あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

レプリカ・ゼロ-4

ルーク・フォン・ファブレは、ルイズ達が授業を受ける教室の壁に背を預け苛立ちを隠せないで居た。
 その証拠に、ルークは腕を組みながら右足をタンタンタンと、足踏みさせ眉を顰めていた。
 原因としては、教室に入った瞬間にルイズに向けられた罵詈雑言で、その罵詈雑言の内容である。
 言わずもがな……完全無欠にルイズを馬鹿にしてると言う内容。
 ルークは、まだルイズがどんな人間なのかおぼろげにしか把握していないが……
 ルイズには、一応の恩義……今、此処に居る事。本当ならばローレライとアッシュと共に消えていたかもしれない為……を感じている。
 罵詈雑言を吐くルイズのクラスメイトに、魔人拳でも叩き込んでやろうか? と、一瞬思うのだが……
 クラスメイトに対してのルイズ対応……言い返す……を見て、魔神拳を叩き込むのをやめ今に至る訳だ。

 しばらくして気分が落ち着いたのか、ルークは左右を見る。
 見たことの無い生物が、わんさか居た。戦った事のある魔物に似た生物も居たが……
 別に襲って来る訳じゃないのでマジマジと観察する事にしたルーク。
 ふよふよ浮かんでる目玉とかどうやって浮いてるんだ? と、首を傾げまぁ考えても意味ないかと、自己完結。
 そして、教室の扉が開かれ中年の女性が入ってくる。
 中年の女性は、紫色のローブに身を包み、帽子を被っており、ふくよかな頬が優しい雰囲気を漂わせている。
 彼女は、教卓の後ろに立つと教室を見渡し、満足そうに微笑んで言った。

「皆さん。春の使い魔召喚は、大成功の様ですね。
 このシュヴルーズ、こうやって春の新学期に、様々な使い魔を見る事が楽しみなのですよ」

 シュヴルーズの言葉に、ルイズは俯いている。

「おやおや。変わった使い魔を召喚したのですね? ミス・ヴァリエール」

 多分、予め聞いたのだろうシュヴルーズは、ルークを見た後でわざわざルイズを名指しとぼけた声でそう言う。
 わざわざそう言うシュヴルーズに、ルークは少々眉を顰め組んでいた腕を下ろす。
 シュヴルーズの言葉に、教室はドッと笑いに包まれる。

「ゼロのルイズ! 召喚できないからって、そこ等を歩いていた平民を連れてくるなよ!」

 馬鹿にした様にそう言うルイズのクラスメイト。ソイツを見て(正確には体型)ルークは、
 モースを思い出し収まっていた苛々が再燃し始める。
 それに、シュヴルーズの物言いに作為的なモノを感じ更に眉を深く顰めるルーク。
 ルーク曰くモースに似たクラスメイトに、言い返そうとして立ち上がろうとしたルイズだったが……
 唐突に、シュヴルーズの前にある教卓が、酷くけたましい音を立てて木っ端微塵になる。
 笑いに包まれていた教室は、一気に静まり返り一体何が起こったのか、分らなかった。
 いや、正確には一人だけ何が起こったのかはっきりと見ていた。それは、教卓の後ろに立っていたシュヴルーズである。

「おい」

 静まり返った教室にその声は、酷く響き渡る。教室に居る皆が皆、その声の主が方を見る。
 声の主は、ルイズの使い魔(仮)であるルーク。下ろしていた腕は、また組まれ眉は顰めっぱなし。

「其処のばばぁ。テメェ教師だろ? 何、煽る事言ってんだ? なぁ? わざとだろ? 教え子を笑いモンにして楽しいか?」

 剣呑な口調と雰囲気を出しながらに言い、再び腕を下ろす。
 ソレを見たシュヴルーズは、ビクリと体を振るわせた。
 ルークが、教卓を木っ端微塵にした事を唯一見ていたシュヴルーズに恐怖を与えるのには、酷く簡単な動作。
 別段そんなに脅える程のモノでも無いんじゃないか? と、思われるのだが……
 ルークが、教卓を木っ端微塵にどうやってしたのかといえば、ただ魔神拳を放っただけ。
 日ごろから魔法を使っている者からしてみれば、そんなのエア・ハンマーを使えば簡単だろう? と、考えるだろうが……
 魔法を使うためには、短くとも呪文を唱えなければ行けない。

