あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ZEROMEGA-2


ティファニア・ウエストウッドと合成人間、丁五宇(ひのと ごう)の出会いは三ヶ月ほど前に遡る。
三ヶ月前、前線から逃亡した傭兵たちがウエストウッド村を襲った。
ティファニアはいつものように父の形見であるオルゴールから受けついた忘却の呪文で戦おうとした。
彼女は今まで、何度もその呪文で村を襲おうとする山賊たちを退けてきたのだ。

しかし、ティファニアにとって運の悪い事に、その時村を襲った傭兵のリーダーはメイジくずれだった。
しかも蛇のように用心深いその元貴族は事前の情報収集を通してウエストウッド村に記憶を操る魔術師がいることを探り当てていた。
魔法の腕こそはライン級でしかなかったが、いや三流のメイジであったからこそ傭兵たちのリーダーは魔術師の弱点を突く戦い方を良く心得ていた。

魔法とは詰まるところ、精神の具現、想像力の現実化。
その威力は絶大だが、常に使い手の認識力という限界がついて回る。
傭兵たちのリーダーは手下達を六つの班に分けて、波状攻撃をかけることでティファニアの魔法に対抗しようとした。
一度に認識できる数が五つと言う人間の頭脳の弱点をついた古典的な対メイジ戦術。
戦い慣れていないティファニアは、リーダーの思惑通り六方から押し寄せる敵に混乱し、みるみる魔力を消耗していった。

消耗は疲労を呼び、疲労は失敗を呼びこむ。
限界まで精神を酷使したせいで、ティファニアはとうとう忘却の魔法を使えないほど追い込まれてしまった。
後一歩で傭兵たちの手に落ちそうになったとき、とっさに唱えた「サモン・サーヴァント」の呪文で呼び出したのが丁五宇とヒノト・タイラのコンビだった。

次元の門から姿を表した黒い騎士はティファニアがあれほど梃子摺っていた傭兵たちを瞬く間に追い払ってしまった。
盗賊たちが逃げ去った後、五宇はティファニアの警戒心を解くために、ヘルメットを脱いで彼女に近寄った。
そして、五宇が少女の様子を伺おうと顔を近づけた瞬間、ティファニアは一瞬の隙を突いて彼に「コントラクト・サーヴァント」の術を―――


「どうしたの? おねえちゃん、お顔が真っ赤だよ」

少女の無邪気な声で、ティファニアはようやく五宇たちと始めて会った日の(そして、自分の初めての接吻)の回想から現実へ帰還した。

「あ、な、なんでもないの! ちょっとシチューが熱かったから、びっくりしちゃって……」
「さっきから、ずっとスプーンでかき回して一口も飲んでいないのに?」

ぐっと言葉に詰まった。
その小さな女の子言うとおり、ティファニアは思い出にふけるあまり、さっきから一口も食事に口をつけていなかった。
しかも無意識にずっとかき回していたせいで、彼女のシチューはすっかり冷めている。

「そ、そ、そうね。それじゃ、きっとお魚の骨が喉に刺さったせいね!」

喉に骨が刺さっていると言うにはあまりに流暢な言葉で新しい言い訳を口にするティファニア。
それを聞きつけた五宇は椅子から立ち上がり、

「それはいけない。小さな骨でも喉の傷は危険だ。ちょっと俺に見せてくれ」

ティファニアの顎を掴んで口の中を覗き込もうとする。
またしても、「コントラクト・サーヴァント」の記憶が鮮やかにフラッシュバックする。
初めて(見た目だけは)年上の異性に触れたあの時。
興奮しすぎてその味も覚えていない初めての口づけ。
視界一杯に広がる彼の顔。
穏やかな、しかし強い意思の光を秘めた黒い瞳が自分の眼を覗き込み―――

