あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの使い魔・ブルー編-19

ささやかな、とは言われていたが。
そのパーティは終わりに瀕している国で開かれている物とは思えぬほど、華やかな物であった。
いや、終わりだからこそ、華やかなのかも知れないが。
玉座に座っていた王、ジェームズ一世が立ち上がろうとしてよろける。
そこら中から失笑が漏れる。

「陛下!お倒れになられるのはまだ早いですぞ!」
「そうですとも!明日まではお立ちになって貰わねば我々が困る!」
「あいや各々がた、少し足が痺れただけじゃ」

ウェールズに支えられながら立ち、ジェームズ一世は言う。
彼がよろよろと姿勢を正すと、ホール中の人間もそれに習う。

「諸君、忠勇たる臣下の諸君に告げる。いよいよ明日、
 このニューカッスルの城に立てこもった我ら王軍に、
 反乱軍『レコン・キスタ』の総攻撃が行われる。この無能な王に、諸君らはよく戦い、従ってくれた。
 しかしながら、明日の戦いはこれはもう、戦いではない……。
 恐らく一方的な虐殺となるであろう。朕は忠勇な諸君らが傷つき、斃れるのを見るに忍びない。
 従って、朕は諸君らに暇を与える。長年、よくぞこの王に付き従ってくれた。厚く礼を述べるぞ。
 明日の朝、巡洋艦『イーグル』号が、女子供を乗せてここを離れる。
 諸君らも、この艦に乗り、この忌まわしき大陸を離れるが良い」

沈黙していたその場に、誰かは解らぬが、大きな声が響く。

「陛下、陛下!我らがお待ちしているのは
 突撃せよと、敵を討ち果たせと、この命をかけるに相応しき号令でございます!
 はて、酒のせいか、我々はそれ以外の言葉が聞こえぬほど酔っておるようでしてな!」

その声に、黙り込んでいた者も続く。

「そうですぞ陛下!今の言葉、私には訳のわからぬ呟きにしか聞こえませんでしたぞ!」
「耄碌するには、少々早いですぞ!」

ジェームズはその言葉に涙しそうになるが、手でそれをぬぐい、杖を掲げると叫ぶ。

「よかろう、しからば、この王に続くがよい!
 さて、諸君!今日は良き日だ!共に歌い、飲み、踊ろうではないか!」

喧噪に包まれる場ではあった。
彼らは陽気に話し合い、食べて、踊り、笑っていた。
だが、彼らが死に直面していると考えると、それらは悲壮感を帯びる。
それなのでルイズは、明るく話しかけてきたり、料理を勧めたり、
冗談を言ってくる彼らを見ていることが出来ず、その場を逃げるように去った。
皆がパーティに出ているためか、城の中はひっそりとしていた。
遠くからパーティの喧噪は聞こえてくるが、
それはルイズが今歩いている廊下の静けさを引き立たせているように思える。
はたと立ち止まり、窓から空を見上げる。重なった月。
美しいものなのかも知れないが、今のルイズにそのような感傷は浮かばなかった。
だが、聞こえてきた足音に振り返る。ギーシュだった。

