あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

最速の使い魔-1

とある世界、とある場所。そこである一人の男の命が消えようとしていた。

激動の生涯だった。己の信念のままに。生き急いでる雰囲気すらにじませながら彼は短い一生を終えた。

それに不満はなかった。命を賭けるに値する人を見つけ、護るために戦い抜いた。

隣にいたはずの同僚と、弟分だった男は今、まさに自分の頭上で喧嘩をしている。限界を超え、どこまでも進もうとしている。それが少しばかりうらやましくはあったが。


――ああ、悪くない一生だった――

トレードマークでもあるサングラスをかける。それだけで全身に残された力が抜けたのがわかった。腕が下がる。ゆっくりと。

最後に思う。愛した女性が想うのは元同僚の男だ。堅物で生真面目な彼は滅多に彼女の元へは戻らないだろう。


「たまにはもどってやれよ…………んの……ところへ……」


穏やかに、それだけを呟く。本来なら、ここで彼の命は尽きていた。腕は椅子の肘掛に力なく乗せられるはずだった。

だが、もう一度、彼の腕が持ち上がる。反射的な行動だ。何度も繰り返したそのしぐさと同じように、サングラスにかかった前髪を跳ね上げようとして――

その指が、光に触れた。



“最速の使い魔”



ゼロ”のあだ名を持つルイズが召喚したのは平民だった。それもただの平民ではない。

その平民は死に掛けていたのだ。割と切実に。学院中にその事実は失笑と共に広まる事となる。何しろ平民である。さらに死に掛けていたのである。

そして、ハルケギニアにはこんな言葉がある。「メイジの実力をはかるにはその使い魔を見よ」、と。人間。どう考えても使い魔としての格は低い。さらに死に掛けていたものを召喚したのだから実力はその程度のモノ。

召喚者が“ゼロ”と呼ばれてるのも合さり、彼女たちに対する目線は小ばかにしたものだった。

もっとも、当の使い魔は秘薬と手練のメイジの看護にもかかわらず未だに眠ったままなのだが。


彼が召喚されて一週間。ルイズに対する目線がもはや“平民に近いメイジ”“貴族モドキ”というレベルに落ち込み。

――ほんの少しだけだが歯車が狂う。


「決闘だ!」

「望む……望むところよ!」


史実と違うのは拾うはずの使い魔がいなかったこと。そして神経が過敏になっていたルイズが香水に“気づいて”しまい、拾い上げたこと。それだけだが、さらにもう一つ変化していたことがある。

――ルイズ・ド・ラ・ヴァリエールはメイジではないのではないか?――

“失敗”ばかりする魔法に“瀕死の平民の使い魔”。無論召喚自体は成功していたのだが……その成功例は今病室である。決闘が禁ずるは貴族同士の、メイジの決闘であり。メイジとはいえない彼女と決闘することは法に触れない。どこかそんな空気が食堂にはあった。

ルイズ自身も感じていたことだった。自分がメイジとは言えないのではないかと。だから乗ってしまった。こんな八つ当たりじみた決闘に。そう。メイジとして生きれないならば、せめて貴族らしく、決闘で死にたいと。

ある意味破滅的な考えだったが、それを正してくれる友人はこの学園には居らず――もしかしたら友人となりえたかもしれない人間はいたがまだそこまでの交流は無い――ただ一人甘えることの出来る姉は領地。彼女の精神は限界だったともいえる。


学院で働くメイド、シエスタは呆然と立ち尽くしていた。決闘である。貴族同士の決闘であるから関係ないはずだが、彼女にはそう思えなかった。

香水の瓶には気づいていたのだ。だが、ちらりと下を見たギーシュの目が一瞬泳いだのを彼女は見ていた。だから、拾いもしなかったし声もかけず、ただとなりを通り過ぎた。

それが招いたのがこの事態である。平民であれば、確かにお叱りは受けるだろうが、決闘などということにはならなかっただろう。ひたすら這いつくばり、頭を下げ続ければいいだけだ。

貴族の少女は引くことをしない。それが彼女に残された最後の反逆だったからだ。メイジとしての誇りは無く、ただ貴族として死のうとしているからでこそ引かなかった。


自分のせいで、人が死ぬ。その事実に気づき、混乱するシエスタ。だが、彼女には何も出来ない。今更出て行っても無駄である。所詮は平民。メイジ同士の決闘において何の障害にもならない。

そこで、彼女は思い出す。使い魔は主人を護る存在であることを。“もしかしたら”というほんのわずかな望みを胸に。シエスタは走り出す。一分でも、いや一秒でもいい、速くあの使い魔の元に行くために。速く、速く。


広場ではしらけたムードが漂っていた。魔法の失敗を続けるルイズの爆発はそれなりに大きなものではあったがあからさまに見当違いの方向で炸裂し、見物人からの罵声の対象となっただけだった。

対してギーシュの用いる青銅のゴーレムはルイズを取り囲み、入れ替わり立ち代り攻撃を加えていた。攻撃と言っても撫でる程度のものだが、それでもルイズの体力は徐々に削られていく。


「そろそろ敗北を認めたらどうだね!ミス・ヴァリエール!」

「……ごほっ……お断り……よ!」


魔法学院の制服はぼろぼろになっていた。全身が砂にまみれ、倒されたときに小石で傷ついたのか白いブラウスにはところどころに血がにじんでいる。打撲や打ち身などは数え切れないほど多いだろう。それでも、震える足で彼女は立っていた。

(倒れない……。絶対に倒れない……!同じ倒れるのでも……前へ……!)


