あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロウシャナ日記-01

4月10日

今日、何とか使い魔を召喚する事が出来た。何十回も詠唱したから当然フラフラになったんだけど不思議と成功したらそんな疲れも吹き飛んだわ。と言うか、かなり嬉しいかった。
召喚で出てきた奴は服と言うより青い布を纏ってフワフワ浮いてるちょっと変な亜人だった。名前を聞いたら「ヴィロウシャナ」だって、変な名前。
変な奴だけど亜人で空飛べるくらいだから結構実力もあると思う。ただ、こいつが物凄く偉そうな点だけが無性に腹立たしい。コントラクト・サーヴァントの時なんか「戯れに使い魔になりましょう」とか言うし。
コイツどんだけ上から目線なのよ!!今日はもう眠いから、明日からみっちり使い魔として教育してやるんだから!!

ヴィロウシャナをコルベール先生がディテクトマジックで調べようとしたら吹っ飛んで気絶したのは気にしない事にしよう。



4月11日

朝、擦り寄ってきたキュルケがヴィロウシャナに吹っ飛ばされた。
朝食の時、ヴィロウシャナの姿と名前を聞いたメイドのシエスタが土下座みたいな事してた。
昼食の時、ギーシュがヴィロウシャナと些細な事で決闘する事になったけど出したゴーレムが一瞬ですべて消え去った。

結論 け、結構実力者みたいね

後、ギーシュがヴィロウシャナから懇々と何かお説教を受けていたけど気にしない事にしよう。

あ、使い魔の教育忘れてた。



4月12日

ギーシュとモンモランシーが別れる事になったらしい。二股かけたギーシュにモンモランシーが愛想尽かしたのかと思ったけどギーシュがヴィロウシャナの説教で改心して「仏門」ってのに入るのが原因らしい。
そんな事より、せっかくご主人様が何か武器でも買ってあげようと言ってるのに要らないってどういうことよ!?食事抜こうとしたらシエスタがヴィロウシャナにせっせと食事(供物とか言ってた)出してるし。


コルベール先生がやっと起きてきたと思ったら血相変えて私にあの後の事聞いてきた。ちゃんと説明したらその場でまた気絶しちゃった。



4月21日

「土くれのフーケ」が昨日学院の宝物庫から破壊の杖盗んだんで討伐に志願してみた。ヴィロウシャナが居れば余裕だよね~。
ミス・ロングビルの案内で馬車に乗って現地に行ったらでっかいゴーレム出たけど、ヴィロウシャナがあっさり消しちゃった。まさか、ミス・ロングビルが土くれのフーケとはね~。
そして、恒例のお説教。その間、散歩して持って来たお弁当でランチを取ってワインを一本空けてお昼寝して… いいリフレッシュになったわよね~。
ヴィロウシャナから起こされてミス・ロングビルの馬車に乗って学院まで帰ったんだけど、ミス・ロングビルが「ありがたや、ありがたや」ってずっと呟いてて正直怖かった。
学院に着いてフーケと破壊の杖をオールド・オスマンに渡したらシュバリエ申請してくれるらしい。うほっ、なんていい学院長。


なんか、コルベール先生がシエスタを補佐に改修工事に入ったせいで舞踏会中止らしい。何作るのかしら…



5月14日

先週改修工事が終わったんだけど… 何作ってるのかしらと思ったらヴィロウシャナの「お堂」を作ってたんですって、何よそれ。どうりで最近そばに居ないと思ったらいつもそこに居るらしい。
なんで、あたしが毎日使い魔のヴィロウシャナに会いに行かなきゃならないのよ!!
夜になってアンリエッタ様が私に会いに来てくださった。最初は嬉しかったんだけど… 芝居がかった台詞で「アルビオンに行って手紙を取って来て欲しい」と言われた。
まぁ、ヴィロウシャナが居れば楽勝だけどね。でも、ここにヴィロウシャナが居なくて良かったわ。アンリエッタ様がお説教されてしまうもの…
そんな事を考えながらふと後ろを振り返るとヴィロウシャナがフワフワ浮いていた。

「いつから居たの? そう、最初から居たのね。まさか、お説教…? ですよね~~~」

とりあえず、明日出発なのでこれ書いたら寝ることにするわ。寝る前にアンリエッタ様を励ましておこう。

新着情報

取得中です。