い出してしまった。
またハルケギニアに召喚されたのが原因か?
気にしても仕方が無い、召喚された以上契約しないと。
自分を召喚したピンクヘアーの少女に話しかけ、契約を促した。
コントラクト・サーヴァントの詠唱を聞いて、彼女の名前が“ルイズ”である事を知った。
詠唱中に聞こえる、周囲の同級生と思しき生徒たちの会話が気になったので、聴力を調整して傍受した。
彼らの会話から得た情報を整理すると、どうやら彼女は魔法が使えないらしい。
一度召喚されているので、魔法使い=メイジ=貴族と言う図式は知っていたが、魔法が使えないメイジというのに会ったのは初めてだ。
にしても、「今まで爆発するだけだったのに」とか、「ゼロのルイズの癖に」とか言いたい放題言っている。
これから私の主なる人に対して失礼すぎる。
そうこうしている内に詠唱が終わり、彼女の唇が私のそれに重なった。
流石にこれは年頃の女の子にはキツイと思うのだが…。
口付けが終わった直後、ルーンが刻まれ始めた。
どうやら今度は左手のようだが…、前回とは比べ物にならないほどの強い激痛が左手に走り、痙攣し始めた。
思わずうめき声を上げた直後、ルイズの両手が私の左手を包んだ。
彼女の表情が、すぐに終わると言い切っていた。
すぐに分かった、彼女は優しい人なんだと。
そして嬉しかった。
前の主同様、必死になって守るに値する人と契約できた事が。
大抵の使い魔は基本的に主には紳士淑女的で従順であるものだと、前の主は言っていた。
それは私にとって正しい使い魔の条件となった。
だが、あのときの私は、それに当てはまらない例外だった。
それに、前の主も使い魔の態度どうこうにはあまりこだわっていなかった。
でも今回の主は、そういうのに割りと厳しそうだ。
彼女に名前を聞かれて、それに答え、そして何と呼べばいいのかを聞いた。
「好きなように呼んでいいわよ、オーガン」
「分かりました。それでは「御主人様」と呼ばせていただきます」
これからよろしくお願いします、御主人様。


第二話「その両手で防ぐのは」


互いの(毒まみれの)使い魔自慢を早々と切り上げ、ルイズは食堂の中に入ろうとして、固まった。
「御主人様?」
「アハハ…ごめんなさい…、貴方の分の朝食の用意、頼むの忘れてた…」
「ご心配無用です、御主人様。厨房に忍び込んで適当に見繕ってきます」
胸を張ってそう言ったオーガンにルイズが絶句するのと同時に、シエスタが声をかけてきた。
「おはよう御座います、ミス・ヴァリエール」
「おはよう」
「おはよう、シエスタ」
「あ、おはよう御座……」
オーガンに挨拶され、それに答えようとオーガンの方に視線を移し、挨拶の途中で絶句した。
声も雰囲気も昨日と同じだが、見た目だけが全然違うのだから絶句して当然である。
シエスタが絶句した原因をすぐさま察知したルイズはなるべく冷静に、そして分かりやすく、オーガンが人間の姿に「化ける」能力を有している事をシエスタに説明した。
「…という訳よ」
「凄い…、オーガンさんって何でもアリなんですね」
少し前にルイズが言ったそれと似たような事を、シエスタに言われたオーガンは苦笑するしかなかった。
(私自身もあの能力に関しては、習得した原因が分からなくて困っているのだが)
「えっと、シエスタっていったわね? ちょっと頼みたい事があるの」
「はい」
「…オーガンの分の朝食、すぐに用意できる?」