「ギーシュ?」
「やあ、ルイズ。奇遇だね」

ルイズは再び月を見上げる。
視線を月に固定したまま、居るであろう視界の外のギーシュに話しかける。

「いやだわ……なんであの人達、死を選ぶの?解らない。
 ウェールズ様も、姫様の気持ちを解っているはず。なのに……」
「『命より名を惜しめ』ってね」

ギーシュが返してきたが、視線は逸らさない。

「父上からよく言われている。ああいうことだろうね。
 もっとも、彼らが守りたいのは名ではないようだが」
「解らないわよ」

ルイズは視線を動かす。ただ、何かに向けたのではなく俯いたのだが。

「解らないわよ……そんなこと。愛する人を捨ててまで守ることなの?」
「そうしてるから、そうなんだろうね」

ギーシュはルイズを見つめ直す。
泣いていることに気付いた。

「ルイズ……泣いているのかい?」
「……そうよ、悪い?」

取り敢えず最寄りの港に着いたブルー達は、ルイズ達を探していた。
しかし、何処を探しても見つからない。
一度集まって今後の行動を話し合う。

「もう先に行ったのかしら?」
「多分、そう」

キュルケが空を見上げて、欠伸をしてから言う。

「じゃあニューカッスルにいるのかしらね」
「そこにウェールズが居ると言う話だったな」
「じゃあ決まりね、行くとするわよ」

と、キュルケがタバサの方を見ると、竜の姿はなく、
犬っぽい何かがタバサの頭の上に乗っていた。

「あれ?タバサ、竜は?」
「目立つ」
「……じゃあ歩きね」

一行が立ち上がり、ニューカッスルへの路の方へ向く。

「ん……?またか」
「ダーリン?」
「また目が霞んだ。寝てないからか?」
「……そうね、寝てないのよねー」

一瞬何かが見えた気もしたのだが、
取り敢えずは、ブルーは先に進むことにした。
タバサ達もそれに続く。

「ルイズ、子爵に結婚を申し込まれたんだって?」
「え――?」
「子爵から聞いたんだ、明日結婚式を開くんだろう?
 僕からも祝福させて貰うよ」

ルイズは今初めて聞く事実に驚いた。
確かに、あのときは肯定と取れなくもない返事をした気がするが……
彼のことは憧れの対象だし、むしろそれは望むべき事のはずなのだが。

「まぁ、今日は早く寝たまえ。明日は大変な一日になりそうだからね」
「……解ったわ」
「僕も出席させて貰うよ。それでは、また明日会うとしよう」

ギーシュが立ち去っていく。
ルイズは、月を見上げる。
ウェールズの事や、アンリエッタのことや、明日死ぬであろう人達の事は――
心の隅にはあったが、考えているのは別のことだった。
ワルド子爵。
子供の頃憧れて、今だその対象にある彼。
あの池の小舟から、自分を救い出して、抱き上げてくれる人。
だが、何かが引っかかるのだ。
何がだろう?よくわからないが、何かが引っかかるのだ。
そう、自分は、まだ――……

「私は――……」
「ルイズ、僕のルイズ。こんな所にいたのかい?」
「……ワルド様」
「ルイズ、所で明日――」
「ギーシュから聞きました」
「そうか。受けて貰えるね?」

ルイズは答えない。
その様子を見てワルドは肯定と取ったのか、立ち去っていく。
ルイズは、月を見つめていた。

「……命をかける程のことなの……?」

「もう明るくなってきたわねー」

ルージュ達はまだ歩いていた。
何回か休憩を取っていたため、少々遅れたが、
少し長めの丘を越えるとニューカッスルの城が見え始めた。

「あれねー……って、通れそうにないわね……」

丘の上から見下ろすとよくわかったが、
ニューカッスルの城は幾万とも思えるの軍勢に囲まれていた。
『レコン・キスタ』だろう。

「確かニューカッスルには1000も兵がないという話だけど」
「そうね、ちょっとやりすぎな気もするけど……」
「近づけない」
「困ったわねー」

キュルケが腕を組んで考え込む。
ルージュは目をこすった。

「またか……?」
「少し休んだ方が良いわねー。
 どのみち通れそうにないし」
「いや、これは―?」
「どうかしたの?」

目の前に広がる景色はニューカッスルの城と、それを囲む大軍であるはずである。
そのはずなのだが。
ルージュの目には、違うものが映る。

「子爵とギーシュが見えるよ」
「え?何で?」
「ルイズの視界かも知れない」

使い魔を頭に乗っけたままのタバサが呟く。
このままずっと歩いてきたというのに、余り疲れてるようには見えない。
見えないだけで疲れてるのかも知れないが。

「使い魔は主と感覚を共有する。
 なら、見えてもおかしくない」
「だけど、今まではこんな事無かったよ?」
「何が見えるの?」
「……礼拝堂……かな、これは」

「では、式を始める」

ルイズは白い衣装に身を包んで、ワルドと共に並び、立っていた。
白い衣装はアルビオン王家から借り受けた、美しいものであった。
しかし、それを纏う者は無表情。
それは空虚じみたようにも、どこか達観したようにも、
何かを決心したようにも見える。
王子が詔を上げる。だが、ルイズは聞いていなかった。

