あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

「ゼロの大魔道士-3」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ゼロの大魔道士-3」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

-「で、ですが!」 
+#navi(ゼロの大魔道士)
+
+「で、ですが!」
 「そうはいいますが、ミス・ヴァリエール。ゲートから出てきたと思われる以上…」 
 
 現在、ルイズは非常に狼狽していた。 
 召喚に成功したと思えば、当の召喚獣――竜(マザードラゴン)が契約前に逃げ出してしまったのだ。 
 これは前代未聞の出来事であり、同時に大恥であることは間違いない。 
 いや、それだけですめばまだいいほうだ。 
 実家に伝わればヴァリエール家の恥として放逐されてもおかしくはない。 
 だが、絶望に沈もうとしていたルイズを拾い上げたのは何故か頬を赤らめたコルベールだった。 
 
 
 
 時間は数分前に遡る。 
 気色悪い呆け顔で「ぱふぱふ…」とか呟いていた彼コルベールが、ルイズの下に敷かれている人間に気がついたのである。 
 コルベールの指摘でようやくそのことに気がついたルイズは慌てて跳ね起きた。 
 生徒の誰かを尻に敷いていたまま放置していたのならばそれは十分に失礼な行為だからだ。 
 だが、見下ろした顔に見覚えはなかった。 
 それどころではない、気絶して寝転がっている少年は見たこともない服装をしているではないか。 
 
 「…なんで平民がここに?」 
 
 ルイズはぽつりと呟いた。 
 ここトリステイン王国には、決定的な身分差が存在している。 
 すなわち、貴族と平民だ。 
 その判別方法は至って簡単で、魔法を使えるものが貴族、そうでないものが平民というもの。 
 中には例外(貴族から没落したメイジ)などもいるが、この概念はトリステインに住む者ほぼ全てに適用される。 
 然るに、ルイズの目の前にいる少年はマントこそ着用しているものの、見たことのないデザインの服を身につけている。 
 そして杖は持っていない。 
 つまりは、この少年は平民であると判断されるわけである。 
 
 「ふむ、どうやらこの少年もサモン・サーヴァントによって現れたようですな」 
 「え?」 
 「ミス・ヴァリエール、この少年とコントラクト・サーヴァントを」 
 「へ、え? えええええ!?」 
 
 ルイズは驚いた。 
 このハゲ教師はいきなり何を言い出すのか。 
 そもそも、自分が召喚したのはあの神々しい竜である。 
 間違ってもマヌケ面を晒して気絶している平民ではないはずだ。 
 
 「召喚した生物とコントラクト・サーヴァントを行うのが今日の目的です。であるからして」 
 「ちょ、ちょっと待ってください! 私が召喚したのはあの竜で…!」 
 「ですが、逃げられてしまったでしょう?」 
 「う…」 
 
 容赦のないコルベールの一言にルイズはグウの音も出ない。 
 だが、コルベールとしてはこの場における一番の打開策を出したつもりだった。 
 確かに竜は逃げ出してしまったが、少年も召喚によって現れたことは間違いない。 
 となると、少年もルイズと契約を交わす資格を持っていることになる。 
 複数召喚などこれまた前代未聞の出来事だが、始祖ブリミルは四体の使い魔を所有していたという。 
 これはルイズが規格外の存在であることを示しているわけであり、少年もなんらかの特殊さを持っている可能性は高い。 
 ならば、この場を取り繕うという意味もあるが、とりあえずコントラクト・サーヴァントを行うのが一番良いはずなのだ。 
 
 「あはは、流石はゼロのルイズ!」 
 「召喚した使い魔に逃げられたと思ったら、平民と契約か!」 
 
 確かに…と納得しかけたルイズに周囲の生徒から野次が飛ぶ。 
 コルベールほど洞察に優れない彼らは単純な事実『竜が逃げた』『残ったのは平民』という二点を認識していたのだ。 
 
 「ううっ…」 
 
 ルイズはぎゅっと唇を噛んだ。 
 竜を使い魔に出来ると思っていたのにそれが平民にランクダウンしたのだから無理もない。 
 だが背に腹はかえられない。 
 使い魔に逃げられるという失態を犯した以上、もはやコントラクト・サーヴァントを嫌がるという選択肢は取り様がないのだ。 
 
 「し、仕方ないわね! アンタで我慢してあげるわ!」 
 
 そして時間は現在に戻る。 
 どうにか心の折り合いをつけたルイズは少年を抱き起こすと顔を近づけ、詠唱を始めた。 
 と、その時。 
 
 「う…あ…?」 
 
 少年が目覚めた。 
 意識はまだハッキリしていないのか、目がキョロキョロと動き回る。 
 だが、ルイズはそれに構わずに更に顔を近づける。 
 詠唱が終わり、少年――ポップの視界いっぱいにルイズの顔が映り、そして 
 
 「ん…」 
 
 契約のキスが交わされた。 
 
 
 
 「うっぐ…な、なんだ…!?」 
 
 ポップは急な痛みに意識を覚醒させた。 
 周囲の状況を確認するよりも先に痛みが体を駆け巡る。 
 その痛み、熱といいかえてもよいそれは左手へと集中していく。 
 そして数秒後、ポップの左手には奇妙な紋様が浮かび上がっていた。 
 
 「な、なんだこれ!? 呪いか!?」 
 「失礼ね! これはルーン。アンタが私の使い魔になった証よ」 
 「は? ルーン? 使い魔? 一体何を言って…」 
 「ああ、ごちゃごちゃうるさい! いい、私は今非常に気が立っているの! ああもうなんでこんな平民と…」 
 「落ち着きなさいミス・ヴァリエール」 
 