一仕事終わった厨房、オーガンはそこで賄いを分けてもらっていた。
無言で、嬉しそうに次々と出される料理を食べるオーガンの表情を見たマルトー親方は、思わずこういった。
「料理人、冥利に尽きる。言ってみるもんだねぇ…。貴族のガキどもとは大違いだ」
「親方さんは、彼らのことが嫌いなのか?」
「当然! あいつら魔法が使えるってだけでやたら態度がでかくてな。嫌になるぜ」
「生徒ではなく、貴族自体が嫌いなのか…。ちょっと待て、貴族嫌いなの何故貴族の子女が集うこの学院で働いているんだ?」
かなり素朴な疑問をストレートにマルトー親方にぶつけたオーガン。
ちなみに、ルイズに接する場合とは言葉遣いや態度が全然違うが、これは単に「相手がルイズ(御主人様)ではないから」である。
前回、他の生徒やキュルケにもルイズのときと同じ態度で接したのは、これまた単に「彼らがルイズの同級生だから」である。
大昔、別のメイジに召喚された事があるオーガンは、プライドが高くて気性が激しい割りに、お人よしで優しかったそのメイジの下で、ハルケギニアのこと、貴族のこと、貴族への接し方などを学んだ。
その結果、オーガンは「正しい使い魔は主に対して、紳士(淑女)的で従順であるべき」と結論付け、そのような使い魔になろうとしたが、前の主だけでなく、彼女の仲間全員に止められたためやむなく断念した。
自分を召喚したルイズに対してえらく紳士的で従順なのは、(オーガン本人にとって)それが「正しい使い魔として当たり前のこと」だからだ。
「学院長の人柄に魅入られたから、かな? ところで、もっと食うか?」
「ピラフおかわり」
こんなやり取りと共に、朝食の時間は過ぎていった。

生徒たちが教室に集まる。
ついでに使い魔たちも教室に集まる。
授業の時間が迫る中、ルイズはオーガンが来るのを待っていた。
そして先生が来る二分ほど前に、ようやくオーガンが来た。
オーガンを見たルイズは少し安心した。
召喚された直後の、ゴーレムの如き元の姿に戻っていたから。
流石に人間の姿に化けたままではマズイと判断したのだろう。
「遅くなりました」
お辞儀をしながら遅れた事を謝罪するオーガンに、ルイズは穏やかにこう言った。
「何で謝るの。ほら、他の使い魔たちと一緒に見学してなさい」
今度は無言でお辞儀したオーガンは、ルイズの言いつけどおり教室の奥に行き、他の使い魔たちに混じって見学する事にした。
生徒たちの視線がオーガンに集まる様を、ルイズは上機嫌で眺め、心の中でこう叫んだ。
(見ていてオーガン、私がんばるから!!)
あまりにも上機嫌すぎたため、オーガンの頭と右肩にそれぞれフクロウ(クヴァーシル)とカエル(ロビン)が乗っていることにルイズは気付いていなかった。
そして先生であるミス・シュヴルーズが教室に入ってきた。
「皆さん、おはよう御座います。そして初めまして、一年間皆さんの、「土」系統の魔法の授業を担当する『赤土』のシュヴルーズです」
一通りの挨拶をして、シュヴルーズは教室内の使い魔たちを見る。
そして最後にオーガンを視線に入れてこういった。
「皆さん、昨日の使い魔召喚は大成功だったようですね。特にミス・ヴァリエールは大当たりでしたね」
シュヴルースにそう言われ、ルイズはほほが緩んだ。
授業が進み、シュヴルーズは石ころをだし、それに錬金魔法をかけて真鍮の塊に変えた。
キュルケが「ゴールドですか!?」と言った直後にオーガンはこう言った。
「いえ、あれは真鍮です」
「正解です」
どよめく教室、石ころを何に変えたのかを一発でオーガンに当てられたシュヴルーズは、感心しながら言葉を続けた。
「遠目なのに良く分かりましたね」
「目利きには自信があります」
このような会話の末に、今度はルイズが錬金魔法に挑戦する事となった。
キュルケが一応とめたが、シュヴルーズは聞く耳を持たず、ルイズもやる気満々だった。
(オーガンを召喚できたんだから、これもきっと成功する…!)
一方、オーガンはキュルケたちが我先にと机の下に避難する様子を見て、これから何がおきるのかを確信し、ルイズが杖を真鍮の塊に振り下ろした直後には既に教卓に接近し、その大きな両手で真鍮の塊を覆った。
その瞬間、真鍮の塊は閃光を伴いながら、オーガンの両手に覆われたまま爆発した。
「御主人様、ミス・シュヴルーズ、ご無事ですか!?」
オーガンの問いかけに、二人は同時に首を縦に振った。
「エヘ…、失敗しちゃった……」
ルイズのこの一言が出た瞬間、他の生徒たちの口から罵声が飛び出した。
ちなみにオーガンのおかげで、教室の被害は教卓一個が壊れただけで済んだ。


新着情報

取得中です。