あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

『使い魔くん千年王国』 第十五章 怪盗フーケ(後編)

前のページへ   /   一覧へ戻る   /   次のページへ

《主なる神は『土の塵』で人を造り、『命の息』を吹き入れられた。そこで人は生きたものとなった》
  (旧約聖書『創世記』より)

《あなたの目は、私の『まだできあがらない体(ゴーレム)』を見られた》
  (旧約聖書『詩篇』第139篇より)


「『占い杖』? な、何よ、あんた知っているの?(ぐすっ)」
ルイズは、ミス・ロングビルの目の前での惨死に蒼白・涙目になっている。
松下やタバサはわりと冷静だ。腹の中では何を考えているのか。
「ああ、ぼくの故郷…『東方』の自然魔法で作られたものだ。トリステインにもあったとはな。
 だが戦闘向きではない。あまり今は役立ちそうにないな」
「じゃあ、どんな効果があるの? 見た目は凄そうよ」
「うむ……危ない!! 逃げろ!!」

身の丈30メイルものゴーレムが、腕をぶん回してシルフィードを撃墜しようとする。
手が届かないところまで上昇すると、今度は岩や大木や小屋の材木を持ち上げ、投げつけてくる。
攻城兵器を相手にしているようなものだ。実際そうなのだが。
「まずは、あのゴーレムをどうにかしないと命が危ないな。彼女の仇討ち合戦といこう。
 ルイズ、この『占い杖』を持っていてくれ」

松下が呪文を唱えながら『植物の種』をばら撒くと、種が播かれた土のゴーレムから、何本もの『樹木』が生えて根を下ろし出した。
しかしゴーレムは怪力で樹木を引っこ抜いてしまう。
「だめか。ゴーレムとは言っても額に『emeth(真理)』の章印もないし、
 『木剋土』だから植物でダメージがいくと思ったのだが。逆に『水』の魔法なら効くのか?」

『五行相剋』がハルケギニアにあるかどうかは定かでない。
(ちなみに元来のゴーレム伝承の一つでは、額に書かれた『emeth(真理)』から最初の『e』を削り取ると、『meth(死)』という語句になって崩れてしまう)
「じゃあこれならどうだ。キュルケ、タバサ、協力してくれ」

松下は香水入れのような小瓶を取り出すと、呪文を唱えながら中の液体…『聖別された油』を降り注ぐ。
その量は明らかに小瓶の容量より多く、ゴーレム全体を油で濡らしてしまう。
「よおし、『ファイアー』!!」
キュルケが魔法で油に火をつけ、タバサが風を送り込む。
(ゴオオオオオオオオオ)
たちまちゴーレムは、地上の小屋や乗っていたフーケらしき人影もろとも『消し炭』になってしまう。
「ふふん、意外とちょろいもんね。手加減無用で火葬にしちゃったわ」


消し炭になってがっくりと膝をつき、『土くれ』に戻るゴーレム。
…だが、そこからぼこりと手足が突き出てくる。
大量の『土くれ』から、今度は『四体』のやや小さなゴーレムが生じた…。
大きさは先ほどの四分の一だが、それでも充分人間の四倍はあるだろう。
彼らは焦土と化した地上で再び岩を掘り当て、シルフィードに投げつけてくるではないか!

「うそお!? さっきフーケも焼き殺したのに…あれは囮?」
「ギーシュのワルキューレのような、『土くれ』で作ったダミーだ。フーケ自身は他の場所にいるようだな」
大きさより数で勝負か。岩がなくなると土砂を投げつけてきたが、こっちの方が避けにくい。
「痛い! 目に砂が…」
「もう、髪が汚れちゃうじゃない!」
シルフィードにもちまちま小石が当たる。皮翼でも貫かれてはたまらない。
「もう一度ゴーレムどもを焼き尽くして、フーケがどこに潜んでいるか探ろう。
 それでダメなら、ひとまず戦略的撤退だ」

「いやよ! 私は逃げない! どうしてもミス・ロングビルの仇を討つ!」
「ルイズ! おとなしくしてなさい」
「子ども扱いしないで! 私はみんなの足手まといなんかじゃ、『ゼロ』なんかじゃない!
 私は『貴族』よ! 『貴族』とは『魔法を使う者(メイジ)』の事じゃないわ!
 『敵に背を向けない者』のことを言うのよ!!」
決意はご立派マーラ様だが、ルイズの爆発失敗不正確魔法が何の役に立つというのか。
しかし、他の三人の戦闘意欲は高まる。もう日は沈み、二つの月が夕空に浮かんでいた。

「……待って、マツシタ! 『占い杖』が…」
ルイズが持っていた『占い杖』が、頭の部分をルイズに向けて囁くような仕草をする。
「タバサ! キュルケ! 『浮遊』をかけて下に降ろして!」
言うが早いか、ルイズはシルフィードから飛び降り、ゴーレムたちの後ろ側へ向かう。
「ちょおっとお!! 死ぬ気!?!」
「いや、彼女に任せよう。援護をするんだ」

