あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

アーカードはそこにいる-8

吸血鬼。
初歩的な先住魔法も使うことが出来る彼らだが、純粋な戦士として見た場合、その能力はそれ程高くない。
例えば同じく先住魔法を使うエルフと比べれば、その差は大人と赤子以上だ。
だが、不意打ちで攻撃されようものならば、仮令メイジであっても後れを取ろうというもの。
彼らは人間に良く似たその見た目を利用し、巧妙な罠を張り、人間の油断を誘う。

吸血鬼の真に恐るべきは、その奸智。

狡猾で残忍なその智謀こそが、彼らを人間の天敵たらしめている所以なのであり、正面から戦うのであれば必ずしも脅威とは成り得ない。
現にドットクラスのメイジに過ぎないギーシュによって、目の前にいる吸血鬼は一方的にやられている。
牙を隠しもしないその男を見て取り乱した生徒達も居たが、これが現実だ。
そもそも、生徒とはいえこれだけの人数のメイジがいるのだ。たかだか一体の妖魔如きを恐れる必要などない。
これまでにもっと危険な敵に相対したこともあった。命の危険を感じたのも一度や二度ではない。
それに比べれば、今のこの状況は全く以って易しい。危険など微塵もない。
そう。私があの吸血鬼に怯える理由など何一つない。ない筈。なのに。

何故か震えが止まらない。身体中の細胞が恐怖で悲鳴を上げている。
今直ぐにでも此処から逃げ出したいのに、一歩も動くことが出来ない。
何故?何故この私がたった一人の吸血鬼にこれ程までに気圧されているの?
あの男はこっちを見てすらいない。只私が一方的に見ているだけ。なのに。

何故?そんなこと。解っているでしょう。シャルロット。だってほら。
あの男。胴体を槍で刺されて。脳天を剣で割られて。いつ絶命しても可笑しくないのに。
だって、ほら。あんなに嬉しそうに。あんなに愉しそうに。あんなに大きな声で。あの男は。

嗤っているんですもの。

「ククク……これが…魔法か………。」

己の血と肉片に塗れた男が、酷く上機嫌な様子で言葉を吐き出す。
身体の損傷などまるで意に介していないかのように。それすらも悦んでいるかのように。
得意気な顔をしていたギーシュの表情が変わる。当たり前だ。
今にも死にそうな――――否、『とうに死んでいて当然』の男が口にする様な台詞ではない。
私が同じ立場でも驚くだろう。

違う。そうじゃない。そういうことじゃないのよ。シャルロット。

「悪くない…………なかなか悪くないじゃあないか……。」
「アーカード、といったかな。」

尚も一人ごちる男に、見下した口調で呼び掛けるギーシュ。
最早自分の優位は揺ぎ無いと思っているのだろう。その顔には歪んだ微笑が貼りついている。

「吸血鬼君。何が悪くないんだい?どこをどう見ても、君の現状は悪いものとしか思えないんだが。」

その通りだ。吸血鬼とて不死ではない。この状態でまだ話せる生命力は驚嘆に値するが、さりとて他に出来ることもない筈だ。
なのに何故。あの男はあれ程までに悠然としているのか。

貴女は気付いているのでしょう、シャルロット。貴女にはもうその理由が解っている筈。

「所詮はゼロの使い魔。死体が動き出したのにはビックリしたが、それだけだ。」

男の嗤い声が止む。すっかり自分に酔っているギーシュは気付かない。
いけない。その言葉は危険だ。危険過ぎる。

何故?何故いけないの?何故危険なの?ねえ、何故?

「主が無能なら使い魔もまた無能。ルイズにはお似合いの使い魔だ。ヒャハハハアハハハッ!!」

言ってしまった。それは。それだけは言ってはならなかったのに。
男は………嗚呼、駄目だ。目が。目が本気だ。
其処に映っているのは、煮え滾るような殺意と。迸るような狂気の色。
彼はもう助からないだろう。少なくとも。少なくとも私達では。
もう彼を助けることは出来そうにない。

どうして?男は今にも死にそうなのに。あれだけの傷を負っているのに。なのにどうしてギーシュは助からないの?

「クッ……クハハッ…ハハハハハハハハハ………。」

どうしてだなんて、そんなこと。最早考えるまでも無い。だって。だってあの男は。
目は先刻までとは違う色を浮かべているけれど、その口は。口は寧ろ先刻よりも大きく開かれていて。
確かにあの男は嗤っている。とても愉しそうに。とても嬉しそうに。
とても大きな声で嗤っている。そして先刻から少しずつ。
少しずつではあるけれど。彼が嗤う度に。彼がより大きな声で嗤う度に。

彼の身体は元の姿を取り戻しているのだから。

「小僧……。我が主への無礼はその命を以って償って貰う……。それは変わらない………。」

男――アーカードは。そう言うと己の腹を刺していた槍を引き抜き、片手で圧し折る。
そしてその槍の先にいたワルキューレの腕を握り、無造作に。
子供が気に入らない玩具を投げ捨てるかのように無造作に、ワルキューレを放り投げる。
それはまるで路傍の石の如く軽々と宙を舞い。憐れな虫けらの如く校舎の壁に叩きつけられる。

「だが……貴様は二度までも私と私の主を侮辱した…。只殺すだけではこの怒りは到底収まるものではない……。」

憤怒の言葉を連ねながら。それでもまだ嗤いながら。
再生されたその脚で、ワルキューレを踏み潰す。

「そうだな……腕か…脚か…………いや………。」

そんなことを呟きながら、最後の戦乙女の頭部を掴む。
無論、剣はまだ彼の頭に刺さったままだが、そんなことは一切気にも掛けずに。
一刹那程の躊躇いすら見せる事無く。アーカードはワルキューレを自らの足元へと叩きつけた。
粉々に砕け散ったワルキューレだが然し、その剣はアーカードを鳩尾の辺りまで切り裂く。
そして、使い手を失った剣が地面へ落ちると同時に、アーカードの元に大量の血が集まる。
見る見るうちにその身体は平常の姿を取り戻し。全ての血が彼の中に吸い込まれていった後には。
紅い上着と朱い帽子を身に纏った男が独り。

