あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

『使い魔くん千年王国』 第二十一章 魔眼

前のページへ   /   一覧へ戻る   /   次のページへ

《キリストと『邪悪』とに、何の調和があるか。信者と不信者とに、何のかかわりがあるか。
 神の宮と偶像とに、何の一致があるか。》
 (新約聖書『コリント人への第二の手紙』より)


ワルドは杖から疾風を放って驚く観衆を吹き飛ばすと、
呆然とするルイズを攫い、グリフォンに乗って飛翔、逃走する。
「『ウェールズの命』、『アンリエッタの手紙』、そして『虚無の担い手』ルイズ。
 三つともこの僕が、そして『レコン・キスタ』が頂戴した! ハハハハハハ」
朝の空は雷雲に覆われ始め、城の外では『レキシントン号』が号砲を放ち、総攻撃の合図とする。
松下は『魔女のホウキ』に飛び乗り、グリフォンを追った。

「きょ、『虚無』? 伝説の? 担い手って、私が? …ワルド、放して! あなたは騙されてる!」
「いいや、可愛いルイズ。きみの起こす魔法での爆発、それにあの人間の使い魔。
 彼の『右手』に刻まれたルーンは、伝説の『ヴィンダールヴ』のもの。
 きみは確かに『虚無の担い手』さ。まだ使いこなせていないだけのこと」
ワルドは真赤な眼を見開いて、取り憑かれたようにしゃべり続ける。
「そして僕はきみを手に入れる! 世界を我が物にできるんだよ! 素晴らしいだろう」

「何を言っている、貴様に世界はもったいない。『レコン・キスタ』とか言う貴族連中にもだ」
松下がホウキで追いすがり、『黄色い粉』を撒いて空中に香辛料の霧を発生させる。
霧は風に逆らって進み、ワルドの眼に生き物のように入り込むが、疾風でまた吹き飛ばされる。
「使い魔くん、この僕に敵うとでも? きみには呟くか、逃げることしかできないさ」
「じゃあ呟いてやろう。『呟き』は『呪詛』だ」
松下が地面を指して呟き、念を凝らすと、大きな『土精』の片腕が伸びてグリフォンの後脚を掴む。
そのままグリフォンは地面に叩きつけられるが、ワルドはひらりと飛び降り、『飛翔』で飛び去ろうとする。

「『風のスクウェア』相手に遠距離射撃や追撃戦は無謀だな。キュルケたちが来てくれていれば…」
瞬間、松下の目の前に『もうひとり』ワルドが現れた!
「何!? うわっ」
ワルドは杖から『雷雲』を放ち、松下を撃墜する!
「『風』の上位魔法、分身を作り出す『遍在』だ…これで邪魔者も片付いたな」
そう呟くと、『遍在』も風のように姿を消した。


砲撃が始まった。ワルドたちは城の裏側へ回るが、そこにも敵兵が満ちている。
「hoら、るイズ。あそkoが僕たちの…」
ぐにゃり、とワルドの口、いや『顔』が歪み、融けるように崩れた。気化している。

ルイズは全身に鳥肌が立つ。『直感的』な言葉が口をついて出る。
「あ、悪魔だわ! あなたは『悪魔』に憑かれているのよ!」
「何wo言うんだルイズ。酷いじゃあナいka」
『ワルドの形』が崩れていく。それは黒い霧のように、ルイズを冷たく抱きしめる。
「あ、あ、あああああああ、いやああ」
凍えるほど寒い。夢の中で見た憧れの子爵様、ワルド子爵の姿が醜く崩れていく。
霧というより『煙』か。悪臭のする煤煙がルイズの肺を満たそうとする…。

「悪魔よ、しりぞけっ! 『照魔鏡』だ!」
雷撃で重傷を負いふらついた松下だが、『占い杖』でルイズの居場所は分かる。
落ちたグリフォンを操って城を飛び越え、ワルドを『照魔鏡』で照らし出す。
すると『光』が闇を撃ち払い、ワルドの体からぶわっと黒い煤煙が剥ぎ取られる。
「きゃああああ!!」
ワルドは、いた。老人のように痩せこけ、白髪だ。眼だけが炯炯と輝いている。
その眼を光に潰され、ぎゃっと叫んでルイズを放す。
どさりとルイズは城内の地面に落ちる。ワルドはそのまま宙高く舞い上がり、煤煙がそこへ再結集する。
大気が震え、大地が揺らぐ。妖気が塊となる。

