あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

星界の使い魔

「星界の紋章」のアブリアル・ネイ=ドゥブレスク・パリューニュ子爵(ベール・パリュン)・ラフィール

※一部表現上の理由で閲覧注意!



この紋章に描かれているのはガフトノーシュという。
やっつの頭を持つ異形の竜である。
この厳重は長らく忘れ去られていた。
だが、ある帝国が紋章の意匠として選んだことから、
ガフトノーシュは人類の想像した生物のうちもっとも
名高いものとなった。
なぜならその帝国こそ、人類史上に比類なき強大な
国家だったからである。
帝国を築いた種族をアーヴという。
あるいは彼らが誇りとともに自称するのによって
<星たちの眷属>と称すべきかもしれない。
いずれにしろ、ここではこの強大な帝国の皇族である
一人の少女を使い魔に携えた一人の魔法使いの少女に話を絞ろう。
かの種族についてはそれこそ万巻の書があるのだから――――


第一部 ―帝国の王女―



新着情報

取得中です。