あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

『使い魔くん千年王国』 第二十六章 審判の日

前のページへ   /   一覧へ戻る   /   次のページへ

黒雲と雷雨の中、地水火風は再び激しく変動する。大地は揺れ動き、あちこちで稲妻と竜巻が起こる。

「エロイムエッサイム、エロイムエッサイム」「エロヤマエッサイモ……」「バランガバランガ」「カモーーーイ!!」
「テクマクマヤコン」「マハリクマハリタ」「おらといっしょにぱらいそさいくだ!」「オーーーーーム……」

地下の魔法陣、いや『地獄の門』の周りでは、救出された村人たちが手を繋ぎ、口々に怪しい呪文を唱えていた。
まるで気が触れたかのように、村人の叫びは大きくなる。

「おらの連れ合いを奪った奴らに、死を!!」「父ちゃんを返せ!」「姉さんを返して!」「熱い! 火傷が痛い!」
「あたしの子供を、家を返せええええ!!」「マコト……くん……」「オンゴロ……アラベ・ムニ・オンゴロ……」
「トコイ……トコイ……」「ぐろうりやのぜずさま!!」「いいいひひひhっひひひひひhh」「斉天大聖!!」

地上では、シエスタとコルベールに支えられた松下が、残る魔力を振り絞って。
空の上、タバサの駆る風竜シルフィードの背では、キュルケに支えられたルイズが、溜め込んだ魔力を振り絞って。
互いの口はシンクロして動き、同一の呪文を紡ぎ出す。『門』を開くための禁断の言葉を。

EL  ELOHIM  ELOHO  ELOHIM  SEBAOTH
ELION  EIECH  ADIER  EIECH  ADONAI
JAH  SADAI  TETRAGRAMMATON  SADAI
AGIOS  O  THEOS  ISCHIROS  ATHANATOS
AGLA  AMEN

天と地の間で呪文が完成し、『地獄の門』が大地を突き破って、暗黒の地上へと浮かび上がる。
そして、聞いた者の魂を削り取るような轟音と共に、ゆっくりと開く。


《第五の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると私は、一つの星が天から地に落ちてくるのを見た。
 ……そして、『底知れぬ所の穴』が開かれた。
 穴から煙が大きな炉の煙のように立ちのぼり、太陽も空気も暗くなった。
 その煙の中から『蝗』が地上に出てきたが、地の蠍が持っているような力が、彼らに与えられた。
 彼らは、地の草や全ての青草、また全ての木を損なってはならないが、
 額に印のない人たちには害を与えてもよいと、言い渡された……》
  (新約聖書『ヨハネの黙示録』第九章より)

何万という戦車のような、激しい響きがした。羽音だ。
それは『虚無の深淵』、すなわち『地獄』から沸き起こる、無数の悪魔(デヴィル)どもの羽音であった。

灼熱の黒雲が、『地獄の門』から沸き出す。そしてアルビオン艦隊へ、まっしぐらに向かっていった。

《騎兵の数は二億であった。……
 乗っている者たちは、火の色と青玉色と硫黄の色の胸当てをつけていた。
 それらの馬の頭は獅子の頭のようであって、その口から火と煙と硫黄とが、出ていた。
 この三つの災害、すなわち、彼らの口から出て来る火と煙と硫黄とによって、
 人間の三分の一は殺されてしまった》
  (同『ヨハネの黙示録』第九章より)

黒馬に跨る『獅子頭王』ヴィネが、毒蛇を纏わせた腕から嵐と雷を放つ。
松明を掲げ空飛ぶ大蛇に乗る『火炎公』アイニが、三つの頭から地獄の業火を吐く。
黒い天使の姿をした『浴槽の公爵』ピュセルが、氷の剣を振るって吹雪を巻き起こす。
赤黒い毛皮を持つ『豹公』フラウロスが、爆炎を放って竜騎士を撃墜する。
黒い大鳩の姿をした『死と破滅の伯爵』ハルパスが、嗄れ声とともに浮かぶ魔剣を振り回す。
大蜘蛛の体と三つの頭を備えた『東の王』バエルが、巨大な脚で戦艦に跳び移る。
さらに、さらに、さらに。

