あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

『使い魔くん千年王国』 第一章 召喚


人間には奇形というのがあるが、精神的奇形だってあるはずだ。
釈迦やキリストにしても、二千年たってもそれ以上のアタマの持主が現れないところをみると、
大きな天才とは精神的奇形児でアル、という見方ができるかもしれない。

いまここに、人類がかつて生んだことのない頭脳の持主が現れて、
一万年に一人しか理解できないといわれるユダヤの古書をひもといて、
その文字の裏側にかくされた『悪魔を呼び出す術』にふけっていたとしたら、どうであろう。

…………………………………………………… 

我が『悪魔くん』がそうなのだ…………


ここは、ハルケギニア大陸のトリステイン王国にある、トリステイン魔法学院の広場である……

「エロイムエッサイム、エロイムエッサイム、我は求め訴えたり!
 朽ち果てし大気の生霊よ、眠りから覚めよ!
 気体より踏み出でて、始祖ブリミルの名の下に行う、我が要求に答えよ!!」

ルイズは渾身の、最後の力を振り絞って、
『使い魔召喚(サモン・サーヴァント)』の儀式に臨んでいた!
100回を超える失敗爆発のため、その身には無数の生傷が刻まれ、血と汗と泥と涙に塗れていた……!
その甲斐あってか、とうとう失敗ではなさそうな魔法の反応が現れたのだ!

円形の魔法陣の中の大地は、ドロドロの溶岩のように廻り出した!
大地は鳴動し、生臭い空気は一面にたちこめた!
おお見よ! ルイズの大いなる『霊波』は、はるか異次元の彼方の地球と呼ばれる星の上で、
反応を示したではないか!!

(バオ―――――ン  ンゴ―――――ッ)

「宇宙の果てのどこかにいる、私の下僕よ!強く、美しく、そして生命力に溢れた使い魔よ!
 私は心より求め、訴えるわ! 我が導きに応えなさい!」

(バア――――――――ン)

突如、閃光が周囲を包む。そして最後のチャンスであった103回目も、いつものように爆発する。
だが、そこには確かに何かがいた!
そこに横たわっていたものとは―――――


「あっ!」「ぎょっ」「うわっ」「なんと」

ただの人間の、平民の子供だった。せいぜい7~8歳の男の子。
気絶しているらしいが目立った外傷はない。
黄色と黒の横縞模様という妙な服に、膝上までしかない半ズボン。
灰色の短い髪は頭頂部でピンと立ち、
いわゆる(我々の世界での)キューピー人形を思わせた…。
大きな垂れ目を閉じた顔つきも美少年というには程遠く、額は広く鼻は低い。
むしろ不気味でさえある。

「おい、こりゃあどうした?」
「ははははははははは、さすがは『ゼロのルイズ』だね」
「平民の子供を従者にするのかい?」
「どこに隠しておいたんだ?」
「けけけけけけけけ」「いひひひひひひひ」「ははははははははははは…」
先ほどまでは固唾を呑んでいた、無知なる群衆の嘲弄がルイズを責め苛んだ……!

「ミスタ・コルベール! やり直しを! もう一度、もう一度召喚させて下さい!」
「それは駄目です、ミス・ヴァリエール。
 確かにサモン・サーヴァントで人間を呼び出したのは前代未聞ですが、
 彼があなたに召喚されたことには変わりがない。
 一度召喚されたものを一生の使い魔とする、その神聖なる伝統を、曲げるわけには行きません。
 さぁ、『コントラクト・サーヴァント(契約)』をしてしまいなさい」
教師のコルベール(禿頭)は無情にもそう告げた…!


(ああ… 同級生はみな使い魔召喚に成功し、進級を決めている…
 私もさっきまでは…強く、美しく、そして生命力に溢れた使い魔を求めていた… だが、
 その期待はうばい去られてしまったのだ… このクソガキに)
(キュルケがサラマンダーを呼び、タバサが風竜をあて、ギーシュさえもがモグラを召喚できたこの日に… 
 私は100回も失敗した末に、平民の子供を召喚してしまいましたといったところで…
 誰が耳をかたむけてくれるのだろう)
(おそらく、あの善良なアンリエッタ王女サマだって、信じては下さるまい)
(ああ、もうこれ以上、ああ…考えるのはよそう)
「悲劇だわ…!!」

他に選択肢はなかった。ルイズは少年の傍らに近寄り、契約の呪文を唱えた。
「我が名はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。
 五つの力を司るペンタゴン。この者に祝福を与え、我が使い魔となせ」

自分の年齢の半分程度しか生きていないような、ただの子供だ。
男とはいえ、ファーストキッスとしてはノーカンだろう。
ノーカンだノーカン。
仕方ないのだ。これから下僕としてこき使ってやろう。
かわいそうだが、いっそ死んでしまえばもう一度、まともな使い魔が呼べるかもしれない…。

だが、誰がこの時分かったであろう。
この小さな子供『悪魔くん』こそ、「一万年に一人の大天才」にして「東方の神童」そして「メシア(救世主)」であり、
ハルケギニア全土をも揺るがしかねない「革命児」であるということを……!!

(つづく)

新着情報

取得中です。