 癇癪を起こしかけていたルイズに近づいてきたのはコルベールだった。 
 
 (おいおい、冗談じゃないぜ…) 
 
 ルイズをなだめすかしているコルベールを常識人と見たポップは状況を把握するべく彼に話を聞き、空を仰いだ。 
 サモン・サーヴァント、トリステイン、ハルケギニア… 
 そのどれもが聞き覚えのない単語ばかりだった。 
 しかも、話をまとめると自分は目の前のピンクの髪の少女――ルイズというらしい、の使い魔になってしまったのだという。 
 
 (本人の承諾なしにそんなこと勝手に決めんなよ…) 
 
 既に自分を使い魔扱いしているルイズにポップは溜息をつく。 
 気になることは二点。 
 まず、ダイはどうなったのかという点だ。 
 話を聞いた限り、マザードラゴンはどこかへ飛び立っていったという。 
 彼女の性質上、人の目に付くような場所に降り立つとは思えないので発見は困難だろう。 
 
 (ようやく見つけたっていうのに…) 
 
 話を聞く限り、すべての原因は目の前の少女にある。 
 如何に女の子に甘いポップといえどもそういう事情となればルイズに好印象を抱くのは無理があった。 
 
 「何よその目は」 
 「いんや別に」 
 「言いたいことがあるならはっきり言いなさい!」 
 
 一方、ルイズはルイズで目の前の少年に憤っていた。 
 彼女本来の目的からすればコントラクト・サーヴァントが成功しただけでも十分満足できるはずだったのだが 
 なんせ竜→平民という格差である。 
 怒りを覚えるのも無理はない。 
 かくして、ルイズとポップという少年少女の邂逅はお互い共に悪印象から始まるのだった。 
 
 ついて来いとせかすルイズとそんな少女を心配気に見守るコルベール。 
 そんな二人を見ながらポップはもう一つの懸案事項――これからどうするか、を考える。 
 とりあえず、ここは見ず知らずの土地であることは間違いない。 
 目の前の人物たちが精霊や魔族に見えない以上天界ないしは魔界という線はない。 
 発見されていない大陸、というのも流石に考えづらい。 
 となると考え付くのは―― 
 
 (異世界とか? まあ天界や魔界があるんだから可能性はあるんだが…あ、そうだ) 
 
 ポップはこっそりとある呪文を呟いた。 
 その呪文の名は瞬間移動呪文ルーラ。 
 一度訪れた場所に一瞬にして移動できるという高等呪文の一つである。 
 
 (…発動しない? いや、発動後にキャンセルされた?) 
 
 ルーラの発動自体は確かに起こった。 
 だが、ポップの体はその場から一歩も動かない。 
 そう、まるで『行ったことがない場所に向けてルーラを唱えた』かのように。 
 
 (おれは今確かに昨日のキャンプ場所を想像したはず…おいおい、マジで異世界の可能性が高くなってきたぞ…) 
 
 バーンパレスのように空にバリアが展開されているわけでもない。 
 というかそうだとしてもある程度までは移動が行われるはず。 
 にもかかわらずルーラはポップの体を運ばない。 
 これが指し示すことはつまり、ルーラの効果が及びようがない場所に自分はいるということになる。 
 
 (勘弁してくれよ…) 
 
 大魔王と戦うなんていう非常識をこなしてきたポップからしても異世界に飛ばされたという事態は想定外にもほどがあった。 
 ダイはどこかへ行ってしまった、帰る方法はわからない。 
 生命の心配こそとりあえずなさそうではあるが、状況は最悪だといってもよかった。 
 
 (とりあえず、情報を集めねえと) 
 
 ダイを探すにしろ、元の場所に戻るにしろ、右も左もわからない場所にいる以上情報は必須である。 
 長い間旅を続けてきたポップは情報の大切さをよくわかっていた。 
 そして、情報源として期待できるのは目の前にいる二人の人間であるということも。 
 
 (しっかし、契約ねぇ…呪いみたいなもんじゃねえか) 
 
 自分をおいてサッサと行こうとするルイズを半眼で睨みつつポップはどうしたものかと頭をひねらせる。 
 少なくとも自分は同意した覚えがないのに勝手に使い魔にされたのだ。 
 情報を集めるという目的上、主人だというルイズに友好を示すことはやぶさかではない、可愛いし。 
 しかし、使い魔というのは御免被る。 
 いくら可愛い女の子とはいえ、下僕にされるのは嫌だし、自分にはダイを探すという目的があるのだ。 
 そのためにはフリーな立場に戻らなければならない。 
 いっそこの場からトベルーラで逃げ出すか? 
 そんな不穏なことを考える。 
 
 (待てよ、ひょっとしたら…) 
 
 ポップの頭に閃きが走った。 
 現在、自分をルイズの使い魔たらんと示しているのは左手のルーンである。 
 つまり、逆をいえばルーンさえなければ使い魔契約は撤廃できるということになる。 
 だが、聞いた話では使い魔の契約が切れるのは使い魔、つまり自分が死んだ時だけだという。 
 当然、死ぬ気などサラサラないポップ。 
 
 (あの呪文なら…) 
 
 この時、彼が思いついた方法は思わぬ事態を引き起こすこととなる。 
 だが、神ならぬポップは物は試しとばかりにその呪文を唱えた。 
 
-「シャナク!」 
+「シャナク!」
+
+#navi(ゼロの大魔道士)

新着情報

取得中です。