「新婦?」

その声に、ルイズは反応した。しかし、何も解らない。
自分が何を躊躇っているのかも、何をすればいいのかも、何も解らない。
ワルドが話しかけてくる。

「緊張しているのかい?ルイズ。
 まぁ初めての時は誰だって緊張するものだからね」
「まあこれは儀礼に過ぎぬが、それだけの意味はあるのだ。
 では繰り返そう。汝は始祖ブリミルの名において、このものを敬い、愛し、
 そして夫とすることを誓うか?」

どうやら、もう自らが誓いを立てる所まで来てたらしい。
それでも、ルイズは俯いて考えた。
ずっと考えていたら、だんだんと形になってきた。

「ルイズ、気分でも悪いのかい?」

いつの間にか、ワルドが此方の顔をのぞき込んでいた。
ルイズはそれに向き直ると、はっきりと言った。

「ワルド、わたしはあなたとは結婚できないわ」

ワルドはその言葉に固まり、ウェールズは困惑してルイズに聞き返す。

「新婦はこの結婚を望まぬのか?」
「そうです。大変に失礼なこととは成りますが、私はこの結婚を望みません」
「……子爵。残念だが、花嫁が望まぬ式をこれ以上続ける訳にはいかぬ」

固まっていたワルドが、気を取り直し、ルイズに語りかけてくる。

「ルイズ、緊張しているんだ……そうだろう?」
「違うわ」
「なら何故……そうか、彼かい?」
「え?」
「彼だ、君の使い魔の――」
「…………」

そうだ、考えていた。彼は、何故あそこで留まったのだろうか?
キュルケも、彼と共に残った。あのゴーレム相手に、たった二人で。
死ぬのが怖くないのだろうか?
この城のみんなも、何故自ら死にに行くのだろうか?
それほどまでして、守ることなのだろうか?
ウェールズ殿下は、アンリエッタ姫殿下の事を大切にしている。
なのに、彼女を置いて死にに行こうとしている。
彼らは、命を捨てる何かがあるのだろうか?
ギーシュが言うには……そうできるのだから、あるのだろうと言うことだ。
ルイズはウェールズに向けていた目を動かし、横にいるワルドを見る。
彼は、自分のために命をかけてくれるのだろうか……?
もしくは、ルイズ自身、彼のために自分さえ捨てることが出来るだろうか?

「彼も優秀なメイジかも知れないが、僕だって」
「そうじゃないのよ、そういう問題じゃ……って、今なんて?」
「いや、彼はメイジだろう?それも、僕より上の『風』の使い手の筈だ。
 あれほど強力な雷は、並の――」
「何処で知ったの?彼は秘密にしてるはずよ」

ルイズは問い詰める。ワルドは、表情を固めさせる。
そして今度は歪める。悪意を持った表情に。

「まさか、こんな下らないことでね……」
「ワルド、あなた一体……」
「君を力ずくで連れて行くのは少々気が引けたのだが、こうなっては仕方がない……」
「一体どういう事だ!?子爵――」

近寄ってきたウェールズの腹に、ワルドは杖をめり込ませる。
そのま呪文を詠唱し、光を纏った杖でそのまま貫き、えぐり込ませた。

「な……貴様……」

ウェールズが倒れるのを確認してから、
ワルドは笑みを浮かべてルイズの方を向く。

「まぁ、幾らでも従えさせる方法はある。一緒に来て貰うよ、ルイズ――」
「ひ――」

ワルドが杖を再び振り上げ、呪文を詠唱する。

「『ライトニング・クラウド』」

雷光がルイズに向けて迸る。
だがそれは、途中で現れた人影に遮られる。

「……ワルキューレ?」
「なんだかよくわからないが……」

声のした方を振り返ると、今まで黙り込んでいたギーシュが、居た。
細剣を右手に、杖を左手に構えている。ワルキューレが一体傍らに立っている。
先ほどのと合わせて二体と言うことだろうか。
ギーシュは、いつもの芝居がかった様子は無いが、
むしろ普段より格好が付いた状態で言った。

「僕の友人に手を出させはしないよ」


新着情報

取得中です。