あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロのデジタルパートナー 三話



 ゼロのデジタルパートナー 三話


 先刻、教室を全壊させたとあるメイジと使い魔は現在食堂に居た。
 常の通りにルイズはメガを隣に控えさせ、主に肉系統の食事を与えている。その隣の男子生徒がぎこちない動きで食事をしているのも、変わらず。
 実に平和だった。数時間前に教室一つを吹き飛ばした張本人達とは思えない程に平和的だった。
 この時までは。

「なあ、ギーシュ! お前、今は誰と付き合っているんだよ!」
 食堂の入り口から、そんな声が聞こえてきた。
「誰が恋人なんだ? ギーシュ!」
「付き合う? 僕にそのような特定の女性はいないのだ。薔薇は多くの人を楽しませるために咲くのだからね」
 そんな優男極まり無い発言をしながら歩くギーシュのポケットから、何かが落ちた。
 勿論それをメイドであるシエスタが拾い上げて修羅場と言う名の一悶着が起こり、ギーシュの行動に目が余る物を感じたルイズは仲裁に入った。
 アンタ馬鹿ァ? とか、吐き気を催す邪悪とは! とか色々と貴族たる者ととして罵倒されてしまったギーシュがついに切れる。
「決闘だ! ルイズ!!」
「受けて立つわ!!」
「おい、ゼロのルイズにギーシュ! 生徒同士の決闘は禁止されてるじゃないか」
「構わないさ。どうせゼロのルイズが相手じゃ、決闘なんてものも起きやしない」
 ギーシュの中傷に今度はルイズが怒りを顕わにする。
 そこで少し考えた。確かにメイジ同士の決闘は禁止されている。ただでさえ教室を一つ駄目にするなんて事をやらかしたのだから、これ以上のタブーを犯すのは拙いだろう。
 それに確かに『ゼロのルイズ』では勝ち目はまず無い。かと言ってここまで来て今更引くのは、それこそ貴族の名折れである。
 ではどうすれば良いか? 数秒思案した後、ルイズはすぐさま打開策を思い付いた。
「ねえ、ギーシュ? 使い魔とメイジは一心同体よね?」
「ん? ああ、勿論だとも!! 僕の可愛いヴェルダンデは……」
「じゃあこうしましょう。貴方の相手にはならない『ゼロのルイズ』では無く、代わりに私の使い魔が貴方と決闘するわ!!」
 それまで、ただルイズの後ろに付いて来てそっぽを向いていたメガだったが、戦いの雰囲気を感じ取って少しだけ浮遊高度を上げる。
 ついでに今まで己が使い魔のヴェルダンデとの妄想の旅をしていたギーシュも正気に戻る。韻竜を相手に……だって?
 冷や汗を流し、顔がみるみる内に蒼白になって行った。
「な……ならば、僕も自分の使い魔のヴェルダンデを……」
「ヴェルダンデ? あのモグラ?」
「……モグラ? 食って良いのか?」
 少しだけドリモゲモンを彷彿とさせるメガであった。
 食う。と言う言葉に顔を真っ白にするギーシュ。自分の愛しい使い魔が目の前の龍に食べられている所を想像し、失神しそうになる。
 しかし彼も男である。自分から申し込んだ決闘を、今更取り消す事など出来はしない。
 唾を飲み、意を決して口を開いた。
「い、いい良いだろう。相手になってやる! ヴェストリ広場で待っているぞ!!」
 マントを翻し、(彼自身の心境としては)颯爽とその場を後にするギーシュ。
 それを追って友人達も食堂から出て行った。
「殺しちゃ駄目よ、メガ?」
 後には、ニヤリとほくそ笑むルイズと、呆然としているシエスタが残された。


