あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

蒼炎の使い魔-02

カイトは急速な勢いで波に飲まれていた。
その激しさに自分のデータを改変することもできなく彼はなすがままにされていた。
そうしているうちに、

ズキッ

カイトの身に変化がおきた。
「それ」は何かわからなかった。
しかし、

キモチワルイ

感じるはずのない不快感を彼は抱いていた。

そして、

「ツカマエタ…」

カイトは無機質な声を聞いた気がした。

流された先に突如光が出現し、
それに包まれ「蒼炎」のカイトはこのハルケギニアに召喚されたのだった。


「そいつほんとに平民?」
「さすが「ゼロ」が呼んだ使い魔だな」
彼らはカイトを見た後ルイズに皮肉を送った。
そう言われるのも無理はない。
ゾンビのような体、ギザギザの歯、何も写していないような瞳。
呼び出されても深いため息のような言葉しか話さない。
一瞬視線が合った生徒は軽くびびっていた。

「もう一度召喚させてください!」
ルイズはカイトが何も反応しない事に業を煮やし、
近くの教師、コルベールに再召喚の許可を求めた。
しかし、
「それはだめだ」
彼は言う、「伝統だ」「例外はない」と。
そして、「早く契約をしろ」と彼女の訴えを却下した。

「早くしろよー、ゼロのルイズー」
周りの生徒も彼女をせかす。

ルイズは彼らを睨んだが自分のせいで時間が押しているのも事実。
意を決してカイトの方を向き、
「あんた感謝しなさいよ。貴族にこんなことされるのは一生ないんだから」
そういって、辺りを見回していたカイトの顔をつかんでキスをした。



キス自体は一瞬だったが、
「!? ガアアアアアアア!」
次の瞬間カイトの左手に焼きつくような痛みが発生する。
カイトは跪き、左手を押さえていた。
「ルーンが焼きついているだけよ。すぐに終わるわ」

確かに痛みはすぐに治まった。
カイトは左手を見ると、何か記号が刻まれていた。
「ちゃんとコントラクトサーヴァントは成功したようだね」
コルベールがそう言い、珍しいルーンだと小さく呟いた。

召喚はルイズで最後だったので周りの者は自らに魔法をかけ、宙に浮いた。
「お前は歩いて来いよ」
「フライも使えないんだもんな、ゼロのルイズ」
彼らは笑いながら学校のほうに戻っていく。

ルイズは八つ当たり気味にカイトに怒鳴り散らした。
「あんた何なのよ!」
「ハアアアアアア…」
「何かほかにいえないの!?」
「ハアアアアアア…」
「もういいわ…。とにかく部屋に戻るわよ」
早歩きでその場を去ろうとするが彼はついて来ない。
「早く来なさい!!」
そう怒鳴られカイトは自分が呼ばれていることを知った。
少し間をおいた後彼女の元に向かう。

宙に浮いて。

「って、何であんた飛んでんのよーー!?」

こうして「ゼロ」と「蒼炎」の奇妙な主従関係が作られた。


新着情報

取得中です。