あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ダーティー・ルイズ

サモン・サーヴァントでルイズが召喚したのは・・・S&W-M29  フォーティーフォーマグナムだった



ダーティー・ルイズ

ルイズはそのマグナムと契約を交わし使い魔として持ち歩くが、ある日ギーシュと決闘をする事になる
44マグナムで7体のゴーレムを倒した(内2体はワンショット・ダブルダウン)ルイズは
ギーシュにマグナムを向け「5発か・・・6発か・・・わたしも撃つのに夢中で覚えてないのよ・・・」
「・・・まいった・・・」

そんなこんなある日、タバサがワルド子爵に誘拐される事件が起きた
ワルドはルイズを名指しし、トリステイン中に設置された遠見の鏡を通してルイズに要求を伝える
「走れや走れ・・・ルイズさん・・・」

結局、マグナムを奪われたルイズがパンツの中から出したナイフで刺され、ワルドは逮捕された


その後、証拠不十分で釈放されたワルドがアルビオンの戦艦レキシントン号を乗っ取る事件が起きる

「アルビオン軍のみんな、今日は軍務を休んでみんなでアイスクリーム工場を見学に行くんだ」

レキシントンはワルドの脅迫により、トリステイン魔法学院の上空に向かう、ワルドは皆を歌わせた

「♪こ~げこ~こ~げよ~、ボートこ~げよ~ ランランランラントリステイン空爆♪」


そこへ現れたのはルイズ、レキシントンに飛び移り、ワルドを戦艦から引きずり出して人質を救出

逃げるワルドと追うルイズは風石鉱山にたどり着き、遂にルイズはワルドを44マグナムでブチ抜いた


池に浮かぶワルドの死体を背に、ルイズは五芒星のバッジを投げ捨てて歩き去った


-----------------------------------------------

ダーティー・ルイズ2


トリステイン国内では連続した殺人事件が起きていた
それらを実行していたのはレコンキスタと呼ばれる一味、法で裁けぬ悪を処刑する集団だった

ルイズは彼らの行う処刑活動への勧誘を受けるが、「しまいにゃ芝生にクソした奴まで殺されるわ」と
断ったことがきっかけで彼らに命を狙われることになるが、彼らから風竜を奪ったルイズは反撃に転じる

マグナムと風竜を武器にレコンキスタの暗殺集団を全滅させたルイズは処刑事件の捜査を指揮していた
ワルド子爵へと報告するが、その暗殺集団の黒幕こそが彼だった、ルイズはマグナムを奪われる

しかしルイズに暗殺事件の罪を押し付けるべく風竜で逃亡したワルドは、ルイズに風竜ごと爆殺される

「ガラにもないことやるからそうなるのよ・・・」


-----------------------------------------------

ダーティー・ルイズ3


ある事件のほとぼりを冷ますため、アンリエッタにより学院の人事課に送り込まれてクサっていたルイズは
ワルド一味が学院を襲い、破壊の槍を盗み出した事を機に最前線に呼び戻された

ルイズは新入生のベアトリスと共にワルド達の行方を追うが、彼らはチェルボーグの監獄跡を占拠する
血気盛んなベアトリスは監獄跡へと突入し、ワルド達によって惨殺されてしまう
「カタキを取ってやるわ・・・」
強力な軍用マジックアイテムで武装したワルドの手下はルイズのマグナムで次々と屠られ
ついにルイズは奪い返した破壊の杖で、ワルドを木っ端微塵に撃ち飛ばした


-----------------------------------------------

ダーティー・ルイズ4


学院を休学しトリステイン郊外に引っ越したルイズは、平賀才人という地球人を飼うことになった
どこにでも小便をする馬鹿犬がきっかけで、ある隣人と仲良くなるが、ルイズとその隣人の周りで
殺人事件がおき始める  「泣けるわ・・・」

ルイズの隣人スカロンはかつてワルドとその手下達に辱めを受け、復讐のために殺人を重ねていた
手下が次々と殺されている事を知ったワルドはフーケを餌にスカロンを遊園地におびき出す

ワルドに銃を向けられ絶対絶命のスカロン、そこへマグナムを下げたルイズが現れた

ティファニアの召喚したもうひとつのマグナム・・・44オートマグが火を噴き、ワルドを葬った


-----------------------------------------------

ダーティー・ルイズ5


舞台芝居の監督をするワルドは、自分の暴力的な演劇に迫力をつけるべく「殺人ゲーム」を始める
標的にされたルイズは自分の乗る風竜への放火や遠隔操作魔法による移動爆弾に命を狙われるが
ルイズは殺人の興奮に狂ったワルドを船の上に追い詰め、竜撃ちの銛で貫いた

新着情報

取得中です。