 しかし、魔神拳には唱えると言う過程は、必要としない。
 もし、ルークが魔神拳を放ちシュヴルーズが防ごうとしたなら、なんらかの魔法を使わなければならない。
 そう魔法を使わなければいけない。使うと言う事は呪文を唱えると言う明らかなタイム・ロスを生み出す。
 そのタイム・ロスに容赦なく魔神拳が、シュヴルーズにぶち当たる事になるだろう。
 まぁ、フライやレビテーションなら魔神拳が、届く前に間に合うかもしれない。
 魔神拳の特性を知っていれば簡単に(体を鍛えている者なら)回避できるのだが、
 魔神拳を初めて見たシュヴルーズにソレを求めるのは酷だろう。

「し、失礼しました。ミス・ヴァリエール。教師粗からぬ事をしてしまった事を許してくださいね?」

 そんなシュヴルーズを見て、内心毒づきながらも腕を組みなおしドカッと荒々しくその場に胡坐をかいて座るルーク。
 ソレに対してルイズは、へ? と、何がなんだかわからなかったが、とりあえずシュヴルーズの言葉に頷く。
 頷いたルイズを見てシュヴルーズは、ホッと心の中で安堵し、ニ、三度パンパンと拍手を打ち生徒達の意識を戻す。

「それでは、授業を始めましょう」

 そして、本日の最初の授業は、少々トラブルがあったものの開始した。
 授業は、恙無く進み……シュヴルーズが、錬金を実演してみせ次に、誰かに錬金をしてもらいましょう。と、つげ教室を見渡す。
 時々、ルークと目が合い何故かあせるシュヴルーズ。

「では、ミス・ヴァリエール。貴女に錬金してもらいましょう」

 その言葉に、何故か教室は痛いまでの静寂に包まれる。その中一人の男子生徒が、恐る恐る手をあげシュヴルーズにやめる様告げる。
 それに続くように、クラス中からルイズには、やらせない方が良い。やらせちゃダメです。ジェイドです。と、
 最後は良く分らなかったが、皆が皆、ルイズにはやらせては駄目コール。しかしながら、それはルイズの「やります!」と
 やや怒気の含んだ宣言の前に、脆くも崩れ去る事となった。
 シュヴルーズから、何の変哲も無い小石を受け取るルイズ。それと同時に机の下に隠れるクラスメイトがちらほら。
 何が起こるんだよ? と、ルークは机の下に隠れる生徒達を見て、次の瞬間理解した。
 閃光と爆音と衝撃。つまり、爆発。その余波を受けたルークは、直ぐ後ろの壁に後頭部を激打し声にならない悲鳴を上げ身悶える。
 そして、その爆発を起した張本人は、ケホンと可愛らしい咳を一つついて一言。

「ちょっと失敗したわね」

 そんな訳あるかっ! と、クラス中から総スカンを喰らうルイズ。いまだ、後頭部を押さえて身悶えているルーク。
 ルイズの爆発のせいで、暴れまわる使い魔達。超至近距離で爆発を喰らったシュヴルーズは、壁にめり込んで壁画と化している。
 此処は戦場ですか? と、聞かれたならばある意味Yesだろう。
 何はともあれ、ルイズの爆発により教室は、酷い有様になり壁から這い出たシュヴルーズは、
 ルイズに教室の後片付けを任命すると共に授業を中止する旨を生徒達に伝えたのだった。


ルイズが『爆発少女』の称号を手にいれました。
 称号の効果『爆発の威力一段階アップ』

新着情報

取得中です。