あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロと人形遣い-1

ゼロと人形遣い


……っう、ううん・・。
遠いようで近いような耳障りな声が聞こえる・・、どうなってんですかい? 確か、アタシは自動人形の野郎に腹を撃たれてくたばっちまったはずじゃあ・・・。
霞んだ頭で考えながら、ゆっくりと体を動かそうと全身に力を込めてみた。すると、死んでしまったはずの体が動いている。

「・・痛っ、なんでアタシは生きてるんですかねぇ・・。それとも地獄にも痛みってやつがあるのかねぇ。」

 なんとか上体を起こしながらつぶやく。無意識に出た言葉だったが、意外とそうなのかもしれない。そうでなければ、罪人に拷問などできはしないだろう。自虐的に笑いながらも、混乱する思考はとまらない。

『でも、それにしちゃあ変わってんなぁ、地獄の青空は、ずいぶんと綺麗なんですねぇ・・・。』

男の感想どうりに、見上げた空は抜けるようなみごとな青空だった。しばらくぼんやりと空を見上げていたが、そこにきてやっと周りも状況に気がついた。
先ほどから聞こえていた耳障りな声、その正体は男の近くで話をしている二人組みのようだ。いや、正確には二人の男と女の女の方が、もっと正確には少女が一方的に男に対して文句を言っているようだ。

「――――、――――!」
「――!!」

急に声が増えたので、聞こえた向きを見てみると、そこら中に目の前の少女と似たような格好をした人間がたくさんいる。
そこにきて、初めて目の前にいる少女をじっくりと観察してみると、かなりありえない格好をしているではないか、制服のようなシャツとスカートは別にいい、その上に羽織っているマントも何とかオシャレの範囲だろう。
しかし、その髪はどうだろうか、ピンク色である。しかも無理やり染めたようなキツイ色のピンクではなく、とても自然で美しい髪である。
可愛らしい容姿の少女によく似合っていたが、やはり不自然な色である。確かに、自分の知り合いにも美しい銀髪を持った奴がいたが、そいつらとも別な気がする。
これではまるで、自分の弟が遊んでいたゲームの中のキャラのようではないか、確かあのゲームは何かのファンタジーの・・・。

かなり思考が迷走してきたところで、さっきまで周りに向かって叫んでいた少女が、こちらを向いていることに気がついた。
まだまとまりきらない頭でどうしようかと考えていると、少女がブツブツと呟きながら、こちらへと顔を近づけてくる。
また何か言うつもりかと思ったら、なんと少女は自分にキスをしてきたではないか。
女性関係は手馴れている方であるが、だいたい自分から手を出すので、いきなり初対面の女の方からキスをされたのは始めてだ。
 言葉が伝わらないと理解さながらも、とりあえず文句でも言ってやろうと思ったとき、急に左腕に焼けるような痛みが走った。

「ぐおっ、がぁ、あっ熱、・・・くそっ、なんだっていうんですか!!」
「契約のルーンが刻まれているのよ。おとなしくしていなさい!」
「あぁん!なんだって!今あんた何か言いましたかい?」
「あんたとは何よ!使い魔の癖にえらそうねぇ。」

訳がわからない。突然キスをされたかと思ったら、急に左腕が焼かれて、さっきまで分からなかったはずの、処女の言葉も理解できるようになっている。
また頭が混乱してきたが、何とか視線だけでも少女へ向けてみた。すると少女は視線に気がついたのか、ブツブツと呟いていた文句を止めて、こちらを睨みながら言ってきた。

「それで、あんたの名前はなんていうのよ?」

 まだ混乱が解けていない男は正直に答えた。

「へえ、アタシの名前は、阿紫花・・・、阿紫花 英良(あしはな えいりょう)でさぁ。」

新着情報

取得中です。