あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

使い魔定光-2


流刑体。
宇宙に無限に存在する数々の惑星において重犯罪を犯し、流刑とされた異星人の総称。
その刑罰として、永久に宇宙をさまようはずであったその一団が、まるで何かに呼び寄せられるように、ひとつの軌道を描きある惑星へと向かっていた。
さながら、卵子に向かい進む精子のように。ただ一点を目指し進むのだ。

だが、一部の者は惑星に到達する前に、まるで気が変わったかのように方向を変える。
かまわずその惑星、「地球」に直進する者、急に地球に興味が失せたかのように軌道を変える者。
後者の数は決して少ないものではなく
地球に降り立つ流刑体は、最初に予想されていたものの半分ほどになっていた。


「ちょ!ちょっと待って!じゃぁ、なに?今日出たあの化け物や、あんたはその、あの空に浮かぶ星から来たって言うの?」

ここは、コルベールら教員が主に利用している個室。撃針の一件が一段楽したところで
そのあまりの事件に、学院は一時騒然としていたが、比較的冷静であったタバサ、キュルケが生徒達に呼びかけ校舎に帰し、一応事なきを得た。
ちなみに彼女らは撃針に対して率先して杖を向けた二人である。

しかし、発端と思われるルイズと、彼女が呼び出してしまったのかは定かではないが
撃針を「回収」し、事態を収束させた「彼」はそのまま、と言うわけにはいかず
こうして特別室にて質問攻めにあっていた。

『浮かぶ、と言う表現は正しくない。さらに厳密に言えばこことは別の銀河系なのだが、まぁ、そう言った方が理解が早いのなら、そう解釈してくれて問題はない』
「とてもじゃないけど、し…信じられないわね…」
『撃針、それに加えて私自身がなりよりの証拠だ。君達の…』
「? な、なによ?」
『そういえば先ほど、一部のものが飛行しながら建物に向かっていた。
この惑星でも重力制御は一般的な技術なのか?』

さきほどから、イスに座ってうんうんうなりながら頭をひねっているルイズに対して、部屋の中央で
その大柄な身体を直立不動させながら淡々と難解な説明をしていた「彼」がふと、疑問を投げかけた。
しかし、魔法を満足に扱えないルイズにとって、基礎中の基礎である「フライ」について触れられるのはおもしろくない。

「う、うるさいうるさいうるさいっ!じゅーりょくなんちゃらなんて知らないわよ!」
『不適切な回答だ。回答の再入力を』

「彼」の返答に、ルイズがさらに鼻息を荒げようとしたそのとき、後ろの扉が開き
コルベールが姿を見せた。

「おや、何の騒ぎです?」
「コルベール先生!」

ルイズは表情を一変させると、イスから立ち上がり、コルベールに詰め寄った。

「あぁ、安心しなさい。オールド・オスマンも君に責任を問う気はないようだ。
それよりも皆無事でなにより、とおっしゃっていたよ」
「そうですか…」

あからさまにホッとするルイズ。考えても見れば、あれほどの騒ぎを起こしたのだ
よくて停学、悪ければ退学なんてことも充分にありえるだけに、彼女は幸運だった。
オールド・オスマンの判断は、コルベールの弁護が合ってなされた部分も大きいことを彼女は知らない。



『まったくだ。あれだけの数がいて死傷者ゼロとは奇跡に近い。君達の対応と
援護があってこそだ。協力に感謝する』
「いえ、それよりも先ほどの話の続きをぜひ聞かせほしい!えぇーと…」

コルベールにとって、「彼」の話す技術の説明や薀蓄はよほど興味深いのか、「彼」がこの教室についてからオールド・オスマンのところへ出向くまでの間、色々と根掘り葉掘り聞き出していたのだった。

と、そこでコルベールは熱心に聞くあまり、「彼」の名をまだ聞いていないことに気がついた。

「ミス・ヴァリエール、「彼」の名前はなんと?」
「いえ、それが…」
『私はパワータイプと呼ばれる無人デバイスに、公務に就かせるべく「義務」を付加させた「データ生命」だ。
我々のようなタイプに固有の名称はない』
「さっきからこの一点張りで…」