 舞台はヴェストリ広場へと移る。
 既に決闘の事を知らせた生徒達が集まり始め、その中心でギーシュは自己暗示を掛けている真っ只中である。
 大丈夫。韻竜と言っても幼生だ。精々火を吐く程度だろう。大丈夫大丈夫、死にゃあしない……。
 ――誠に残念な事に、ギーシュは既に二つ程大きな間違いをしていた。
 まず、彼、メガは幼生等では決して無い。彼の強さを表す元の呼称は『完全体』。
 それ即ち、彼が完成した戦闘能力を持っている、強力な存在である事に相違無かった。
 そしてもう一つ。メガは確かに『火』は吐かない。だが、それ以上の物は吐く。ついでに撃ったりもする。
 等とは夢に思わず……と言うよりは思わないようにして、ギーシュは相手を待った。
 そして、待ち人来る。
 ルイズを乗せ、対戦相手であるメガが悠々と広場に現れた。


 またも舞台は変わり、ここは学院長室。
 ミスタ・コルベールは、あたふたとオスマン氏に説明していた。
 春の使い魔召喚の際に、ルイズが韻竜の幼生(らしき者)を呼び出した事。そしてその契約の証明として現れたルーン文字が、気になって居た事。
 それを調べていたら……。
「始祖ブリミルの使い魔『ガンダールヴ』に行き着いた、というわけ、か……」
 オスマン氏は、コルベールが描いたメガの手(らしき部分)に現れたルーン文字のスケッチをじっと見つめた。
「そうです! あの韻竜の左手に刻まれているルーンは、伝説の使い魔『ガンダールヴ』に刻まれていた物とまったく同じなのです!」
「ふーむ。で、ミスタ・コルベール。君はどう思うのじゃ?」
「あの韻竜は、『ガンダールヴ』に相違無いかと」
「しかしのぉ……ガンダールヴと言えばあらゆる武器を使いこなしたのじゃろ? 竜が武器を使うかね?」
「ですが『ガンダールヴ』である事は確かかと。……しかし、別の何かの可能性も捨て切れません」
 ミスタ・コルベールが勢いを落とし少し頭を捻りながら言う。
「しかし、ルーンが同じといって、そう決め付けるのは早計かもしれん」
「それもそうですな」
 オスマン氏はコツコツと机を叩く。
 二人が頭を捻り、喉を唸らせているその時。ドアがノックされた。
「誰じゃ?」
 扉の向こうから、ミス・ロングビルの声が聞こえてきた。
「私です。オールド・オスマン」
「なーに?」
「ヴェストリの広場で、決闘をしている生徒がいるようです。大騒ぎになっています。止めに入った教師がいましたが、生徒たちに邪魔されて、止められないようです」
「まったく暇をもてあました貴族ほど、性質の悪い生き物はおらんわい。で、誰が暴れておるんだね?」
「一人は、ギーシュ・ド・グラモン」
「あのグラモンとこのバカ息子か。オヤジも色の道では剛の者じゃったが、息子も輪をかけて女好きじゃ。おおかた女の子の取り合いじゃろう。相手は誰じゃ?」
「それが……、メイジではありません。ミス・ヴァリエールの使い魔のようです」
 オスマン氏とコルベールは顔を見合わせた。
「教師たちは、決闘を止めるために『眠りの鐘』の使用許可を求めております」
 オスマン氏が目を細める。如何にしたものかと少しだけ悩んだ。
「相手は韻竜じゃしの……いや、待機を命じておきなさい。必要とあらば使うようにと」
「わかりました」
 ミス・ロングビルが去っていく足音が聞こえた。
 ルイズの使い魔が真にガンダールヴ足る者なのかを調べる絶好の機会である。これを逃す手は無い。
 コルベールは唾を飲み込んで、オスマン氏を促した。
「オールド・オスマン」
「うむ」
 オスマン氏は、杖を振った。壁にかかった大きな鏡に、ヴェストリ広場の様子が映し出された。


