あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

T-0 01


 着水した瞬間から、下部に強烈な熱が迸った。

 肉体を蝕む痛みは、しかし一瞬で消えていく。


 熱の原因も、痛みの原因もわかっている。
 自分の足が、マグマと変わらない灼熱を誇る溶鉱炉に、ゆっくりと落ちているのだ。
 ショットガンにもマシンガンにも楽々耐えられるように設計された超合金のシャーシが、
 落とされるほどに溶ける音をたて、浸る部分から蒸発したようにあっけなく消えていく。

 ターミネーターは自らの体のことを冷静に判断していた、既に膝より下は無くなっている。
 ラッキーなのは予備電池のかすかなパワー故、体の随所の感覚がうまく感じ取れていないことだ。
 ボロボロにされたボディ、左腕は肘から下が引き千切れてへし折れたシャーシが顔を覗かせている。
 『満身創痍』、まさにこの体には、この言葉がぴったり当てはまるだろう。


 腰の部分が沈み始めた。
 メイン電池が焼かれる事を察知した敏捷な人工知能が、彼の視界に警告を告げる。
 しかし、ターミネーターはそんな警告を邪魔だと思った。
 視界の殆どを埋め尽くす警告メッセージ、ターミネーターはこのプログラムを自らシャットダウンさせ、
 一つの機能を自ら完全に破壊することで目の前のそれを取っ払った。

 ターミネーターは決して自分の焼かれる姿を見ようとはしなかった。
 彼の、ただ一点に見上げる視線の先には二人の人間がいる。彼らは少年と、妙齢の女。
 どちらも、ついさっきまでターミネーターの存在理由だった存在だ。

 しかし、今は違う。

 『護る』という使命を果たした以上、自分の存在はこの世の中に対して邪魔でしかない――――いや、そんな複雑な事ではない。
 もっとシンプルな理由だ。自らの任務を終えたターミネーターは、『存在する意味』も『存在する価値』も無くなってしまったのだ。
 だから抹消する必要があった。これは2029年の少年――抵抗軍リーダー『ジョン・コナー』の命令だったし、
 もともと『スカイネット』が初めから彼に組み込んでいた命令で、書き換えられなかった唯一のものだった。

 別れ際、少年のジョンは泣いていた。その顔は記録している2029年のジョン・コナーが自分を送り出すときの顔にどこか似ていた。
 寂しいとは思わなかった。否――思えなかった。
 なぜなら自分は機械だから、それも、本来は文字通り殺人の為に作られたロボットなのだから。
 ただ、なぜ人は寂しいと思うのか、悲しみを持つのはなぜで、なぜ泣くのか。その理由を最後の最後に学習する事が出来た。
 人間ではこういうことを不幸中の幸いと言うらしい。

 ……とうとう、溶岩が胸を浸した。
 視界に強烈な乱れが生じ始め、文字の解読が不可能なほどに画面が歪んでしまう。
 下の端に映る揺らぐものが炎で、自分の体――正確に言えば人口皮膚の部分――が焼けているのだと解る。
 それでも、ターミネーターは瞬きすらしなかった。


 回路がショートする暇もなく、焼け壊れて歯止めが利かなくなったデータが大洪水となってCPUとサーボを通し、
 次から次へと休み無く押し寄せてきた。
 それを処理する能力が、当然今の彼にあるはずも無い。
 次の瞬間には目の前に解読不可能な文字の羅列が並んだ。
 なぜかその視界の端の方に、未だにこちらを見続ける少年の『ジョン・コナー』の姿が映っていた。
 わずかに稼動している視覚機能が辛うじて見せているにしては、あまりにもはっきりとした輪郭が見える。
 データの一部なのか、と人工知能が最後の思考を巡らせた。
 でもその途中で、ターミネーターは自分のデータなど既に溶けてなくなっていることに気づいた。

(これはい  っ た……)

 次の疑問は巡らなかった。
 ターミネーターは最後の力を振り絞って、まだ完全に溶け切っていない右手を動かした。

 赤い画面に敷き詰められた文字が音をたてて消える。
 ターミネーターは肉片のかけらも残さずに、溶けてなくなった。



 ・

 ・
 ・-
 ・--
 ・--
 ・----
 ・シャーシ損傷率 ――――0%。
 ・認識機能    ――――正常。
 ・識別機能    ――――正常。
 ・戦闘機能    ――――追加事項有・問題無。
 ・学習機能    ――――追加事項有・上書有。 
 ・データ     ――――損傷無。
 ・CPU     ――――損傷無・正常。
 ・補助パワー   ――――損傷無・異常無。
 ・再起動=開始。 

 再起動まであと:3秒前…………2秒前…………1秒前…………


 ――――トリステイン魔法学院。 


 『ゼロのルイズ』は、爆煙の中からようやく姿を現したそれを見たとき、
 自らの期待(主に希望と妄想)が穴の開いた風船のように急激にしぼんでいくのを感じとった。
 煙を体に纏わせながら現れたそれは、おそらく爆発によって出来てしまったクレーターの中心で
 黒尽くめの大きな体を丸め、うずくまっている。
 片膝をつき、両手を地面に付けて顔を俯かせるその姿は一見してみると主に誓いを捧げてる騎士のように見えるが、
 しかしその一方で、疲れが溜まってだらしなくうな垂れている旅の男の様にも見えた。

 彼女にとって、問題はポーズではなかった。ぶっちゃけ、強くて美しくて逞しい使い魔が現れてくれるならポーズなんてどうでもいいのだ。
 ルイズが頭を抱えた問題は、現れた『コレ』がどこからどー見てもただの平民だと言う事。ただ、それだけだった。
 勉学に励んでいたから、過去の歴史などは詳しいつもりだ。しかし、今回の問題はその知識の引き出しをいくら開けようとも、 
 どこにも答えが見当たらない、見当たるわけがなかった。なにせ、平民がどうこうを除いても、
 人間を召喚した事例など、どこの国の歴史書にも載っていないことだ。

