あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

Zero's DEATHberry-5

『これで終わりだ!!てめえはこれで』

 「『 消 え る ん だ 』」

                            Zero's DEATHberry ――ゼロの死神

刹那『一護』の左手が奇妙な動きをした
撃ち出した刃の柄布を無理やり引き寄せ僅かに狙いをそらす
ギーシュがとっさに避けようとしていたのもあり
刃は彼の肩を浅く掠ったに過ぎなかった

『また邪魔しやがるって言うのか!!「一護」!!』

左手が貌に張り付いた仮面を引き剥がそうとする

「邪魔はお前だ!!『戻れ』!!」
『くそっ!!』

右手が左手をつかもうとする

が、動かない


ドドドドド・・・・

彼の右腕は氷の槍に貫かれ一瞬にして氷結
そのまま地面に縫い付けられていた

ド 『!!!』 ン

続けざまに同じ槍が撃ち出され『一護』の右手は完全に使い物にならなくなった

「・・・・・・」

撃ち出した張本人の少女「タバサ」は何も言わない



再び学院長室

「オールド・オスマン、聞いておられますか?教師達は決闘を止める為に、
『眠りの鐘』の使用許可を求めています」
「許可する!すぐに使用するんじゃ!一刻も早く!!」
「かしこまりました」

恐らく秘宝の力を確実に『あれ』に効かせられるのは今しかない

「本当に秘宝『眠りの鐘』を使うのですか?」
「今、使わなければ、何の為の秘宝だかわからんじゃろ。」



また広場

『嘗めるなぁ!!』

ボギンッ

凍った腕を無理やり圧し折る
すると傷口が粟立ち・・・・・・

・・・・・・異形の腕が再生していた

『殺す ! 』

その腕をタバサに向けるとゆっくりと『力』を集めていく
タバサはその場を離れず次の呪文の用意をしている


ドドドドドドドドド・・・・・






ビキン

突然仮面と右腕にヒビが入る

『ガッオオオオオオオオオォォォォァァァァァァアアアアア゙」

そのヒビは全身に広がりそして・・・・

        • 大爆発を起こした

その頃教員たちは思いっきり秘宝の使いどころを逃していた

新着情報

取得中です。