地上に降り立ったルイズは、『占い杖』を少し振り回すと、尖った方を思い切り地面に突き立てる!
「居場所はここよっ!! くらえ『土くれのフーケ』!!」

『占い杖』の能力は『地中の金属や水脈など、隠れているものの在り処を突き止める』こと!
霊感に導かれたルイズは、地中に潜むフーケの居場所を突き止めたのだ!
「ぐあああぁぁっ?!!」
手ごたえがあり、フーケの…若い女の悲鳴が上がる。
それと同時に、ゴーレムたちが崩れ去った……。
「え? この声は……」

「く、くそっ! まさかその杖にそんな能力があるなんてねっ!!
 炎を放たれた時はけっこう息苦しかったよ(ゴホッ)」
「『ミス・ロングビル』!? まさか!」
地中から姿を現したのは、ゴーレムに踏み潰されて死んだはずのミス・ロングビル!
つまり、彼女が『土くれのフーケ』の正体ということになる。
「なるほど、あいつがフーケだったのか。ゴーレムに踏み潰されたと見せかけて、ゴーレムの体内か地中に『穴』を穿って隠れていたわけだな」

「そうさ…秘宝を奪っても『鍵』がなきゃ開かなかったし、使い方は分からないしねえ。
 そこの物知りの餓鬼なら知っているかと思ったけど……
 まさか『ゼロ』のルイズに使われて、敗れるとは」
右肩に杖の刺し傷があった。恐ろしい『怒笑』を浮かべてルイズを睨み付ける。
「そんじゃあ、逃げさせてもらうよっ!!」
背後に『土の壁』を何枚も作りながら、森へ向かって全力で逃げ出すフーケ。
そこへ松下が追い討ちをかける。

「逃がさないぞ盗賊! 『魔術・月霊召喚』!!
 マルカー・ベー=サルシシム・ヴェ=アドベー=ルアコス・シェカリム!」
(ザワザワザワ バオーン)
夕空に浮かぶ『二つの月』を、左右の大きさと色は違うが両眼とし、
中空に黒いモヤのようなものが集まって、身長7メイルほどの巨大な影法師『月霊』が現れる。

吼える『月霊』は逃げるフーケの胴体を鷲掴みにすると、樹木の洞に上半身を突っ込んで動けなくする。
「うわあ! 助けてーーっ!!」
(バオーン)
巨大な『月霊』は一声叫ぶとモヤモヤした姿に戻り、両目は二つの月に戻る。
こうして怪盗『土くれのフーケ』は捕縛されたのだった…。

借り出した馬車も燃えてしまったので、一行は取りあえずシルフィードに乗って近くの村に降り、学院に事情を説明する手紙を送ってから一泊した。
翌朝、再びシルフィードに乗って凱旋だ。手柄は全員のものと言えるだろう。

「しかし、まさかミス・ロングビルが『土くれのフーケ』だったとはのう……」
トリステイン魔法学院の学院長室。オールド・オスマンが白髭を撫で、思案している。
コルベールたち教師陣、そしてフーケを捕らえた四人。
みな晴れやかな面持ちの中、オスマンはなぜか浮かぬ面持ちだ。

「ううむ…やはり、居酒屋で給仕をしていた彼女のお尻を触って、
 怒らなかったからといって特別に秘書にしてしまったのは…まずかったかのう…」
「オールド・オスマン。合体魔法の練習の標的にしますよ」
「その恨みで犯行に走ったんじゃないの?」
「ブラックホールより重く自重しなさい」
フルボッコである。

「既に君たちの『シュヴァリエ』爵位申請を宮廷に出しておいた。立派な騎士じゃな。
 ただ、ミス・タバサは既にシュヴァリエの爵位を持っておるからの。
 今回は『精霊勲章』の授与を申請しておいた」
功績を示す、立派な爵位だ。もう社会的にも自分は『ゼロ』ではない。しかし……。

「あの、マツシタには? …彼にはなにも無いのですか?」
「ぼくは、この『占い杖』がもらえればいい」
「かまわんよ。『古い友人』からもそう伝えられておる」
「え? ではその『古い友人』と言うのは……?」

かえって吃驚する松下に目配せし、オスマンは大きな声で告げる。
「今日の夜は『フリッグの舞踏会』じゃ、諸君らは支度を済ませねばなるまい!
 主役は君達じゃから、張り切って着飾るのじゃぞ」
オスマンが手を打ち、一同は解散する。だが…。
「マツシタくん、いや『ミスタ・マツシタ』、あなたには残って頂きたい。
『古い友人』からの伝言があるのでな」

(つづく)

前のページへ   /   一覧へ戻る   /   次のページへ

新着情報

取得中です。