あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロのトランスフォーマー4

スタースクリームF-22形態に乗る、と言うより跨るルイズは、行き先を指差しながら空の旅を楽しんでいた。
飛行速度はそれ程でなく、体中に当たる風が気持ちいいくらいである。
一応、スタースクリームは飛行速度を、マッハ2以上まで出せるのだが、この状況でそれをやると、
ルイズがえらい事態になるのは召喚された当日に経験済みなので、さすがに気を使っている模様。
眼下に見える森や川、草原と、次々に変わりゆく景色…。馬車では絶対にありえない体験に、
ルイズは子供の様にはしゃいだ。実際、大人と呼べる年齢でもないが。
間もなく、彼方に大きな城が見え始め、さらにその城下町も確認できる。
あれが今日の目的地、トリステインの城の城下町、トリスタニアだ。
町に着いたスタースクリームは、着陸はせずに、町の上空約20メートルでホバリング飛行し、
ルイズは路地裏にある目的の武器屋を探すため、目を凝らし下方を見続ける。

「あった、あそこに降りて」
とルイズが指差す場所へ、周りの建物に注意しながら垂直着陸するスタースクリーム。
元来、F-22には出来ない動きなのだが、これもスターの成せる業である。
着陸すると、まずルイズがスターから降り、その後人型形態へ変形する。
目の前にある店はこじんまりとしているが、どうにか入れそうであった。

「いらっしゃ…おぉっと」
店の奥で暇そうにしていた店主は、入店して来た2人の客を見て驚く。
1人目の女はトリステイン魔法学院の制服を着ているな。つまり貴族か、がっぽり儲けれそうだぜ。
その後ろの…なんなんだありゃ? でかっ。おい待てよ、店の天井に穴を開けたりはしないよな…。
ん、ギリギリ大丈夫か。
と、瞬時に来客の情報を察知し、さっそく商売へと移る。

「へへへ…本日は何をお求めで?」
「後ろにいるこの使い魔の武器を。なるべく大きなのがいいわね」
天井すれすれの位置から店主を見下ろすスター。
確かに、この大きさだと並の大きさの武器では小さすぎるだろう。
すると、高級でも1メイル級の武器は売りつけられないか。
そう判断した店主は、店の脇にあった大箱を開けた。

「これなんかどうです? この店一番のでかさ、2.5メイル級、切れ味抜群の純銀アックスでさぁ」
2.5メイル。スタースクリームの人型形態時より、若干小さい程度。

「ちょっと大きすぎるわね。それに高そう。最初に言っとくけど、資金は300よ」
「へぇへぇ、さんびゃ……くだとぉ?」
「何よ」
貧乏人に売る武器は無ぇんだよ! と店主が文句を垂れようとしたその時。

『阿呆、だからこの店は嫌われるんだよクッキャキャキャッ!!』
スタースクリームの発言ではない。店内のどこかからか、甲高く、呂律が超高速な声が喚き立てている。

「じゃかーしー、デル公! てめーは黙っとけ! …えーと、でへへ、しーませんお客さん」
どうも店主が怒鳴ってる相手…樽に他の商品用の剣と一緒くたにされてる、古ぼけた剣が、声の主らしい。

「喋る剣、インテリジェンスソードじゃない! なんでそんなぞんざいに扱ってるの?」
「性格難でさぁ。とりあえず他のお客さんにも興味は持てられるんだけど、その度に喧嘩売ってねぇ」
『クァクァクァ、てめぇの商売方法の糞さを他人にのせいにして誤魔化すなよクキャキャッ』
「あー、こりゃ売れっこないわね、確かに」
『んおっと、だがそこの姉ちゃんになら買われてもいいぜ? かなりの美人じゃねぇか!』
「誰が買ってやるもんですか。
 もう売れるような剣はここにある分しかないの?」
「…ま、一応倉庫にもあるにはありますけどね。使い魔様が入れる広さじゃねぇですが」
「見せて頂戴」