ルイズがまず聞いたことは「彼」の名前だった。名前は万物の存在を表す重要なもの
加えて使い魔との契約を結ぶ儀、コントラクト・サーヴァントにも必要不可欠なのだ。

なので、名前を無理に聞き出そうとしたのだが、今まで生きてきて聞いたこともないような言語や横文字を唱えられ、もはやお手上げ状態であった。

『シリアルナンバーでよければ教えるが―――』
「あー!もういい!それはもういいわ!」

また、あの恐ろしく長い意味不明な呪文を唱えられてはたまらない、とルイズが大声で静止した。

「ふーむ…では何と呼べばいいのかな?」
『データ生命。随行体。あえて呼称するとすればこのあたりだな』

でーたせいめい、ずいこうたい、るけいたい…今日一日で嫌になるほど聞いた単語に
ルイズは整った眉をゆがませた。
まったくもってこいつの説明はまわりくどくてわかりにくい。
理解できなくて聞き返せば融通の利かない返答ばかり。
まさにああ言えばこう言うである。

「まぁ、呼び名はおいおい決まるだろう。ところで、話の続きを…!」

コルベールは目をキラキラ少年のように輝かせ、「彼」に催促する。
彼の場合頭も同じぐらいに輝いているのだが、あえて言うまい。

『うむ。話を戻そう。流刑体、その大群がこの星に押し寄せている』
「大群って、どれぐらいなの?」
『総数二千万体。おそらくそのすべてがこの惑星へと流れつくだろう』
「!? 馬鹿な…!今日の…あの撃針のような怪物が2千万も!?」
「そ、そんなのって…!」

これにはさすがの知識欲旺盛なコルベールも度肝を抜かれたようであった。
ルイズも目を見開き驚いている。



『彼らのほとんどは君達が今日見た撃針のように、破壊と殺戮を好む戦闘サイボーグだ』
『さすがに私だけではどうにもならない数だ。増援を要請はしたが、それもいったいいつになるか見当もつかない』

淡々と説明する「彼」。しかしながら聞く側にしてみればとても冷静ではいられない。
今日、あの一体でも脅威であった流刑体。
それが、あと2千万体は確実に現れるのだ。冗談ではない。

地獄――――そんな言葉がルイズの脳裏によぎった。

「そ、それで…その大軍勢が、ここに降り立つのはいったいいつ頃に…?」

先ほどまでの口調とは一転して、まるで覇気のない声で尋ねるコルベール
その問いかけは、なにかすがるようなニュアンスも含まれていた。

『この惑星の時間の概念と単位の入力を』
「一年384日。あの月が満ちてから欠けるまでが一ヶ月よ」

窓から顔を出していた2つの月を見つめながら答えるルイズ。
あたりはすっかり暗くなっていた。



『9億8千300万日…260万年後だな』



「へ…?」
「なっ…なんとも気の長い話のようだ…あはは」

あまりの単位に思わず拍子抜けしてしまう二人。
変な笑いまでこみ上げてくるほどだ。

『宇宙は広大だからな』
「広大すぎてとても実感わかないわ…」

そんな二人の反応など意に介せず、相変わらず直立したまま微動だにしない「彼」。

『2千万の流刑体。現状からすれば、君達の現地語で言う「魔法」や「使い魔」に頼るほかない』
『滅ぶのか滅ぼすのか…凄惨(せいさん)を極める闘いになるだろ……』
「ど、どうしたのよ?」

急に口ごもる「彼」に不安を感じたのか、ルイズが問いかける。

『その「使い魔」の件で、私に話があるのでは?』
「あ」





「では、ミス・ヴァリエール」
「はい」

直立不動であった「彼」をイスに座らせ、その前に立つルイズ、そしてその後ろに陣取るコルベール。
自分が召喚したものを生涯使役し、「使い魔」とするための儀式、コントラクト・サーヴァントが今執り行われようとしていた。