 そしてヴェストリ広場。今正に決闘の火蓋が切って落とされた。
 素早くギーシュが杖を振り、早速ゴーレムを全体精製させる。
 各々が槍や剣を持ち、二体がギーシュの護衛、残り五体がメガへと突進する。
 その間、メガは少しだけ考えた。
 一気に勝負を決めようとも思ったが、それだと周りに被害が出るだろう。つまり彼の得意技である、パルスレーザーやオールレンジビーム、ましてや必殺技のジェノサイドアタックなど論外であった。
 仕方ない。とメガはその翼を広げ、向かって来るゴーレム二体の脇へと躍り出た。
 身体を地面スレスレまで伏せ、両腕を交差させる。なるべく空に向かって行くように『それ』を放った。

「アルティメットォォォッ! スライッ! サァァァーッ!!」

 メガが腕を払うのと同時に蒼い十字の閃光が奔り、ゴーレム二体の身体を容易く切断した。その閃光は学院の壁を少しだけ抉って空へと消えていく。
 これこそが彼の持つもう一つの必殺技。万物を切り裂く『アルティメットスライサー』である。
「ん……」
 敵の土人形が思ったよりも柔だった。これなら打撃でも十分。と判断を下し、メガはすぐさま次の一体の前方へと飛ぶ。

「メガトンッ! パァァァンッチッ!!」

 メガの右腕が唸り、ゴーレムの胸から上をいとも簡単に粉砕した。
 ここで漸く辺りの生徒達も反応を見せる。主たるルイズでさえも想像の斜め上を行くメガに言葉を失っていた。
「な、なんださっきの! 風系の魔法か!?」
「斬れ味だけならカッタートルネード並みだぞ!」
 他の生徒達――後ろの方では何やらきゅいきゅい叫び声が聞こえる――より一瞬遅れて、ギーシュが叫ぶ。
「う、うぁあああ!!」
 指示を下し、残った攻撃役の一体を無造作に斬りかからせる。
 それに反応して、メガはまた身体を伏せる。今度は腕を伸ばしてゴーレムに向けた。やはり、やや上向きに。

「プロミネンスビィィィィィィーーーッムッ!!」

 ジュ。と言う音がした。
 メガの腕から発射された高熱線は、ゴーレムの胴から頭までを綺麗に引き裂いた。
 間髪入れずメガが身体を起こし、ギーシュを向く。

「アイススタチューッ!」

 メガがそう言って腕を下方に振るうとほぼ同時に、ギーシュの守っていた三体の内二体が、一瞬で氷漬けにされた。
「す、すげぇ! 先住魔法だ!!」
「ギーシュ、可哀想な子……」
 喚声が上がり、生徒達は更にヒートアップしていく。
 対してギーシュは既に意識を半分手放しかけていた。
 メガは相手が何もしてこない事を確認し、疾駆する。使い魔として生まれ出た感情なのか、今後主人に歯向かわないように、と、力を見せ付けようと言う衝動が強くなる。
 ギーシュに近付きながらもスピードは決して緩めず、激突する寸前で急カーブ急上昇する。同時に無事なゴーレムの最後の一体がギーシュの目の前から姿を消した。
 自然と全員の視線が空に集まる。
 そこでは、丁度メガがゴレームを投げ飛ばし、それに向かって右腕を翳していた。

「ジェノサイドッ……アタァァァァァックッ!!!!」

「YEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEHAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!」
 メガの強い気持ちに呼応してか、ジェノサイドアタック達のテンションもやや高めで、威力はすこぶる高めだった。
 ジイェノサイドアタック計五発がゴーレムを襲い、太陽が一瞬だけ二つになる。
 一瞬遅れて地上に居る生徒達の耳を劈かんばかりの轟音が響いた。
 それを見届け、メガはギーシュの目の前まで下降し、尻尾でギーシュの首をなぞり上げた。
「何か、言う事は?」
「ま、参りまひた……」
 その言葉を残し、ギーシュは意識を手放した。


新着情報

取得中です。