あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ルイズのおとーさん-12

深夜、宝物庫の扉の前に1人の人影がありました。
巷を賑わしている盗賊、『土くれのフーケ』その人でした。
「物理攻撃が弱点ねぇ・・・冗談じゃないわ。こんなに厚かったら、私のゴーレムで殴ったところで、 どうにもならないじゃないの!」
フーケはミス・ロングビルとして、コルベールがら、さりげなく宝物庫の弱点を聞き出していました。 あらかた聞き出した夜、意気揚々と宝物庫の前まで来ましたが推定5メイルの厚さの壁の前で毒づいていました。
物理攻撃が弱点と聞いていたのですが自分のゴーレムの力では短時間でヒビすらつけられそうにありません。 フーケは頭を抱えていましたが、 あることを思い出してニヤリと笑いました。
「ミス・ヴァリエールの使い魔、あの力を利用できれば・・・」
『土くれのフーケ』はおし殺した様な笑い声を出しながらその場を後にしました。



おとーさんが召喚されてから一ヶ月位たちました。
ルイズ自身気がついてないようですが、大分穏やかになっていました。その理由として、まず生徒達からゼロと言われることが減ったというのもあります。
先日のギーシュとの決闘でおとーさんが凄まじく強いことを生徒達も知っていたからでした。
しかし、おとーさんはその後ギーシュ発の噂のおかげで特に女子(貴族・平民拘らず)から人気でしたし元々あまり喋りませんが面白い行動をしますので恐れられる事はありませんでした。
また、生徒達は知りませんが使い魔なのに娘と思って接しているおとーさんにルイズも心を許し我侭も影を潜め素直になっていました。魔法が使えないのは相変わらずでしたが・・・
「あらルイズ。今日も仲良いのねぇ」
手を繋いで歩いているルイズとおとーさんにキュルケが声をかけます。
「そう?使い魔と仲良くするのって良い事じゃない?」
ルイズは怒るでもなく恥ずかしがるわけでもなくごくごく普通に答えていました。肩透かしを喰った形のキュルケでしたがその後のルイズの言葉に戸惑いました。
「キュルケの方こそ最近フレイムと一緒の所見ないけど仲良くしてるの?」
「う、うちは放任主義だからいいのよ」
「たまには可愛がらないとすねちゃうわよ~」
ルイズはそう言うとおとーさんとどこかへ行ってしまいました。
(あの娘、前は自分の事で精一杯見たいに力んでたのに・・・周りが見えるようになってるじゃない。あの使い魔を召喚出来たのはルイズにとって良かったみたいね)
キュルケはそんな事を考えながらフレイムを探しにいくのでした。



虚無の曜日恒例となったシエスタとコック長のマルトーの『特製デザート』に舌鼓を打ったルイズとおとーさんは腹ごなしに散歩で学院内を歩いていました。
それは、調度宝物庫がある塔の前でおこりました。突然地面が盛り上がると巨大な土のゴーレムになりました。土のゴーレムはルイズ達を見つけると腕を振り上げ攻撃してきました。
「きゃぁぁぁ」
突然の出来事に吃驚して悲鳴を上げるルイズを抱き寄せたおとーさんはそのまま横へと飛ぶのでした。土のゴーレムの攻撃をかわしつつ遠い間合いを取る位置まで来たルイズはおとーさんに下ろしてもらい杖を抜くのでした。
「間違いなく、世間を騒がせてる『土くれのフーケ』だわ」
土のゴーレムの肩に立っている人影を見ながらルイズはそう言いました。
「おとーさんお願い!!私が魔法で援護するから!!!」
ルイズの言葉におとーさんが頷いた時、左手のルーンが輝き始めました。あの時の鎧が出現しおとーさんの身体を包み込みます。

【重装陸戦おとーさんα】

おとーさんは自分よりも大きな土のゴーレムを殴りつけ脇の部分を破壊します。しかし、破壊したそばからすぐに再生されていきます。土のゴーレムもおとーさんを殴りますが多少後ろに下がるのみで傷などはついてないようでした。
一進一退の攻防の中でフーケは舌打ちをしていました。おとーさんに壁を殴らせ壊させようと考えていたのですが思っていたよりもおとーさんが小さく目標の壁に届かないことでした。
その時ルイズは詠唱を終え土のゴーレムに当てるために狙いを定めていました。
間違えておとーさんに当てないためでしたが、運良くおとーさんが土のゴーレムから攻撃を受け後ろに下がり離れました。

「ファイアーボール!!」
ルイズ渾身の魔法は失敗し爆発しました。しかも運が悪いことに土のゴーレムではなく後ろの壁が爆発してヒビが入っています。フーケがそれを見てニヤリと笑いました。
(予定とは違うけど結果オーライってやつかねぇ)
フーケは土のゴーレムにヒビが入った箇所を殴らせて壁に穴を開けると素早く中に入りました。ルイズとおとーさんが呆然としていると中からフーケが箱を持って出てきました。
「ありがとよ、お嬢ちゃん。お礼に土くれをくれてやるわ」
そう言うと土のゴーレムをルイズに向けて倒れさせました。咄嗟におとーさんがルイズと土のゴーレムに割って入り、ルイズは目を瞑りました。
ルイズが目を開けると空中にいました。タバサのシルフィードに掴まれて助けられていたのでした。
「ルイズ面白そうな事してるじゃない」
キュルケが上から声をかけます。
「キュルケ!!どうして??」
「あんなに大きな音してたら誰だって気がつくわよ。ね~、タバサ」
タバサは無言で頷くとシルフィードに命じてルイズを背中に移動させるとフーケを追跡し始めました。
「ちょっと、おとーさんを助けないと」
ルイズが叫びます。おとーさんは土のゴーレムの下敷きとなり埋もれていましたがタバサが冷静にいいました。
「おとーさんなら大丈夫」
キュルケも続けます。
「あなたの使い魔があれしきの事でくたばったりしないわ!それよりあんな目にあわせた盗賊を捕まえないとね」
ルイズが心配そうに振り返る中、三人は空から追跡するのでした・・・・

新着情報

取得中です。