あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

雫零

村の人達はおじいちゃんのことを変人とか心の病気とか言っていた。
確かに変わったところもあったと思うけど、とても賢い人だったと思う。
「人はどうやって体を動かしているか分かるかい?
 それは頭から電気信号を出して動かすのさ」
最初はどういう事か分からなかったけど今は分かるような気がする。


私のおじいちゃんには凄い力があるらしい。

村の近くにオーク鬼達が来たとき、おじいちゃんが睨み付けると
オーク鬼達は帰っていったらしい。その時おじいちゃんが
「………からは逃げられない…」と言っていた。
フフッ、あれからは逃げることは出来ない、私には分かる。


私にはおじいちゃんと同じ力がある。

学院で働いていると貴族から嫌がらせのように文句を言ってくる事がある。
そんな時は「黙れ」、「向こうに行け」と心の中で強く叫ぶ。
すると、その貴族は黙って去っていく。
フフッ、「壊れろ」と言わない私はなんて優しい人だろう。


私にも好きな人が出来ました。

貴族の使い魔されたヒラガサイトさんです。
彼も貴族から酷いあつかいをされているのだろう。
彼を使い魔にした貴族はあの「ゼロ」らしい。
フフッ、彼女はすぐに壊してしまおう。


食堂で絡んできた貴族を壊そうとしたら彼が助けてくれた。
サイトさんは優しい人です。

決闘で彼が怪我をしないよう貴族に「魔法が使えない」
と心の中で強く叫んでおきました。





その日、おじいちゃんの夢をみた。
おじいちゃんは楽しそうにあの話をしてくれる。
私はこの話を聞くのが大好きだった。





       「僕は、この電波の話をするのが大好きでね…」







リーフ・ビジュアルノベル・シリーズ第1弾『雫』から
月島 拓也がシエスタの祖父

新着情報

取得中です。