そこで待ってなさいと命令され、コクリと頷き、店の奥に入る2人を見届けた後、店内を見渡すスター。


確か、さっきのインテリジェンスソードとはどれだったか?
似たような剣が多い中、何処にあったかを忘れてしまったが、暫く探す後に該当する物を見つけ、
徐に話しかけた。

『なぁ、その声。まさかとは思うが…お前……フレンジーか?』
『ギクゥ と、突然、な、何の事かなー?』
『自分でギクゥて言うか普通。…その性格、やっぱりフレン』
『クァァ! 解る! 言いたい事はよく解る!! だけど俺ぁ今はデルフリンガーって名なんだ!
 ここでは前の名前はとっくに捨てた。そこんとこ理解してくれクキャァ』
『ああ、そりゃ悪かったなフレ』
『クッキャァァァ!!!! …って待てよ、俺の嘗ての名を知っているお前って…』
その時、店の奥から掘り出し物を探しに行っていた2人が戻ってきたが、収穫は無かったようだ。

「やはり2メイルを超える大剣は最低500エキューは頂かないと」
「仕方が無いわねぇ、1メイル級でもいいから300以内でどれか…」
『ルイズ様。よければこのインテリジェンスソードを俺に』
「あー、その厄介もんなら300でいいやね。それに一応、1.5メイル級ですぜ?」
「えー!? …あー、言っておくけど、自分の武器は自分で管理なさい。
 そんな奴まで面倒見切れないんだからね!」
『勿論です』
『クァッカァ! つーわけで宜しくな、相棒! 姉ちゃん!』
『ルイズ様と呼べ! ねぇ、ルイズ様?』
『その変な低姿勢、相変わらずなのな』

店を出て、とりあえずデルフリンガーが納まる鞘を持ち、F-22形態に変形したスターに跨るルイズ。
轟音を立てながら、その場から垂直離陸し、学院へと飛ぶスタースクリーム。
その時、たまたま路地裏で遊んでいた子供達が、スターに歓声を上げていた。
ルイズは気分が良かった。今までゼロのルイズだのなんだのとからかわれ、惨めな思いをしてきたが、
自分の使い魔がこうも良い目で見られるのは悪くない。と言うか非常に良い。
そう思いながら、彼女はそっと目を瞑る。風が、体を、やさしく、つついた。

ん? つついた?

はっと目を開けると、目の前に、錆び付いた土色の、所折に銀色も見える奇妙な小人が立っていた。
外見は、小人とは言うが、かなり人間離れした容姿で、昆虫の様な頭に目の様な光が4つあり、
3本指の細い腕が4つで、言ってしまえば‘昆虫人間’と表現した方が早い。

「きゃ、きゃあああああああああああ!!!!」
『い、いかがなされた、ルイズ様ぁ!?』
「なななななな、なんか変な小人が小人がぁぁぁぁ、ちょ、ちょっと、こっちにこないでええぇぇぇぇ!!」
空飛ぶスタースクリームの上にいる故に、
そこからの逃げ場は無く、闇雲に、大きさ約1メイル弱の小人を追い払おうとするルイズ。

『暴れないでくれ、落ちる落ちる落ちる!! えっと、ルイズ様、先程持っていただいた、あの剣の鞘を!』
「剣を持って戦えって事!?」
ルイズは鞘を確認する。が、無い。あのデルフリンガーと名乗ったインテリジェンスソードが、納まって無い。
まさかと思うけど…と、ルイズは目の前に立ちはだかる昆虫人間の姿をよく注目する。
あの昆虫の様な頭の天辺から生えてるモノ、あれはひょっとして、剣の柄?
さらに、あの細く長い足。ギラギラと光沢が眩しいが、もしや、剣の刃? 
まさか…

