あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

Zero ed una bambola   ゼロと人形-01



 トリステイン魔法学院にある寮の一室。ここの寮生であるルイズ・ド・ラ・ヴァリエールの部屋のベッドには彼女が召喚した少女が横たわり、夜も更けようかというころ、ようやく目を覚ます。

「やっと起きたわね」

 部屋の主、ルイズは尊大に少女に声をかける。

「おはようございます」

 少女はまだ覚醒しきっておらず、目をこすりながら答える。

「おはようございますじゃないわよ!あんた昼間のは何、平民が貴族にあんなことしていいと思ってんの?」
「えっと、ごめんなさい。よく覚えていないんです」

 そう答えた少女にルイズはあきれかえる。

「覚えていないって、まぁいいわ。ところであんた名前は」
「はい?」
「名前よ名前。あんたの名前教えなさいよ」
「えっと、アンジェリカです」
「ふーん、じゃあアンジェって呼ぶわね」
「はい。ところであなたのお名前は何ですか?」
「わたしの名前?昼間聞いていなかったようね。光栄に思いなさいよ貴族に二度も名乗って貰えるんだから。」

 そういって高らかに名乗りをあげる。

「わたしはルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール、トリステインの貴族よ!」

 ルイズは『決まった!アンジェリカは賞賛の眼差しでこちらを見てるに違いない』そう思っていたが、

「はい、ルイズちゃんですね」

 現実は違う、感情の起伏がないような、機械的に微笑を浮かべていた。

「ルイズちゃんって何よ!ともかくあんたはわたしの使い魔なんだからね!わかった?」
「はい、わかりましたルイズちゃん。あの質問があるんですけど」
「質問?何よ、言ってみなさい」
「貴族とか使い魔とかって何ですか?」
「貴族も使い魔も知らない、メイジって言葉も知らない?」

 ルイズの問いにアンジェリカは知らないと答える。

「まったく、貴族もメイジも使い魔を知らないなんてどこから来たのよ」
「イタリアから来ました。ところでここはどこなんですか?」
「ここはかの高名なトリステイン魔法学院よ。そんなことも知らないなんて、イタリアってどんだけ田舎なのよ」
「まほーがくいん?」
「そう、魔法学院。今日からあんたはわたしの使い魔になってもらうからね。使い魔の仕事については・・・」
「あの、ルイズちゃん」

 ルイズの説明を遮って、アンジェリカが喋る。

「わたし、マルコーさんの所に行かないといけないの。どうやったらローマに帰れますか?」
「無理よ、『サモン・サーヴァント』は呼び出すだけ、元の場所に帰す魔法はないのよ」
「よく・・・わかりません」
「だからどうやったらそのイタリアとかいう場所に帰れるか知らないって言ってるの!」
「そんな、じゃあ・・・!?」

 アンジェリカがルイズに詰め寄ろうとすると、彼女の左手に刻まれたルーンが熱を帯び、彼女に植え付けられた条件付けを侵食する。

―ルイズ・ド・ラ・ヴァリエールの使い魔になれ―

 アンジェリカの条件付けは上書きされた。


 ルイズは突然雰囲気が変わったアンジェリカに慌てて声をかける。

「ちょ、ちょっとアンジェ、大丈夫なの?」

「はい、大丈夫ですルイズちゃん。じゃあ、わたしはルイズちゃんの使い魔になればいいんですね」
「そ、そうよ。でもあんた秘薬とか探したり、わたしを守ったりするのは無理そうだから・・・」

 ルイズは従順になったアンジェリカに驚きながら、一人で呟く。

「ルイズちゃん、どうしたんです?」
「何でもないわ。そうね、あなたにできる仕事といったら、掃除に洗濯、あとはその他雑用ってとこかしら。できるわよね?」
「はい、そのくらい公社でもやってましたから」

 公社とは何だろうか、疑問に思ったがまた後で聞けばいい、ルイズはそう判断した。そうだ、大事なことを忘れていたと、アンジェリカに一つだけ言っておかないと。

「ねぇ、アンジェ。さっきからルイズちゃん、ルイズちゃんって、少し馴れ馴れしいわよ。ちゃんとご主人様とかルイズ様とかにしなさいよ」
「はい、わかりましたルイズさん」

 大して変わってない気がするが、これ以上は何を言っても無駄かも、そう思い話を打ち切る。

「しゃっべたら眠くなってきたわ」

 じゃあアンジェは床で寝なさい、そう言おうとしてさっきまでアンジェをベッドに寝かしていたのを彼女は思い出す。いまさら床に寝ろなんて言えない。
ルイズはネグリジェをアンジェに投げ渡す。

「ちょっと大きいかもしれないけど、それに着替えなさい」

 そういうとルイズもネグリジェに着替える。

「着替えた?じゃあ今日は一緒のベッドで寝るのを許して上げる。か、感謝しなさいよね!」
「ルイズさん!ルイズさん!」

 アンジェリカがなにやら興奮している。

「何?どうしたのよ」
「見て下さい、月!月が二つあります」
「それがどうしたのよ」
「トリステインでは二つ月があるんですね。イタリアでは一つしか見えませんでした」

 まだまだ問題が山積しているようだ。

 しかし、ルイズは睡魔に負け、早々に眠りについてしまった。

「あれ?ルイズさんもう寝ちゃったんですか?じゃあ私も寝ちゃいます。お休みなさい」




Episodio1

Il mio nome e Anjelica
私の名前はアンジェリカ


新着情報

取得中です。