暗雲と日蝕の闇の中、松下の魔力とルイズの『虚無(ゼロ)』によって虚空に開いた『地獄の門』から、
名も知れぬ無数の悪鬼(デーモン)が黒雲のように沸き起こり、全長200メイルの巨大軍艦『レキシントン』に取り付く。
『アンドバリの指輪』で魂を失った敵兵の肉体を噛み千切り、貪り、両断し、焼き尽くし、凍結し、押し潰し、爆砕し、
屍山血河を作る。ばらばらと木片や肉片が降り注ぎ、地面を朱に染めた。
貴族も平民も、人間もオーク鬼もトロール鬼もオグル鬼も、火竜も風竜も『平等』に、おぞましき『死』の手に渡される。

「……うはははははは、やりおったな『東方の神童』に『虚無の担い手』!!
 ならば、この私が相手だ!! かかって来い悪魔ども!!」
『魔眼のワルド』が武者震いして嘲笑い、空中に飛び出すや黒い煤煙が全身から噴き出す。
そして大気と大地が震え、虚空に巨大な『魔眼』が現れた。『バックベアード』である。

『魔眼』のひと睨みで弱い悪鬼は吹き飛ばされるが、悪魔(デヴィル)―――地獄の貴族たちには効果が薄い。
バックベアードは無数の触枝と手足を伸ばし、複数の悪魔と渡り合う。さらにワルドの姿の『遍在』も出すが、
こちらも悪鬼を蹴散らすのが精一杯だ。マンモンとメルコムは、逃げるが勝ちと悪魔の群に合流する。

「陛下、脱出を! このままでは、墜落します!!!」
「しぇ、シェフィールド殿……余は……余は……」
フードを被った黒髪の女が『神聖皇帝』クロムウェルに叫ぶが、彼はあまりの事に放心している。
「ええい、早く!! 行け、鴉よ!!」
翼長10メイルはある大鴉が、シェフィールドの背中から飛び出し、クロムウェルを鉤爪で攫う。
その背中に飛び乗り、シェフィールドもフネから脱出する。

「妖怪よ、立ち去れっ!」
松下の腕から祝福されし『銀の槍』が飛び、『魔眼』をどすりと貫く。
「「ッぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!」」
絶叫と共に『魔眼』は煙のように掻き消え、白髪で老人のように痩せこけたワルドが地上に落下する。
それを、先程の大鴉がさっと拾い、ついでに飛び降りたフーケも乗せると、いずこかへ飛び去った。
松下は、ぐったりとシエスタの胸に寄り縋る。

ズゥ………ン、ズゥ………ンと、黒雲に包まれた戦艦が次々に墜落していく。
敵艦隊、殲滅。生き残りなど、いるのだろうか。いまや村も草原も、炎と死肉とフネの残骸に溢れている。

「この世の、終わりじゃ……」
「おお……始祖ブリミルさま、どうかお慈悲を……」
「おらもつれてってくだせ、おらもつれてってくだせ」
逃げ延びたタルブの村人たちが地上に出ると、眼下には文字通り地獄が広がっていた。
コルベールの顔色も、蒼白だ。
「メシア……全て、落ちましたよ」
シエスタは松下の小さな体を抱きかかえ、至極冷静に、戦艦の数を数えていた。

松下はよろよろと『右手』を上げ、天を指す。
ざあっと黒雲が左右に開き、黒く翳った太陽と二つの月が姿を見せた。
日蝕の闇の中、夜宴は終わりを告げる。

無数の悪魔たちは、何万もの雷鳴のような物凄い響きとともに天高く舞い上がり、
日蝕が終わろうとする太陽と月の影へと吸い寄せられていく。
そこへ『地獄の門』が飛び上がり、悪魔たちと地上の残骸を吸い込んでいく……。


永劫とも思える時が過ぎ、悪夢の日蝕は終わった。
黒雲は消え去り、暖かな日差しが廃墟と化した地上を照らす。

ルイズと松下は精魂が尽き果て、同時にばったりと倒れ伏した。

前のページへ   /   一覧へ戻る   /   次のページへ

新着情報

取得中です。