 ……少なくとも、今まで自分が見てきたものには、かけらも載っていない事なのだ。

 この事実は、少なからずここにいる者たちの心を揺さぶっていた。
 周りを囲む同学年の者たちはおろか、年を重ね、さまざまな体験を経験してきた『炎蛇』――教師コルベールでさえも、
 一時ほど息を忘れ、茫然とした顔で目の前に起きた予想外の事実を眺めていたほどだ。
 しかし、当たり前かもしれないが、この場にいる者たちの中で最も早く現実を対処しようと覚醒したのは彼だった。
 伊達に年をとっているだけのことはある。……それゆえか頭上はいささか寂しかったが。

「ミス・ヴァリエール」 
「!」

 急に名前を呼ばれ、ルイズは体をびくりと跳ねさせた。
 それからあわてた様子で首を回すと、背後にいるコルベールへと向き直した。
 やや放心した目から、コルベールはおそらく彼女も事態に対応すべく、
 “彼女なり”に冷静になろうとしていたのだろうことがわかった。
 ルイズは、自分以上に冷静に事態を見るコルベールに安堵したのか、助けを求めるような目をして訴えた。

「ミスタ・コルベール……お願いです。もう一度……もう一度召喚の許しを……」 

 あわてた様子にしてはやけに落ち着いた声なのは、やはりルイズも事態に対して冷静になろうと
 四苦八苦しながらも感情をコントロールしていたに違いない。
 訴える目は純粋だった。純粋に、悔しさや怒りが光を帯びて映え渡っている。
 コルベールは本心を言えば「イエス、わかりました」と言ってやりたかった。
 が、しかし掟は掟、守らねばならないルールなのだ。彼は心を鬼にして、出来るだけ優しくルイズに言った。

「残念ですが、それはできません」

 コルベールの短い台詞を聞いたルイズは、硬く口を閉ざしてそれ以上何も言わなかった。
 解っていたから。伝統と神聖さが重要視されるこの儀式がやり直せないことなど、知識としてとっくに理解していた。
 ルイズからしてみれば、藁にもしがみつく思いで『それでももしかしたら』というわずかな可能性に賭け、言ってみただけなのだ。
 だからなのか、否定の言葉を聴いたとき、思っていたよりショックは大きくなかった。
 コルベールの口調がいやに優しかったのも、恐らくは理由の一つだと思える。

 ルイズは覚悟を決めたように小さな拳を握り締め、踵を返して男へ向かった。
 幸い、男は召喚されたときから死んだように全く動いておらず、動く気配も感じられない。
 ルイズがうつむいた顔に、握りを開放した手で撫でるように触った。
 男はピクリとも反応を示さない。ルイズの手に暖かさは伝わるのだが、まるで本当に死んでいるように
 男はか細い指で触られている事に異常なほど無関心だった。
 一方で、周りの生徒たちは今頃になって呆然とした状態から立ち直り、
 改めるように一呼吸分間を空けるとそろいも揃って一斉に野次を飛ばし始めていた。

 だが、いま男の顔をまじまじと見つめるルイズの耳に、果たして届いているかは誰も解らない。


 ……目を開くと、体の中でピーッと音がした。再起動が正常に行われたことを知らせる音だ。
 全ての回路が瞬く間にオンラインとなり、ターミネーターはゆっくり頭を上げながら周囲の光景と状況を高速で認識し始めた。
 内蔵されたセンサーが彼の目から入る景色を正確にCPUへと伝える。
 次の瞬間、
 彼は恐らくロボットとして出来る限りの驚いた表情を瞬時に作りだすと、前方表示器に記された
 『Dont not』の文字を、しばらくの間じっと、何も言わずに睨んでいた。 

 彼のCPUはいつまでたっても答えを導き出せずにいた。
 自分は再起動した。それは各システムが正常に、何の問題もなく働いたからだがそれだけではここに存在する説明がつかない。
 いくつもの可能性を示唆しては『新たなる可能性』と、それを『論理的に説明できない』と形容する文章が次々に上書きされ、
 大量のデータがバグを引き起こしたかのように彼の判断・思考回路を縦横無尽に駆け巡っていく。
 人間で言うところの『焦り』を彼は感じていた。 

 彼はもう一度、周りを見渡す事にした。
 目の前には桃色の髪の少女が、なんともいえない(データにない)表情でこちらを見上げ、
 その十数メートル奥に、恐らく同年齢だろう少年少女が立ち並んでさまざまな顔でこちらを見ている。
 肌から読み取る気候、気温、風の暖かさ。どれも記憶しているものと大幅に違う。
 そもそも自らがここに『存在している理由』はなんだ? 任務を終えた以上、存在の意味はない。
 だから溶鉱炉の中に落ち、完全に自らの存在を消し去ったはずだ。
 跡形もなく。それこそデータのひとかけらも残さずに散ったはずなのだ。

 奇妙な事に、そのときの記憶はデータフォルダの中に新しいものとして厳重に保存されていた。
 悔しさか、無力さ故なのか――いや、私がいなくなるという悲しさ故だった――(コレは訂正されている)。
 顔を歪めるジョン・コナーとサラ・コナーの遠くなる姿が、まるで実在のように表示画面に再生される。

「私がココにいる意味は……なんだ?」

 それが、トリステインにきたターミネーターの最初の言葉だった。


新着情報

取得中です。