『クキャコカカカカ!!! これが俺、デルフリンガー様の真の姿なのだぁぁ!!!』
ルイズの疑問が、昆虫人間の発した言葉で、一応解消した。


―トリステイン学院・食堂―

今日は休日なので学院の授業は無いが、このアルヴィーズの食堂は生徒達でにぎあっていた。
歓談する者、お茶や菓子で午後の一時を過ごす者、使い魔を自慢しあう者…。
そこに、街から帰ってきたルイズ達が休憩しに訪れる。
スタースクリームの腰には、大剣形態に変形したデルフが納まった鞘が、縄で括り付けられており、
その剣の柄部分からにゅっと生えてる、不気味な小さく細い目が、食堂内をきょろきょろと見回していた。
細い目が、ふと、1つの集団に目を留める。テーブルの隅で、4人程の少女達が歓談していた。

『クキャァ! か、可愛い! 皆可愛いぃぃ!! なんだここは!? これが天国なのクァァッ!?』
スタースクリームの腰の鞘から勝手に飛び出、昆虫人形態に変形し、少女達に駆け寄るフレン…デルフ。
突如襲来した銀と茶色が入り混じった奇怪な錆びた小人に、当然ながらモンモランシー達は悲鳴を上げ、

「どうしたんだ僕の愛しのモンモランシー!」 
と、図書館にいたギーシュが光の速さで食堂に駆け付ける。

『クェッ、なんだ彼氏持ちかぃ。悪かったねお嬢さん』
「か、彼氏だなんて、そんな…」
「おい! スタースクリームと言ったか!? 貴様女性を脅かすとは、男として最も恥たる行為!
 今すぐ彼女達に謝罪し、反省の意を表してだね」
『何? 俺? いやいやいや…』
「ちょっとギーシュ」
「ゼロのルイズ! そもそも君の使い魔への教育が足りないが故に、こんな事に」
「あーもう解ったから。足元」
「足元?」
それまでルイズとスタースクリームに怒鳴っていたギーシュが、ふと足元を見る。
さっきから足元に何か違和感を感じるとは思っていたが、その原因が判明した。

『おいクソガキャァ!! テメ、俺を無視すんじゃねぇよ、このやろこのやろ』
「う、うわぁぁ!! なんだこれは!? アルヴィーズの小人か!? いや、違う!?」
錆び付いた小人…デルフリンガーが、細い足でギーシュの足に蹴りを入れていた。
慌ててデルフを蹴飛ばすギーシュ。

「貴様…この僕にそんな汚い錆び付いた足で! 誰かの使い魔か!?」
周りを見ながら叫ぶギーシュ。食堂内にいる者全員は、首を激しく左右へ振る。
その隙に蹴飛ばされたデルフは立ち上がり、軽快なステップでルイズ達の元へ駆け寄り、
昆虫人形態から大剣にトランスフォームし、再びスタースクリームの腰の鞘へと納まった。

「インテリジェンスソードか。その上に、飛んで跳ねて変身するとは…!」
小人の正体に驚きを隠せないギーシュ。と、同時に、さらに怒りがこみ上げてきた模様。

「そこから出て来い! 例え武器と言えども、この行為は侮辱に値する!」
『クェッケケケッ、さっきから無駄にテンションの高ぇ野郎だ』
「貴様だけには言われたくは無い!」
鞘から飛び出し、また昆虫人形態へ変形し、ギーシュに中指を立て挑発するデルフ。

『おい相棒! あの絵に描いたようなナルシストマンを、再起不能スクラップにしてやってもいいかぁ?』
『お前なぁ…。見ろ、お前等のせいで、ルイズ様が煩ってるではないか』
「呆れてんのよ。もう勝手になさい…」
「ならば話が早い! 決闘だ! 凡そ、その性格では謝れと言った所で、
 素直に頭を下げる事は無いだろうからな。身を持って己の過ちを知るが良い」
『己の過ちを知るのはテメェの方だよ、クキャコカカカ!!』
「後ほどまた呼ぶ。それまでせいぜい、体の錆を磨いておく事だね」

造花の薔薇を銜え、マントを靡かせながら食堂を後にするギーシュを、デルフは親指を下に立てて見送る。
たとえ300エキューでも、こんな厄介者を買うんじゃなかったと激しく後悔するルイズであった。

新着情報

取得中です。