あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

使い魔のゼロ 番外編

番外編 ゼロのアドベント(召還)

ギーシュは混乱していた。
自分はゼロのルイズの呼んだ、
礼儀を知らないグレイとか言うただの平民に、
ちょっと礼儀というものを教え込んでやろうと決闘を申し込んだだけだった。
なのにそいつは喋る変な石を出して叫んだたかと思うと変な形の赤いよろいを着込んでいた。
そして手に持った変な形のものをワルキューレたちに向け、光を当てたかと思うと何かが発射され、
全てのワルキューレを一度に破壊したのだった。
完全なる敗北。ギーシュはそれを悟った。
そして同様にギーシュの頭脳は、いや、本能がおやくそくとして悟っていた。
これからなすべきことを。
ギーシュはいきなり土下座したのだった。某あきらめの悪い科学者のように。
だがこれで終わりではない。彼はきっと帰ってくる。何度も何度も懲りることなく。
この土下座をしていたもののように、必ず、きっと。

新着情報

取得中です。