あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

『使い魔くん千年王国』 幕間・『蛙男』の夢

前のページへ   /   一覧へ戻る   /   次のページへ
場面は現代の日本。
東京・渋谷の道玄坂にある、ガウディが設計したかのような奇怪なビル。
そこの20階に、高級マンションのような一室があった…。

煉瓦造りの壁をした薄暗い室内には観葉植物も置かれているが、
さまざまな骸骨や剥製や不気味な置物が飾られ、本棚には無数のオカルト書が並び、
重厚な木製のアンティーク家具の上には、髑髏に乗った蝋燭の火が輝いている。

そこに座っているのは、ローブに身を包み丸眼鏡をかけた、灰色の髪の壮年の男。
だが彼の肌は生臭くぬるぬるしており、顔はあばた面で口が異様に大きく、
腹はぽっこりと不健康に膨らみ、まるでヒキガエルを連想させた…。

彼は午後の居眠りをしているらしい。いや、今彼は異世界に『霊夢』を送り、
長年待ち続けていた人物を探し当てようとしているのだ……。

………………………………………………………………

あれ? ここはどこ?
…ああ、夢の中ね。こんな変な建物見たことないもの。
そうか、私は広場でおぞましい光景を見て精神が耐えられなくなり、失神したのね。
まったくマツシタの奴、あんな大騒動起こすなんて思わなかったわ!
強いのは分かったけど、後でちゃんとお仕置きしてやらなきゃ…。

『ああ、やっとつながった。はじめまして、きみはルイズだね?』
「っキャアア! なっ何よあんた、かかか、蛙みたいな顔して!!」
突然目の前に変な男が現れた。また蛙だ。
こんな悪夢を見るなんて、私のSAN値はどれぐらい残っているのかしら?

『そうだ、私は「蛙男」だからな。今は毛呂山(けろやま)と名乗っている。
 魔法使いであり、オカルト作家のはしくれだ』
「こ、こないでよ見るからに変態! 化け物! キモオタ! ハルコンネンの精!」
『ああ…無知な者に説明するのは疲れる。せっかく通信がつながったというのに』

『ケロヤマ』と名乗る怪奇・蛙男は、ため息をつくと一方的にしゃべり出した…。

簡潔に説明しよう。ミス・ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。

私はきみの召喚した子供、松下一郎こと『悪魔くん』の使徒、つまり高等な従僕だ。
体はもともと人間だが、魂は古代の魔法使い『蛙男』のものでね、
『悪魔くん』が朽ち果てた古い肉体の代わりに、新しい肉体を授けてくれたのだ。

彼は悪徳と不浄に満ちた現代の世界を粉砕し、偉大なる革命を起こすためこの世に生まれた。
差別も偏見も、貧乏も退屈も、戦争も国境もない幸福な世界、
『千年王国』を地上に築くべき『メシア(救世主)』なのだ。
そして私たち『使徒』は彼に仕え、共に戦うよう定められていた。

やがて彼は予言にあるとおり、信じていた味方に裏切られ、凶弾に斃れた。
『こちら側』の暦でいうと、前回のメシア『ナザレのイエス』が誕生してから
およそ1964年目のことだった……。
だがメシアは死後『七年』経つと甦り、再び地上に降臨して権威を増し、
ついに『千年王国』を樹立するとも予言されていた…。

そこで私は七年待った。だが彼は来なかった。
『1+6』は『7』だから十六年後かと思い直したが、やはり来なかった。
二十五年、三十四年と待ったが復活の気配はなく、世界の混迷は深まるばかりだった。
生き残っていた『使徒』の残党も死んで行き、私一人になってしまった…。

『こちら側』での今年(2007年)は、彼が亡くなってからほぼ四十三年目に当たる。
そこで私は持てる魔力を振り絞り、築き上げた情報網を最大限に活用して、
遂にメシアが『ハルケギニア』という異世界にいるという情報を掴んだのだ!!

そして、霊的にもっとも異次元とつながり易いように魔法の眠りにつき、
『霊夢』の中できみに語りかけているというわけだよ。
少しきみの記憶も覗かせてもらっているがね。

そういうわけで、きみがメシアをそちらに召喚してしまったため、
『こちら側』の世界――『地球』というのだが―――は、未だに悪魔の支配する、
不浄で、猥雑で、暴力的で、金銭至上主義で、貧富の差が大きく、
階層制度が厳しい軍事国家ばかりが乱立する『地上の地獄』のままだ。
世紀末から何年も経つというのにな……。

まあ、今年がだめなら五十二年目、六十一年目、七十年目、
一百六年目…といつまでも待つさ。
『ファウスト博士』などは、メシアの出現を四百年も待ち続けていたのだしな。
彼が『そちら』の世界で力を蓄えておられるようで、私も嬉しい。
ことによると、そちらで『千年王国』を建設されてから、こちらに戻ってこられるのかもな。

これから私は『悪魔くん』の夢の中にも行き、彼と再会することにしよう。
ああ、なんと懐かしいことだろうか……。

では、また会おう。ミス・ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。



追伸:時代は今、ツンデレよりもヤンデレだ。
    『ヤンデレ大全』近日発売!

「帰れキモオタ! アキバに帰れ!!」

(つづく)

前のページへ   /   一覧へ戻る   /   次のページへ

新着情報

取得中です。