「そうかい……残念だよ。やれ!ワルキューレ!」


ギーシュからしてみればある意味憂さ晴らし、八つ当たりである。それだけのための決闘だったのだが、目の前の“メイジもどき”は降参するつもりは無いらしい。それが少し。少しばかりではあるが、彼の精神をいらだたせていた。

苛立ちを断つために放たれるのは一体のゴーレムによる拳。これまでとは違い、気絶させるために振り上げられた拳は、下手な場所に当たれば死すらありうる。だが、それを彼は気づかない。本気で“力”を使ったことなどないのだから。


速い拳だった。炸裂音と共に桃色の髪の少女が力なく大地に転がるのをダレもがイメージしていた。“眠りの鐘”をもって駆けつけた教師たちは間に合わなかったことに気づき、顔を青くした。遠見の鏡で見守っていたオールド・オスマンも炎蛇のコルベールも思わず腰を浮かせた。


「……へ?」


誰かの口から間抜けな音が漏れる。誰もいない。ワルキューレがその拳を何も無い空間に向け突き出しているのが哀愁をそそる。


「ヴァリエール……様ですね?」


その言葉にその場の視線が集中する。ヴェストリの広場の片隅に男がいた。抱きかかえていたルイズを地面に立たせ、一礼する。


『……おい』『ああ……』『平民だぜ……』『“死にぞこない”の?』『ゼロの……』


ざわめく。それは、病室にいるはずの。“ゼロ”の使い魔。


「え……ええ、そうよ……」


目の前で起きたことが理解できない。ルイズの目の前に立つのは自分が召喚した男のはずだ。ただの平民のはずだ。そのはずなのに、彼は私を助けたというのか。どうやって。

彼女は知らない。彼の力を持ってすればそれが可能だということを。かってある大地において彼が“最強”とまで称された特異能力者であることを。



「……君はルイズに召喚された平民の使い魔だったね。決闘への乱入。ただではすまされないよ?」


静まり返った広場にギーシュ・グラモンの言葉が響く。彼が言ったことは間違いない。神聖なる決闘を邪魔したのだ。その罪は重い。


「いやぁ。聞けば使い魔というのは“主を護る”ものだそうじゃないですか。ならば、と思いまして」


直感的にギーシュは悟る。こいつは、丁寧な口調こそしているがこちらを明らかに下に見ている。不愉快だ。

(……護る、か。つまり……)


「君が相手をしてくれるとでも?」

「もちろん、その通り」


ざわめきが広がる。

『馬鹿だろ』『平民ごときが……』『おいギーシュ!舐められているぞ!』

当然だ。平民はメイジには勝てない。魔法という絶対的な壁がある以上勝てない。


「いいだろう。前に出たまえ!」


ギーシュからすればこれ以上女の子をいたぶる必要が無くなり、ある意味ほっとしていた。どんな仕掛けでルイズを助け出したか知らないが、所詮は平民。それに――

(これでやっと憂さ晴らしが出来そうだ)

ルイズに対してはやはりどこか遠慮があった。屁理屈で八つ当たりの相手をさせたに過ぎず、それすら満足に出来なかった。
平民なら、文句は言われまい。決闘をしても法には触れない。ぼろぼろにいたぶってやろう。


「ま……待ちなさい……って……」

前に進み出ようとする使い魔を苦しい息の下とめようとする。
勝てるわけない。平民は貴族に勝てない。この不思議な使い魔でも……。

「勝てるわけ……ごほっ……無いわよ……」

「俺に追いつけるものなどませんよ」

「え?」


日の下で男が振り返る。実はルイズが彼の姿をはっきりと確認したのはこれが初めてだった。
自分が馬鹿にされる原因となった使い魔など見たくない。自分から近寄ろうとしなかったのも仕方ないだろう。それなりの長身。茶色の特徴的な髪型。青と白で構成された服。そして、特徴的な色の眼鏡。顔立ちはそれなりだがどこか二枚目になりきれないようなそんな雰囲気。


