あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

アーカードはそこにいる-6

「馬鹿な………こ、こんな事が……」

呆然としていたギーシュが漸く口を開く。
尤も、呆けていたのはギーシュだけではない。
広場に集まっていた生徒達は、皆一様に言葉を失っていた。
彼らの目に映っていたのは、尻餅をついている情けないギーシュと。
そのギーシュに杖を突きつけているルイズの凛々しい姿だった。

ルイズはまともに魔法を使うことが出来ない。が、それだけで周囲から馬鹿にされ続けてきた訳ではない。
そもそもルイズは、この学院でもトップクラスの出自を誇っている生徒なのだ。
本来ならばおいそれと馬鹿になど出来ない程の。
ルイズ自身の態度もまた、良家の子女に足る堂々としたものだった。
貴族とは、親しい相手でも無い限り先ずはその家名を見るものである。
ある者は羨望の。ある者は憧憬の。ある者は嫉妬の。ある者はそれらが綯い交ぜになった視線を向け。
当初はどの生徒達も畏まった態度でルイズに接していた。

魔法を使えないということが判るまでは。

魔法というのは貴族の代名詞のようなものである。
それを使えるかどうかという一点こそ、貴族と平民を隔てている絶対的な差。
此処トリステインにおいては、そうした考えが一般的である。
にも拘らず、貴族の鑑たるべ名門ヴァリエール家の息女が魔法を使えない。
何をしても。何度やっても。起こるのはいつも爆発だけ。
コモンマジックも使えず、自分の系統すらわからない。
その様を見た生徒達は誰もがこう考えた。
彼女は魔法が使えない欠陥メイジ。
この学院への入学は、気位が高いだけでなんの役にも立たない彼女の扱いに困ったヴァリエール家による体の良い厄介払いなのだろうと。


ともすれば他者に対して高圧的な印象を与えかねないルイズの振る舞いは、もともと周りの生徒達に良い印象を与えてるとは言い難かった。
その上で彼女の抱える致命的な欠陥を知った生徒達の態度は、180度一変することになる。
ヴァリエールの家名は恐ろしいが、所詮彼女は家から見捨てられた存在。
そう思い込んだ生徒達には最早、怖いものなど無かった。
ルイズにとっての不幸は、周囲が思っている以上に彼女が強かったことだろう。
確かに魔法が使えないということはヴァリエール家にとって望ましくないことではある。
が、だからこそしっかりと魔法を学ぶ為に学院へと入学したのであって、別に実家に見捨てられた訳ではない。
恐らく早い段階で彼女が実家に泣きついていれば、周囲の雑音は当の昔に消えていたに違いない。
だがしかし、彼女の高い自尊心がそれを許さなかった。
ルイズは魔法が使えない自分を恥じた。魔法が使えない自分を許すことが出来なかった。
己への試練として。戒めとして。そして罰として。

ルイズは自らの意思で侮辱の言葉と軽蔑の視線が纏わりつく茨の道にその身を晒したのである。

彼女は耐えた。時に声を上げて反発し。時に枕を涙で濡らし。
彼女は耐えた。失敗を繰り返し。その度に勉強に打ち込み。
彼女は実によく耐えた。結果としてそれが周囲の増長を煽る事になっても。
ルイズの顔から誇りが失われることは只の一度もなかった。

何時からだろう。
そんなルイズの姿を美しいと思うようになったのは。
此処に来て以来、他人に興味を持つことは殆ど無かった。
自分の中にあるのは、母を助けたいという思いと。
その為に強くなりたいという意志。
キュルケは大切な友人には違いない。が、彼女は例外的な存在でもある。
他の一切に興味は無かった。無かった筈なのだけど。
自分と同じような孤独の只中にいることを望んだ彼女に私は。
何時からか一方的なシンパシーを感じるようになっていた。