「えーと、でーたせーめー?ずいこーたいだっけ?」
『そのどちらもだ。しかし、なにをはじめるつもりだ。言っておくが私にハッキングすることは不可能だぞ。強固なプロテクトが何十にも―――』
「いいから黙ってなさい!って、その兜とってよ…」
『カブト?データ生命の現地語か。着脱は可能だが…理由の入力を』
「なんでもいいからとっとと脱げー!」

ついに業を煮やしたルイズが「彼」の頭部を握り、無理やり脱がしにかかった
が、当然少女一人の力ではずせるわけもなく。

『無駄だ。その程度の外的要因ではロックははずれない』
「いいから脱ぎなさいよ!こっちだって遊びじゃないんだから!」
『聞けないコマンドだ』

「私からも頼みます。これは彼女にとってとても重要なことなのです」

見かねたコルベールが口を開く。それは、さきほどの知識欲にとらわれギラギラとした目ではなく、一教師として、大人としての目と口調であった。

『…こちらも「回収」に協力してもらった手前。むげには断れないか』
『手を離してくれ。今取り外す』
「あ、ええ、はい」

素直に手をどけるルイズ。
コルベールに一礼した後、彼女は杖をとり、兜から出てくるであろう彼の頭部に近づけた。
だが

『これでいいのか』

声は「彼」の両手にがっしりと固定された兜から発せられていた。
バシュ!と音がなると同時に、左右前後に展開した兜は、まるで「彼」の頭ごと
抜き取るようにはずされた。
そこに残ったのものは顔の形をしたメカニカルな、頭部と言うのも戸惑われる代物。
人間の顔の皮をはぎ、それを機械化したようなグロテスクものであった。


らんらんと目を輝かせるコルベールをよそに、ルイズは校舎中に響き渡るような絶叫を上げた。



ルイズは「彼」つれて自室に戻っていた。
もう深い時間であったし、なにより壮大な終末論とその壮大なオチに脱力してしまい
彼女自身も相当疲れていた。
コントラクト・サーヴァントの儀の後でもひと悶着あり、あからさまにテンションを上げるコルベールと、涙目になりながら早く被りなすように叫ぶルイズ。
ユマノイドなんとかの不具合で、自分ひとりでは不可能だと告げられ、あのグロテクスな頭部に兜をかぶさせられたときなど
本当に泣きそうになった。

とにかく今日はとてつもなく神経をすり減らした一日だった…
彼女は部屋に入るなり無造作に服を脱ぎ捨てると、下着姿のままベットへともぐりこんだ。
一刻も早く寝たい。できれば目が覚めて起きたら、化け物騒ぎも、今部屋の隅で直立不動のまま自分を見据えるあいつも消えていますように、と淡い願いをかけて。
そう、そして私はサモン・サーヴァントをやり直して、誰にも馬鹿にされない凄まじい使い魔を召喚するのよ!
間違っても平民だったり、人をむしゃむしゃ食べる怪物だったり、魔王だったりじゃなく
強く、高貴で、美しい。三拍子そろった究極の―――

『就寝前にすまない。ひとついいか?』

ベットから結構離れているにもかかわらず、よく響く声で、ルイズは寝る前のささやかな妄想から現実に引き戻された。

「…なによ?また長話は勘弁してよね」
『いや、長くはない。先ほどの君の行動。あれにはどういった意味が?』
「さっきって…なっ!なっ!あ、あんた、まさか…!」

「彼」が言っているのは、おそらくルイズが「彼」の口と思われる部分にくちづけをしたことだろう。
はじめてが兜と…などと軽く自己嫌悪していたルイズにとっては、今最も触れてほしくない話題であった。
だが「彼」にとってそんなことはおかまいなしだ。

『私のデータバンクによると、あれは惑星ネメリスの知性体が行う求愛行動に酷似しているのだが、回答の入りょ――――』
「うるさい!ポンコツ!」


ルイズはそばにあった枕を「彼」、ポンコツに向かって投げるのだった。


新着情報

取得中です。