「すぐに終わらせるのでまっていてください~」

気の抜けた声と共にギーシュの前に立つ。恐れも、不安も無く、自然に。堂々と彼はメイジの前に立っていた。

「いけっ!ワルキューレ!」

一体のゴーレムが男に襲い掛かる。ルイズに向けられていたものとは違う、本気の一撃だ。小ばかにしたような口ぶりの平民に誇りが傷ついた貴族の一撃だった。だが、当たらない。ひょいひょいと常人ならとっくに食らっているはずの攻撃を避け続ける。


「ええい……!」


いらただしげに声を上げ、ギーシュは造花を振るう。彼の魔法によりさらに三体のゴーレムが出現。四方から彼の退路を立つ。勝った。ギーシュのみならず、他の見物人もそう思った。
そして、また、同じことが繰り返される。広がるのは炸裂音ではなく、静寂。囲まれていたはずの使い魔の姿はその中に見当たらない。


「これが……魔法使い……メイジの力か?」

「何!?」

声が放たれたのはギーシュの背後。

「いつの間にっ……!?」


恐れが混じり始めたその声に何人が気づいただろうか。平民が、まったく魔法を歯牙にもかけない。


「くぅ……」

「ここいらで手打ちとしないか?おぼっちゃん。争いばかりをするのは文化的とはいえないぜ?」

渡りに船といえる。決闘で勝者なしなのはいただけないが、この不気味な使い魔と戦いを続けるよりはましだろう。

(だがっ!……だがっ!)

「僕にも意地がある!貴族としての意地が!平民ごときに引き下がってたまるものか!ああ、そうだとも!」

振るわれる造花。生み出されしゴーレムの数は先ほどの三体を合わせて七体。これがギーシュ・グラモンの全力……だった。そう、今までは。

(足りない!この使い魔を捕まえるには足りない!この小ばかにした平民を徹底的にぶちのめすために!)

さらに感情が高ぶる。どこか甘えが入っていた精神が引き締められる。

「はぁああああああああああっ!いっけぇ!ワルキューレたちよ!!!!」

さらに二体ものゴーレムが出現する。合計九体のゴーレムが戦列を組み、使い魔に向け全力で疾走。避けることなど許さず、押しつぶすための無骨な突進。ギーシュ自身は意識こそしていなかったが、この瞬間の力だけはラインに届こうかという強力なものだった。

「――なるほど。だが……まだ足りない!」

異様な光景が展開する。彼の周囲の大地が抉られた様に消失していく。そして、その削られた部分の代わりとでもいうように彼の足に金属の光沢が生まれる。変化は一瞬。
その足は、鎧のようなモノに覆われていた。

(それがっ……!)

「どうした!押しつぶせ!!」

妙な術だ。先住魔法かとも一瞬思ったが彼はどう見てもエルフとは言えない。なら何か、などと考える必要は無い。何をしようとも、この一撃で勝負を付けてやればいいのだから。

「はぁっ!」

一瞬。この日三度目、見物人たちは男の姿を見失った。今までと違うのは隊列の中心にいたワルキューレの胴に大穴が開いていること。そして、今までと同じく――

「足ァりないぞぉおおおおおっ!!!!」

彼の声によりその位置が分かったことだ。その位置は空。空中で加速し、ワルキューレの中に飛び込む。次の瞬間、ワルキューレがぼろきれのように宙を舞う。一体、二体、三体、四体!


「ちぃっ!?」

ワルキューレの一体を呼び戻す。もう作り出すほどの気力は無いのだ。

「お前に足りないものはっ!それはっ!」

周囲のゴーレムを片付けた使い魔が朗々と声を放つ。

「情熱思想理念頭脳気品優雅さ勤勉さ!」


高速でその姿がかすむ。今までと違い位置がその砂煙でかろうじて分かる程度だ。


「そして何よりもっ!!!!」


瞬きをする暇もなく――何が起こったかもわからずギーシュはゴーレムごと跳ね飛ばされ、意識を失う。


「速さが足りないっ!!!」


この一言を締めくくりとして、決闘は終わった。





生徒が散る。どこか興奮したような、それでいながら納得いかないような雰囲気を漂わせてはいたが。


「終わりましたよ、ヴァリエール様」

ルイズの目の前で男が眼鏡を持ち上げ、にやりと笑う。

「あ、あなた……」

「いったでしょう?すぐに終わるって」

「あ……」

馬鹿にしていた平民のはずだった。自分を貶めた憎むべき使い魔のはずだった。いや、憎んでいた。だが、彼はただの平民などではなかった。使い魔として、自分を護ってくれたのだ。

「……ありがと」

「どぉういたしまして」

なぜかあっけなく出た感謝の言葉。それに対する陽気な返答。それをどこか心地よく感じながら男を見る。

「そういえば、貴方の名前、まだ聞いてなかったわよね……なんていうの?」

眼鏡を前髪にかけ、ルイズの目を正面から見据え男は名を告げた。

「HOLDのストレイト・クーガーです」



新着情報

取得中です。