そんな彼女が決闘をするという。相手は青銅のギーシュ。
どうやら振られた腹いせに平民に八つ当たりしていた所を、ルイズに『上から』諭されたのが気に喰わなかったらしい。
気が動転していたのだろうが、それにしてもそんなくだらない理由で決闘とは。呆れてものも言えない。
しかし、暇を持て余していた多くの生徒達は格好の娯楽だと思ったようだ。
ギーシュとルイズに続き、ヴェストリの広場へ移動していく。

たかだかドットとはいえ、ギーシュは『真っ当な』魔法を使うことが出来るメイジだ。
錬金はそれなりのレベルだし、彼の作る青銅のゴーレムもそこそこの出来。
例えば、魔法の使えない平民程度がどうこう出来る程度の代物ではない。
『魔法の使えない』ルイズに勝ち目は無いと誰もが考えた。
つまりこれは、決闘という名を借りた一方的な私刑。
殆どの生徒が無様に負けるルイズの姿を期待していた。
隣に居るキュルケはルイズの負けを願っている訳ではないが、それでもルイズが勝てるとは思っていないのだろう。
沈鬱とした面持ちで広場へと向かう。
だが―――だが果たして、本当にルイズが勝つ手段は無いのだろうか。
否。断じて否。
もし自分なら。そう考えて直ぐに結論が出た。
もし自分が彼女の立場なら、簡単に勝つことが出来る。
問題は一つ。彼女が自分の魔法の特性に気付いているかどうかということだけ。
そしてルイズなら。誰よりも深く己の内面を見つめ続けてきたあのルイズなら。
きっと気付く筈。

広場の中央では二人が対峙していた。
一方には得意気な顔でギャラリーに応えるギーシュ。
そしてもう一方にいるルイズの手には、そこらで拾ったものらしき一つの石が握られていた。
それを見て確信する。
やはり彼女は気付いていた。
であれば、最早この決闘は。

「ルイズの勝ち。」


「え?」

隣に立っていたキュルケが、目を見開いてこちらを見る。
普段の彼女からは想像し辛い、実に子どもっぽい表情。うん、これも良い。
…………私は何を。さっきの抱擁でまだ動揺しているのだろうか。

「ルイズの勝ちってそんな……タバサ。彼女はろくに魔法も―――」

すっかり悲観的になっているキュルケに説明する。
ルイズの魔法は全て爆発という結果に至る。だが、それらは同じではない。
『どこが爆発するか』という点で二種類に分けることが出来る。
一つは、何も無い空間に何かを発現させる様な魔法。
例えばキュルケが得意としているファイアーボールをルイズが唱えた場合は、彼女の杖が向いている方向のどこかがランダムで爆発する。
これまで見てきた限りでは、爆発させるポイントを正確にコントロールできる類のものではなさそう。
もう一つは、何がしかの物体ないしは人間に直接作用するタイプの魔法。
例えば今日の授業中に行った錬金では、それを受けた石が爆発した。
こちらは、その対象を直接爆発させることが出来る。
つまり、使う魔法によっては爆発をある程度コントロールすることが可能になる。
彼女が石を持っているというのは、その特徴を理解している何よりの証拠。だがそれだけではない。
彼女の魔法の威力。正直アレは凄い。
教室一つを簡単に吹っ飛ばせる程の魔法を使えるものなど、教師の中にもそう多くはないだろう。
どう考えても、ギーシュ如きが太刀打ちできる威力ではない。
彼女はそれを自覚しているからこそ、わざわざ石を拾った。
例えば直接ギーシュにレビテーションをかければ、それでも勝負は終わる。
だが、それでは恐らくギーシュは途轍もない大怪我を負う。
あの石を爆発させれば、その爆風だけでも十分すぎる程の威力になる。
言ってみれば、あれはルイズの優しさ。

