あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

滅びのルイズ

 ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールの人生とは、
 這い寄る闇からの逃走劇も同然だった。

 魔法が使えないこと、身体が幼いこと、他人に認められないこと――。
 それら闇から逃れるため、ありとあらゆる努力を重ね、研磨し、足掻いた。

――それでも、何も変わらなかった。

 いくら呪文を知っていても、魔法は使えない。
 いくら健康になっても、身体は育たない。
 いくら貴族として立ち振る舞っても、誰も認めない。

 逃げても逃げても追ってくる闇――だが、幸か不幸か、今までそれに捕らわれる事は無かった。

 魔法が使えなくても、学園が自分を放り出すことは無かったし、
 身体が幼くても、どうしても気を引きたい相手などはいないし、
 他人が認めなくても、自分はれっきとした貴族だって分かっている。

 けれど、もうここまでだ。

 この学園では、2年生への進級するための儀式として、『使い魔の召喚』がある。
 今までに一度たりとも魔法を成功させたことの無い自分に、できるはずもない。

 案の定、呪文を唱える度に、地面を爆発させた。
 他の生徒たちの嘲笑が聞こえる。文句が聞こえる。罵倒が聞こえる。

――本当は、分かっていたのだ。

 魔法が使えなくては、進級できない。
 身体が幼くては、婚約者は去るかもしれない。
 他人が認めなくては、貴族にはなれない。

 それでも、足掻きたかった。
 ちっぽけな希望を抱き、この闇を打ち破り、この広い世界に歩みだしたかった。

 闇はすぐ後ろにいる。

 未来までも黒で覆い、光を奪おうとしている。

 お前は、何者にもなれないと、絶望を突きつけようと――





――そうして、その使い魔は現れた。





 ルイズは、その使い魔を召喚したときのことを、一生忘れないだろう。

 その姿を目にした瞬間、自らを覆おうとしていた闇は、一瞬で消し飛んだ。
 灰色の世界に光が射し込み、自分を、世界を、輝かせる。

――もう、何も怖くない!

 魔法が使えなくても、この使い魔がいれば何でも出来る!
 身体が幼くても、この使い魔がいれば何も言わせない!
 他人に認められなくても、この使い魔がいれば何も要らない!

 ショボイ魔法などどうでもよくなり、
 チンケなコンプレックスは消え去り、
 周囲の視線は、畏怖と羨望の視線となった!

 吊り上っていた眼は、絶対なる意志を持ち、
 追い立てられるような歩きは、王者の余裕を持ち、
 張り詰めていた雰囲気は、覇王のようなカリスマあるものへと変わった!

 使い魔が自らと在る限り、
 自分に出来ないことなど無いのだと、
 自分は何処へでも行けると、ルイズは確信した!

――そう、ルイズは、果てしなく続く戦いの道(ロード)へ歩み始めたのだ!!



 喧嘩売って来た色ボケメイジを、ぶっ飛ばしてやった。

 悪名高い盗賊を、その僕の巨大なゴーレムごと吹き飛ばしてやった。

 国と自分を裏切った婚約者を、そのお仲間諸共消し飛ばしてやった!

 ルイズは止まらない。
 何者にもルイズは止められない!


――そして今!
 眼下には、卑劣にも条約を破り、攻め込んできたアルビオン軍が展開している。

「こないだ、アルビオンで躾けてやったというのに……まだ足りないらしいわね」

 虫けらを見るような目で――事実、そう思っているのだろう――白の国のゴミクズどもを眺める。

「ならば教えてやるわ……この、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールのいる、
 そして、我が最強のしもべのいる、このトリステイン王国に攻め込んできた、その愚かさを――!!」

 ルイズは緩やかに右手を上げる。
 それは、ルイズがしもべに敵の殲滅を指示する、号令なのだ――!

 ルイズは高らかに謳い上げる――破壊を告げる言葉を!

「滅 び の ッ !
 バ ァ ァ ァ ス ト ス ト リ ィ ィ ィ ィ ィ ム ッ ッ ! !」

 その瞬間――。
 青き眼の、白き最強龍は、口内から光を放つ――!
 それは、あらゆるものを滅ぼす、破壊の光――!!

「強 靭 ッ ! 無 敵 ッ ! 最 強 ォ ―― !!」

 光は全てを飲み込んでいく!
 戦艦を蹴散らし、ブチ壊し、滅茶苦茶にしていく!
 竜騎兵など蝿も同然!
 地べたを這いずるメイジや兵士どもなど、塵芥に等しい!

「粉 砕 ッ ! 玉 砕 ッ ! 大 ・ 喝 ・ 采 ―― !!」

 何が来ようと、何も恐れることは無い。
 我がしもべ、『青眼の白龍』の前には、全てが平伏すのだ――!

「ワハハハハハハハハハハ―――――!!」



 その後、ルイズは『滅び』の二つ名と、
 ありとあらゆる名誉を手にいれ、トリステイン最強の力として、君臨した。

 ルイズは最期まで魔法を使えなかった。
 ルイズは最期まで体系はお子様だった。
 ルイズは最期までメイジとは認められなかった。

 だが――

 ルイズは『力』を使えた。
 ルイズはあらゆる名家の男たちから誘いがあった。
 ルイズは至上最強の竜騎兵として認められた。

 そして、友も得た。

 ルイズは未来を切り裂き、幸せを手に入れた。

 そして、これからも、ルイズは止まらない!
 ルイズの踏み出した道――それが未来となるのだから――!

「ずっと私のターン!!」



『滅びのルイズ』…… 完





-「遊戯王」より青眼の白龍を召喚

新着情報

取得中です。