あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

GTA:LCS-0 5

やりすぎたか?……いやいや、ああ言う世間知らずにはトラウマになる位の教育が必要だろうよ。煙草を吹かしながら学院をぶらつく。
どうやら俺はこの学院で知らない者が居ない状況になったようだ。興味本位で話し掛ける生徒が後を絶たない。
「トニー!トニーこんな所に居たの!!」
昼頃になると、ルイズが必死に俺を探していた。しかしおかしな話だよな、マフィアの俺をこんな風に呼ぶ少女と言う様はな。
「邪魔だと思っていたからな、そこらをぶらついていただけだ」
「一緒に居なさいよっ……早くこっちに来なさい!!」
やれやれ、子守りも楽じゃねぇなぁ……。

移動した先にはまぁ何と言うか、貴族らしいと言うか庭で昼食を催してやがる。随分と楽しそうな雰囲気だが、俺の姿が見えるとその
雰囲気は一変。先程の事態を知っている者は緊張の色が見え、嬲ったデブはトラウマでも植え付けられたのか逃げたす。本来はルイズの
話では召喚した使い魔の為にロクに授業がないと聞き及んでいたが、どう見てもこれは御茶会だな……。
「……」
しかしそれでも、この場が少々緊張に包まれているのが分かる。今までの流れを見てキュルケ辺りがルイズを馬鹿にしに来ると思うのだが、
キュルケとルイズが軽く一言・二言交わした後、火の付いたトカゲを連れてそのまま離れていく。だが、俺を見て一瞬ウィンクしたのを
見逃さない。
「あの姉ちゃんなら、お前を馬鹿にすると思ったんだけどなぁ」
「……アンタを恐れてるのよ」


mission:『平民の使い魔:ギーシェ午後の災難』


恐れてる?そんな馬鹿な。あの姉ちゃんの性格なら構わずからかってそうだがな。現に今ウィンクしたしな。
「お茶持ってきてよ、トニー」
「何?それ位……まぁいいか、持ってきてやるよ」
今日はルイズの顔を立てるんだったな、面倒だったが茶ぐらい持って来てやる事にした。

しかし無駄に広い中庭だよな……そんな事を考えて茶を取りに行こうとした時、エプロンドレスを着た姉ちゃんにぶつかり、姉ちゃんが
持っていたケーキを拍子で落としてしまった。
「すまない、余所見をしていた」
「いえ、大丈夫です」
落としたケーキを拾ってやると、姉ちゃんは俺の左手の甲を見てこう言う。
「貴方は……ミス・ヴァリエールの使い魔になったと言う……」
「俺の事を知ってるのか?」
「平民が使い魔に召喚され、大暴れしたって噂ですよ?ミス・ヴァリエールの髪を兎のように引っ張り上げたとか」
嫌な噂の流れ方だな……まぁ事実だから仕方がないがな。
「俺にしちゃあ貴族なり平民なりは知ったこっちゃないがな」
だが、この言葉でこの姉ちゃんはさも当然にこう言いきる。
「魔法が使えるのが貴族で、それ以外は平民でしょ?」

「なるほど、単純なものなのか……じゃあ姉ちゃんも魔法使いなのか?」
頭に浮かんだ事をそのまま聞いて見る。だが、彼女の答えはこうだった。
「とんでもない、私はここで御奉仕させて頂いているシエスタと言う者で貴方と同じ平民です。貴方はトニー・シプリアーニさんですよね?」
「ああ、合っている。トニーと呼んでくれて結構だ」
だが話の途中で、昨日後ろから不意打ちした優男がシエスタにこう声をかけた。
「おーい、ケーキはまだかい?」
「はい、ただいま」
だが、直前俺は止める。ん?まて、対面に座っているのは昨日と女が違う……あの姉ちゃんは世話になったモンモランシーではないか……野郎。
「いや待て、それは俺が持っていこう」
「しかし、それは今……」
『落ちた』もんだよ、あのマセガキにはこれで十分……鬼畜?とんでもない、当然の憂さ晴らしだろ……。

俺が憂さ晴らしを込めて落ちたケーキを持って優男の所に行くと、昨日世話になったモンモランシーとまるで恋人のように茶を飲み、昨日呼んだ
であろう使い魔に頬擦りをしてモンモランシーに気味悪がられていた。
「お待たせいたしました」
モンモランシーは気が付いたがこの優男は俺には気が付かなかった。訳の分からない愛の語らいをやっている。
「ついでにお茶も頼むよ」
まぁ持ってきてやるよ、精々腹が下らない様気をつけるんだな……。

新着情報

取得中です。