「だだだ、大丈夫よ。もう痛くなくなったから。そ、そんな事よりシチューが減ってるみたいね。 い、今お代わりを持ってくるから!」

青年の手を振り払い、返事も聞かずに彼のシチューの器を持って台所の中に飛び込んだ。
後に残されたのは、不機嫌な顔でシチューを掻き込む男の子たちとくすくす笑い声を漏らす女の子たち。
そして……

「あ、テファ? 俺のシチューはまだ半分以上残っているんだが?」

一人だけわけがわからないまま取り残され、呆然とする青年であった。
その様子を外から覗いていたタイラは立体映像の肩をがっくり落として溜息をついた。

「もう、あれで分からないなんて。五宇はどこまでニブチンなのかしら?」


台所に飛び込んだ後、ティファニアは壁に手をついて荒い息を吐いた。
頬に触れて見る。びっくりするほど熱くなっていた。
大きな胸に触れて見る。まだドキドキしている……。
頬を真っ赤に染めたまま、ティファニアは青年の器に新しいシチューを注いだ。

五宇たちが来てから、毎日が楽しくて仕方が無い。
足元は雲の上を歩いているようにふわふわするし、回りの景色まで急に鮮やかになったような気がした。
最初は年上の友人が出来たお陰だと思っていたが、この胸のトキメキはそれだけじゃとても説明がつきそうに無い。

あっという間に縁まで一杯になったシチューの皿を見ながら、ティファニアは今自分の心を満たしている感情をこっそり声にしてみた。

「…………すき…………」

声に出した途端、納まりかけていた胸の鼓動が一気に跳ね上がった。
もう一度、今度は少し大きな声で呟いて見る。

「…………五宇さん、好き…………」

痺れるような幸福感が全身に広がっていく。
瞼を閉じ、両手に余るほど大きな胸を抱きしめ、甘酸っぱくも心地よい感情を味わった。
ティファニアは姉と慕う女性が、マチルダが早く帰ってくれば良いのにと思った。
自分が手に入れた使い魔を彼女に紹介し、子供たちには話せないこの気持ちを打ち明けたかった。
そして、この幸せが何時までも続く事を強く、強く願った。


子供たちを寝かしつけ、ティファニアの家事の手伝いを終えた後、五宇は一人で家の外に出た。
生身のティファニアたちと違い、五宇はそれほど睡眠を必要としていない。
本当のことを言えば、食事をとる必要もあまりないのだ。
あくまで仕様上だが、五宇たち合成人間は水分補給だけでも五年は生存できる。

それでも毎日、子供たちと一緒に食事の席についているのは、ティファニアの料理を食べる時に彼女が浮かべる笑顔を見たいからだった。
食料を無駄に消費しているのはやはり気が引けるので、毎日多めに食材を取って帰るのだが、それを見たティファニアは五宇を食いしん坊だと勘違いしたのか、さらに彼の食事の量をふやした。
この悪循環は五宇たちがティファニアの家に住むようになってからずっと続いている。

流石に明日辺りから食事の量を減らすように頼んだ方が良いかもしれない。
すっかり重たくなった腹をさすりながら、五宇は野外に止めてあった重二輪の隣りに腰を降ろした。

「星が綺麗だね……」

重二輪の上に浮んだ少女の立体映像が夜空を見上げながら呟いた。

「ああ、そうだな」

五宇も頷いてそれに同意した。
五宇たちが生まれた世界の空は分厚いスモークに覆われ、とてもこんなに綺麗な星空を拝む事はできない。

「ハルケギニアは良いところだね」
「ああ、そうだな」また頷いた。
「テファはとても良い子だね」
「ああ、そうだな」頷く。
「五宇は何時までもここにいたいと思う?」

