あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの蛮人6



王都トリスタニアの裏路地から、ずっと奥に入ったところの廃屋。
その地下に、魔法を使わねば入れず、まだ誰も知らないフーケの隠れ家があった。一応厩舎もある。
「食事を有難う、ミス・ロングビル。ひと心地ついたわ」
「遅くなって申し訳ない、ミス・ヴァリエール。頭の傷は、もうよろしいですか?」
そう言われてルイズが包帯を外してみると、秘薬がよく効いて、頭の皮はくっついていた。
少し痕は残るかもしれないが、カツラのお世話になるのは免れた。ちょっと痒いが。
早く洗髪して、こびりついた血糊を落とさなくては。

トラクスとデルフ、そしてロングビル(フーケ)はやや離れた別室に移り、今後の協議をする。
ルイズは一人にしておくと精神的に参ってしまいそうなので、無口ながらタバサにお守りをさせる。
「亡命だァ? この国を出るってのかよォ」
「そ。どうせトリステインには、長くいられないし」
主に喋るのはロングビルとデルフで、トラクスは相槌をうつ程度だが。

「あの桃色娘の実家は『ラ・ヴァリエール公爵家』って言って、この国一番の大貴族よ。
 王家とも血縁関係にあるし、強力なメイジの家系でもあるの。敵に回すと相当ヤバイわ。
 ……ルイズはちょっと、落ちこぼれみたいだけどさ」
「俺様とトラクスがズンバラリン、と殺っちまうってわけにゃあ、いかねェのか……」
「まず、無理ね。学院の奴らやあたしみたいなメイジとは、格が違うもの」

となると、当面はトリステインに敵対する強国へ身を寄せるのが得策か。
ロングビルはハルケギニアの地図を取り出すと、簡単に地理を説明する。
「やっぱりこのゲルマニアか、アルビオンね。ガリアやロマリアは蛮人には冷たいし。
 ゲルマニアにもメイジはいるけど、魔法が使えなくても、カネさえ積めば貴族にもなれるの。
 その分魔法以外の技術も発展してて、東方のエルフとも繋がりがあるらしいわ。トラクス好みかもね」

書いてある文字は読めないが、トラクスにも地図は分かる。
「うむ……トリステイン、ここ。ゲルマニア、ここ。ガリア、ここ。……アルビオン、どこにある」
「ここよ」
トラクスの問いかけに、ロングビルは海の中の大きな島を指差す。

「海の上に描いてあるけど、アルビオンは『浮遊大陸』って言って、文字通り国土が天空に浮かぶ島国なのよ。
 そこへ行くには飛行船に乗らなきゃならないけど、どうせ港にはあんたの手配書が回ってるだろうし……
 ま、強奪するなりなんなり、あたしたちなら可能でしょうけどさ」
トラクスがデルフから通訳してもらい、目を丸くして驚いている。浮遊大陸なんて聞いたこともない。
「ちなみにここはあたしの祖国だけど、今は貴族連合が国王に反乱を起こしていて、もうすぐ革命が成立するって噂よ。
 ヤバイ話はいろいろ聞いてるわ。そのうちトリステインにも攻め込むでしょうね」


と、いきなりドアがノックされた。
ありえない。ルイズたちは鍵のかかる部屋にいるし、ここはまだ、誰も知らないはずだ。二人と一本が警戒する。
「失礼、そちらのお嬢さんは『土くれのフーケ』こと、ミス・マチルダ・オブ・サウスゴータですね?
 そしてトリステイン魔法学院から脱走した、蛮人の戦士トラクス殿」
きれいなアルビオン語で、外の男の声がする。いきなり本名を呼ばれ、フーケも動揺した。

「ああ、申し遅れました。私、アルビオンの貴族連合『レコン・キスタ』に属する下級貴族です。
 ユリシーズ、と今はお呼び下さい。ただのラインメイジですよ」
「アルビオンのユリシーズ、ね。どこからつけて来たかしらないが、あんたが敵じゃあないって保証は?」
「お聞きしたところ、我がアルビオンへの亡命をご希望のご様子。
 こちらの条件を二つほどお飲み頂ければ、不肖この私めが手配をさせて頂きますが……」

デルフから通訳され、トラクスが臭いを嗅ぐような仕草をする。
「……悪い話でない。トリステインの臭い、あまりしない。襲ってきても、向こうは一人」
それに、ここで逃がせば通報される。選択肢はない。

トラクスがゆっくりとドアを開ける。まだ若い、人を食ったような表情の男だ。『レコン・キスタ』の身分証明書を見せる。
「何も出なくて悪いね。何をすればいいんだい? ミスタ・ユリシーズ」
「ええ、ひとまずは、そちらが拉致された『ラ・ヴァリエール公爵令嬢』の身柄をこちらへ。殺しはしません。
 あとの一つは、ちょっとした任務ですよ。このあとでお伝えしましょう」
すっかり向こうのペースだ。随分下調べして来たらしい。
少々荷厄介な我侭お嬢ちゃんを預かって、世話してくれるというのだ。ある意味負担は軽くなる。