「さあ……精々愉しませてくれ…ギーシュ・ド・グラモン……!」

ここに至って漸く、ギーシュや他の生徒達も気が付いた。
アーカードと名乗るあの男が只の吸血鬼ではないということと。
私達では決して敵わない、正真正銘の化け物なのだということに。

「う、うわあぁあぁあああっ!!ワワ、ワルキュゥゥゥレェェェェッッ!!!」

三体のワルキューレを呼び出すギーシュ。
つい先程まで傲慢なまでの余裕に満ちていたその顔からは、既に血の気が引いている。
意思を持たない青銅の淑女達は、彼が杖を振ると同時に一斉にアーカードの許へと向かっていく。
或るものはその剣で斬りつけ。或るものはその槍を突き刺し。或るものはその盾で殴りつける。
それを避けようともせず。その攻撃を一身に受け。それでもまだアーカードの笑みは崩れない。
そしてまたしてもその手で彼女を掴み。一体ずつ。確実に。
青銅で作られたその人形を、まるで使い古した襤褸雑巾の様に容易く引き千切っていく。
本来ならば致命傷に成り得る筈のの手傷が、全く意味を為さない。

「どうした……もう終わりか………?」

一歩一歩。アーカードは着実に距離を詰めて往く。

「うぁ…ああああぁぁぁあぅぅぅうあぁ…………。」

全身でその膨大な殺意を受け止めているギーシュの口から、悲鳴とも嗚咽ともとれない声が洩れる。
赤い目に射竦められ一歩も動けずにいるその身体は、ただ只管に恐怖に打ち震えるだけだ。
既に七体のワルキューレを使ってしまった彼は、今やコモンマジックすらも満足に使えない。
これから。これから行われるのは、単なる虐殺。

「本当にもう終わりなのか……?ならば…次は私の番だな……。」

ギーシュの目の前にまで来たアーカードは、慢心の力を込めて己の身体を捻る。
その左腕は天高く伸ばされている。今にも夜空を衝かんばかりに。

「先ずは………右脚からだ。」

言い終わるや否や、目にも留まらぬ程の速さで左腕が振り下ろされる。
それは正しく手刀と呼ぶに相応しい切れ味で、寸分の狂いなくギーシュの右脚を。
皮を。肉を。骨を。その右大腿部を一直線に切断する。

「いぎゃあああぁぁぁぁああっ!!!!あああ脚がぁっ!ぼぼぼっぼ僕のああし、足があああああっ!!」

生まれて初めて味わう精神的・肉体的苦痛にのた打ち回るギーシュを見て、とうとう気を失う者も出てきた。
嘔吐し始める生徒もちらほら見られる。無理もない。
親の庇護の下、ぬくぬくと微温湯に浸かってきただけの雛鳥達にとって、この光景はいかにも刺激が強すぎる。
アーカードが現れた時点で逃げ出した連中は運が良かった。
今ここに残っている生徒達の大多数は、向こう一ヶ月は肉料理を食べることが出来ないだろう。

そんな周りの様子等何処吹く風。アーカードは血に濡れた手に舌を這わせる。
―――瞬間。それまで一貫して笑みを湛えていたその顔が歪む。
即座に血を吐き出し、不機嫌そうに口を開く。

「不味い……………。」

片脚を失い立つことも適わないギーシュは、無様に地面。
まだ泣き喚き続ける彼に、再びアーカードが近付いていく。
その顔からは笑みが消えている。

「酷い味だ……所詮は蒙昧な下衆の血か………。」

伏しているギーシュの左腕を引っ張ると同時に、左膝を勢いよく踏みつける。
思わず全身が総毛立つようなおぞましい旋律が、鎮まり返った広場に響き渡る。

「…………もう良い。」

再度、ゆっくりとした動作で長い腕を伸ばし。大きな手で頭を掴み。
大量失血によって意識が混濁しているギーシュを、軽々と自分の目線の高さまで持ち上げる。
時折不規則に痙攣するだけとなったその身体。
かつて左腕と両脚が存在してい箇所からは、今もまだ鮮血が滴り。
石畳の上に幾多の血溜りを作っている。
唯一残っていた右腕も、その掌中に杖は無く。
ただただ惰性で中空を揺れるのみ。

「貴様は下らん……実に下らん……。」

ギーシュの身体を更に高く掲げる。
双月に照らし出される二人の姿。思わず息を呑む。
その構図はとてもグロテスクで。そこはかとなくシュールで。吐き気を催す程に醜悪で。でも。
でも何処か美しくて。この上なく淫靡で。過剰なまでに荘厳で。
そんなことを思う筈が無いのに。そんなことを思うこと等あってはならないのに。
まるで一級の絵画のようなその光景に私は。確かに私は心を奪われていた。
気が遠くなりそうなくらいの眩暈を感じながらも、目の前に広がる惨状から目が離せなくなっていた。

「そろそろ…幕引きとしよう……。」

耳に障る不愉快な破裂音が、悪夢の終焉を告げる。
ギーシュの頭部はあっさりと握り潰され、周囲に脳漿が飛散する。
其処には誇りも。驕りも。倫理も。尊厳も。凡そ人間らしさ等は欠片も無く。
人外の化け物によって造られた、一個の肉塊が転がっているだけ。


「………さようなら。ギーシュ・ド・グラモン。」










第8話 了

新着情報

取得中です。