黒雲の中に現れたのは、巨大な『眼』であった。
毛むくじゃらの黒い球体のような、空間の裂け目から何者かが覗き込んでいるような、不気味な単眼。
眼を合わせるだけで、並みの者なら狂死してしまいそうな異様な魔力。
「あれは…バックベアード……!」


「な、何よあれ!!? 黒雲の中に『眼』みたいなものが…!」
「あれを見ちゃダメ。取り殺される」
キュルケ・タバサ・ギーシュは、どうにかフーケをやり過ごし、シルフィードでニューカッスル城へ追いついていた…。

「「『東方の神童』よ、始めまして。いや、『先代』にも会ったかな? はははははは」」
空中からエコーのかかった声が響き渡る。月ほどもある『眼』に驚いてか、敵勢の攻撃も止まった。
「「私は『バックベアード』。時空の隙間より世界を見張る、大いなる『眼』なり」」
「知っている。そのワルド子爵に取り憑いていたのは、お前か?」
「「左様。この者は両親の死後心身を病み、闇に取り憑かれた。『執着心』とも言おうか。
 それで私が少々力を貸してやったのだが…生まれついての実力はあるが、器が小さいねえ」」

ルイズはきっと『眼』を睨み据え、きっぱりと言い放つ。
「ワルド様の体と心を、返して! 悪魔!!」
「「ははははは、小娘、私の『魔眼』を見据えて死なないとは。さすが『虚無の担い手』だけはある。
 きみに免じて、と言いたいが、彼にはまだ利用価値があるのだよ」」
『バックベアード』は実に愉快そうに哄笑する。眼も嬉しげに歪む。

「「安心したまえ。今日はきみと戦う気はないよ。
 私はそもそも『こちら』の存在ではない。ある者に呼び出されたまでのこと。
 彼に借りを返さねば、私の面子が立たない」」
「誰だ!? そいつは」
妖気に圧されながら、松下が叫ぶ。
「「……おお、伝えていいと彼から『霊波』が来たぞ。
 うむ、『悪魔ベリアル』だ。そいつが裏で糸を引いている」」
「『ベリアル』!!」
「「私は『悪魔』というより『妖怪』。悪巧みは愉しいが、操られるのは性に合わん。
 …さて、『皇太子の命』と『王女の手紙』、たしかに頂いたぞ。小娘は返してやろう。
 私はここらで、お暇するとするよ。さらばだ『東方の神童』マツシタくん」」

ごおおーーっという強風とともに、『バックベアード』はワルドもろとも消え去った…。


空の黒雲から雨が滴り落ち、遠雷も鳴っている。
先ほどの『魔眼』の出現で、不用意に見てしまった将兵が何百人となく死んだようだ。
敵も味方も混乱していた。さすがに松下も『雷雲』のダメージが深く、昏倒する。

(結局、今回出来た『コネ』は王女だけか。まあ、妖怪だの悪魔だのから挑戦は受けたが…な)
「マツシタ! マツシタ、しっかりして! こんな怪我…」
ルイズにはもう何も出来ない。『イーグル号』は混乱の中、急いで出発してしまった。
グリフォンも『ヴィンダールヴ』の支配を逃れ、敵陣へとワルドを追って行った。

「ルイズ! マツシタくん! 乗って!!」
救援が来た。キュルケとタバサとギーシュが、シルフィードに乗って迎えに来たのだ。
「ほら、早く!」
ルイズは怯えながら、松下を背負ってシルフィードに乗る。こんなに軽かったのか、このクソガキは。
降りしきる雷雨の中、風竜は悲劇と惨劇の舞台となった『ニューカッスル城』を飛び立つ。

「この雷雨で火薬も湿気ちゃうんじゃない?」
キュルケが軽口を叩くが、『レキシントン号』から轟音とともに砲弾が斉射され、城門が崩れ去る。
落城だ。誰も助かるまい。アルビオン王家は終わりを告げ、新国家が生まれる…。

(つづく)

前のページへ   /   一覧へ戻る   /   次のページへ

新着情報

取得中です。