「…………分かったよ。じゃあ、そっちに嬢ちゃんを渡すことにしよう。ちょっと来な。
 言っとくけど、傷物にしたら、親御さんが黙っちゃいないよ」
「大丈夫ですよ、ご安心を。こちらにしても、大事な人質ですからね」


ユリシーズと名乗る謎の男は、ロングビルとともにルイズたちの部屋に行くと、
言葉巧みにルイズを説得した。洗練された身のこなしと優雅な口ぶりは、下級貴族とは言いがたい。
結局、タバサもついて来ることを条件に、引渡しは決まった。

「ふぅ、上手いもんだ。……で、任務ってのは何だい? いかにあたしたちでも、出来ない相談ってのはあるよ」
「なあに、簡単と言えば簡単です。今、我々がアルビオンのテューダー王家を追い詰めているのはご存知でしょう?
 奴らは名城・ニューカッスル城に立て篭もり、なおも頑強に抵抗しています。
 しかし、もはや将兵の数は300名ばかり。こちらは数万の軍勢と大艦隊です。風前の灯火に過ぎない」
話は聞いていたが、もうそんなことになっているのか。

「そこでお二方には、我々に協力する証として、国王か皇太子の『首級』を上げていただきたい。
 奴らは多分に漏れず強力なメイジですが、お二方にかかれば容易いでしょう」
たいした任務だ。普段なら死ね、というに等しいが、手ごわいのは数人程度だろう。
「ああそれと、奴らは『風のルビー』という秘宝を持っています。
 もし手に入るようでしたら、こちらに持ってきて頂けると、手間が省けます。
 それ以外の金銀財宝は、まあ貴女がたがお好きなように。
 もっとも少々残して下さいませんと、将兵への恩賞が配分できませんので、程ほどにお願いしますよ」

ユリシーズの提案は以上だった。トラクスは無言で肯き、『フーケ』もニッと笑う。
「女盗賊と蛮人が、王様の首を討ち取るのかい。面白そうじゃないか」


一方、トリステイン魔法学院の学院長室。
ラ・ヴァリエール公爵夫妻を中心に、対策会議が続いていた。
参加しているのは、学院長オールド・オスマン、教師コルベール、ルイズの許婚ワルド、そして友人キュルケ。

「学院の馬が一頭トラクスに盗まれまして、門のところで射殺されました。
 逃走は徒歩とは考えにくいのですが、周囲に蹄の跡も見当たりませんでして……」
「大体、そのロングビルという女が怪しい! オールド・オスマンの話では、メイジとは言っても没落貴族で、
 酒場で働いていたのをスカウトしたそうではないか。そんな奴、雇う方がどうかしている」
「彼女が手引きをした、というわけですな。確かに蛮人一人で行動するのは、限界があるかもしれません。
 土のメイジなら足跡も消せます!」
「セクハラで大分学院長と揉めていたらしいですし」
「揉んだのはわしの方じゃ!!」
全員からパンチやキックが飛び、オールド・オスマンが吹っ飛ばされる。

「タバサはガリアの貴族だけど、あんまり喋らないから私も詳しい素性は知りませんわ。
 トラクスに拉致されたといっても、あいつだって女を3人も連れ歩くわけないし」
「自分の意思でついて行っているのかも知れんな。もしくは、ルイズが心配で一緒に行くことにしたか」
「多分、杖は没収されとるでしょう。ああ見えて彼女は、トライアングルメイジの上、
 ガリア王国から『シュヴァリエ』の称号を下賜された人物ですからな」
素早くオールド・オスマンが復活している。

コルベールからトラクスの新情報が提示される。
「あれからトラクスの左手に浮かんだルーンを調べてみたのですが……
 伝説の『ガンダールヴ』のルーンに酷似しています。効果は『あらゆる武器を自在に操る』こと。
 もともと剣の達人だったようですから、相性は良かった、いいいいや悪かったようで」
公爵夫妻がギロリとコルベールを睨む。

ワルドが先を急ぐ。
「ロングビルという女は、アルビオン出身だと言いましたね? では、そこへ亡命する可能性もある」
「ラ・ロシェールにはすでに人をやってある。フネの入出港までは止められんが、
 ルイズ・フランソワーズおよびトラクスという名前と人相描きに気をつけろ、と厳命させた」
「では、ここは僕が一つ、グリフォンでラ・ロシェールへ行きます! もしかしたらアルビオンへも。
 義父上、義母上、僕がルイズを無事連れ帰ったら、僕たちの結婚を認めてください」
「よかろう。王宮の方へは話をつけておく」

「あら、それなら私も行きますわ。ルイズもタバサも、大事な友人ですもの」
キュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストーも、巨乳を揺らして名乗りをあげる。
しかしツェルプストーとヴァリエールは、先祖代々の仇敵の間柄。公爵夫人は、露骨に嫌そうな顔をした。
「まあよい、キュルケくんもワルド子爵と一緒に、アルビオンへ行ってくれ。
 我々自身は動けんが、ゲルマニアやガリアにも密かに捜索隊を送るとしよう」
完全なスパイ活動だが、愛娘の命には換えられない。トラクスのせいで国際問題が発生しそうになってきた。

「よし、ミス・ツェルプストー。準備が出来次第、出発しよう」
「あら、キュルケとお呼び下さいな、ワルド様」




新着情報

取得中です。