ルイズは自分の魔法も理解しているし、ギーシュの魔法も知っている。
対してギーシュは自分の魔法しか知らない上に、ルイズの事を舐めきっている。

「ルイズが勝つのは最早自明の理。」


説明が終わると同時に、大きな爆発音が響いた。
余裕綽々といった様子でギーシュが出した一体のワルキューレが、ルイズの石の爆発に巻き込まれ無残に砕け散る。
同様に巻き込まれたギーシュはいとも簡単に杖を落とし、勝負は一瞬でついた。
ルイズが淡々と、しかしハッキリと告げる。

「私の勝ちよ。」

ギーシュは何が起こったかさっぱり理解できていないようだ。目の焦点が合っていない。

「ま、これに懲りたらもう二股なんてしないことね。シエスタ―――あのメイドにも謝っておきなさいよ。」

そう言って踵を返すルイズ。その姿は貴族としての威厳に満ちていた。

「……そん…とめら……なこ…る筈……」

ギーシュはまだ呆けていた。何やらブツブツと呟いている。

「僕が……ける……ルイズに……」

よろよろとした動作で漸く立ち上がるギーシュ。
その手には、いつの間にか落としていた筈の杖が握られている。

「……僕がゼロのルイズに負ける筈がない…そんな馬鹿なことが……そんな馬鹿げたことが……!!」

徐々に言葉に力が込められていく。その体はブルブルと震えている。

「あってたまるかあああああ!!!!!ワルキューレェッ!!!」

ギーシュはそう叫ぶと同時に、杖を振って三体のワルキューレを作り上げる。
何事かと振り向くルイズ。
そして戦乙女達は、あっという間にルイズに追いつくと。
あろう事か、その硬い青銅の拳で、ルイズを思いっきり殴りつけたのだ。


完全に虚を衝かれ、為す術も無く攻撃を受けるルイズ。
悲鳴を上げて地面に叩きつけられる。

「なっ………」

余りのことに開いた口が塞がらなかった。
何と言う暴虐。一度決闘に負けた相手に襲い掛かるとは。
それも背後から不意打ちなど。最悪死んでいたかもしれない。
急激に目の前が紅く染まっていく。頭の中が今にも沸騰してしまいそうだ。
これはもう卑怯とかいう次元ではない。
貴族として。それ以前に人として。いや、それでもまだ温い。
今其処に立っているのは、ギーシュ・ド・グラモンという名の貴族の皮を被った。
救いようの無い只の屑だ。

「ルイズッ!!」

彼女の名を叫んで走り寄るキュルケ。
ルイズは既に意識を失って昏倒している。

「ハハッ……ハハハハハハハハッ!!そうだ!!僕がゼロのルイズなんかに負ける筈が無い!!ハハハハハハハハハハハハッ!!!!」

耳障りな笑いを続けるギーシュ。
その声を聞いていると、次第に頭の奥が冷えてきた。
そうだ。激情にに身を任せるのは賢い行為ではない。
こんな時こそ冷静にならなければ。
心を鎮めて。落ち着いて。静かに。淡々と。
いつも通りに。自然に。さりげなく。
あの屑を壊してしまおう。

そう思って足を踏み出したその時。
何の前触れも無く、急に辺りが霧に包まれた。


「これはこれは………随分と愉しそうな事をしてるじゃあないか……」

どこからとも無く聞こえてくる声。それはさながら極大のブリザードのように全ての人間を凍りつかせる。
先程から狂ったように馬鹿笑いを続けていたギーシュも。
そして今まさに動き出そうとした私さえも。

「流石は貴族……背後から不意打ちとは恐れ入る……」

霧が広場の中央に集まっていく。皆の視線が集まる。

「私の名はアーカード……はじめまして、貴族の坊や…」

そして霧が完全に晴れた時。そこには。

「そしてさようならだ。貴様は私の主を殺そうとした。」

背の高い、妙な色に光る眼鏡をかけた男が独り立っていた。
その男は自らの腕を交叉させ、逆十字を造り。
一際響く声で目の前のギーシュに告げた。

「おまえ生きて此処から帰れると思うなよ。ぶち殺すぞヒューマン!!」

新着情報

取得中です。