五宇は―――頷く事ができなかった。
少し迷った後、青年は静かに首を横に振った。

「いや、できるなら早くもとの世界に、地球に帰りたいと思う」

ハルケギニアにも戦乱はあるが、五宇たちが生まれた世界は比べ物にならないほど酷いところだった。
N5Sウィルスと呼ばれる恐ろしい病気が世界を席巻し、人々はゆっくりとドローンと呼ばれる生ける死体に置き換わろうとしていた。
人類をウィルスから守るはずのDRF(技術文化遺産復興財団)と公衆衛生局は、人々を保護するどころか彼らにしかわからない目的のためにN5Sウィルスを利用しようとしていた。
企業国家「東亜重工」はDRFの陰謀を阻むために、五宇たち合成人間を作り上げたのだ。
それなのに……。

初めての任務に赴く途中で五宇たち、丁班は銀色の鏡のようなものに吸い込まれ、見たことも無い異世界の中に放り込まれてしまった。
N5Sウィルスの適応者を求めて人工島【9JO】に向かった長兄、庚造一はどうなったのか?
壬二銖やシン、他の兄弟たちは無事に任務を達成する事が出来たのか?
母や祖父のいる東亜重工本社はまだ無事なのだろうか?
DRFと公衆衛生局は……。
N5Sウィルスは……。
世界は今一体―――。

足元に落ちている岩を拾って握り締めると、硬いはずの岩石はあっさり崩れてチリになった。
目的を持って生まれてきたはずなのに。
任務を果たすため、生きているはずなのに。
何も出来ないばかりか、今自分が置かれている状況すら把握できない。
それは人型の道具として生を受けた合成人間にとってこの上なく歯がゆい事だった。

「元の世界に戻る鍵はトリステインの魔法学院にあるような気がする。あそこの学院長は三百歳を超える賢者だと聞いた。彼に尋ねればきっと何か手掛かりが得られるはずだ」
「そうだね。多分そうだね……」

返事をするタイラの声は重たい。
二人がこの会話をするのは今夜が始めてではない。
実を言えば、トリステインまで旅をする準備はとっくの昔に出来ていたのだ。
言葉の問題は既に解決しているし、文字もティファニアに教えてもらった。
地理や文化の違いなどは、使い魔になった時に手に入れた能力があれば何とかなるはずだ。
今、アルビオンを吹き荒れている戦乱の嵐も合成人間の力と重二輪の機動力を持ってすれば切り抜けることは難しくない。

だが、何時でも出かけられるはずなのに、五宇たちは何時まで経ってもウエストウッド村を出発することが出来なかった。
ティファニアから離れることを考えるだけで凄まじい精神的な抵抗を感じるのだ。
これが使い魔になったことによる副作用なのかどうかはわからない。
しかし、この拒否感のせいで五宇は決断を躊躇うと言う合成人間にあるまじき感情に悩み、もう一カ月近くも時間を無駄にしている。

「……それにこのままテファたちを置いて行って大丈夫なの? もうロサイスも戦争に巻き込まれていると言うし、このままじゃ何時ウエストウッドに戦火が飛び火するか分からないよ?」
「この村は大丈夫さ。テファには忘却の魔法がある。戦い方次第ではあの子は俺よりも強くなることができる」
「じゃあ、トリステインに行く時はなんて言うの? 黙って出て行くことはできないよ?」
「何とかなるさ。俺たちもテファも子供じゃないんだ」

言葉の内容とは裏腹に、五宇の声には力が無かった。
彼自身、自分の言っている事を信じきれていない事は明らかだった。
ふいに枯れ枝を踏み折る音が小さく響いた。
顔を上げた五宇は驚きのため言葉を失った。

「……本当なの……」

悩みに没頭していたせいか、それとも思っていた以上に身近な存在だと受け入れていたせいか。
五宇は愚か、人工知能であるタイラでさえ彼女がこんなに近くまで接近していることに全く気付かなかった。

「五宇さんたちがここを出て行くって、本当なの!!」

両手に焼いたばかりのクッキーを載せた皿を持ち、もともと大きな眼をさらに大きく見開きながらティファニアは自分の使い魔である青年に問い掛けた。



新着情報

取得中です。