あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

双月の女神 序章1

朝霧が深い森の中、一人の女性が道を行く。
ここはかつて女神が存在した、その世界では唯一の大陸、『テリウス』の一国「デイン」国境付近に位置する森である。

(デインの地もこれで見納めね・・・。)

肩を覆う程のまっすぐで絹糸のような銀髪の女性は、別れを告げるであろう
故郷を思う。
女性の名はミカヤ。
50年前、この地を救った英雄の一人、『暁の巫女』。
先代のデイン王国女王であった。

ファイアーエムブレム外伝 ~双月の女神~
第一部 『ゼロの夜明け』
序章 『召喚(ミカヤの章)』

50年の月日を得ても衰えぬその美貌。
それは彼女の命の長さを示すもの。
神に近い姿で進化した知の民『ベオク』、獣の姿から進化した力の民『ラグズ』の間に生まれた子供は長寿であり、生来から強い「力」を持つ。
彼女の祖は古き時代に世界を救った英雄、ベオクの女剣士オルティナと鷺の民エルラン。
故に女神の声を聞き、その身に女神の半身を映した。
もう一つの女神の半身がヒトの争いに怒り、裁きを持って滅ぼさんとした時、『勇者』とその多くの仲間と共に立ち向かった。
激しくも悲しい、その戦いに打ち勝ち、女神が治める時代に終わりを告げた。
その後、荒廃した故国の復興を長い年月をかけ、成し遂げるも王夫サザが病に倒れ、息を引き取る。

(あの頃を共に生きた人達ももう、ほとんど残っていない。)

そして現在、任せられる者に王位を譲り、デインの地を後にしようとしていた。
共に戦場を駆けた、数冊の魔道書と二本の杖。右手に持つ聖杖『マトローナ』と共に。
その時だった。

「え!?」

ミカヤの眼前に、銀色に磨きぬかれた鏡が現れたのは。
不可思議な魔力を放つそれは、まるで扉のようでもあった。
そこからは、「声」が聞こえる。

「使い魔・・・。」

その言葉に引っかかるものはあった。
しかし、『鏡』から聞こえてくるのであろう少女らしき声は、切々と訴えている。

「・・・。」

ミカヤは杖を『鏡』に向けると、此方側から魔力を送り、「声」を『鏡』の向こうへ届けるように語り掛ける。

「私に呼びかける者へ、問います。」

その「声」が届いたのか、『鏡』の向こうの「誰か」が戸惑うような反応が返ってくる。

「私を呼び、望むものは何ですか?」

その「誰か」は暫し、沈黙する。そして、意を決したように此方に答えを返す。
その答えにふと、慈愛のこもった微笑を浮かべた。

「そう。それが答えなのね。」

その答えは彼女の、満足できる答えだった。

「あなたの召致に応じましょう。」

そう宣言すると、ミカヤは鏡の前へと歩みを進め―――
瞬間、彼女は光に包まれた。






光が晴れ、目を開けると、眼前には草原が広がり、突き抜けるような青い空。
そして、桃色の艶を持つブロンドの少女が見えた。
自身に呼びかけたのは、彼女であると確信し、こう名乗った。

「私はミカヤ。貴女の呼びかけに応えた者。
貴女と共に在り、共に生きることを誓いましょう。」

それが、彼女達の出会いだった。

新着情報

取得中です。