背番号0~9


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

背番号0 志田宗大(しだむねひろ) 外野手

守備、走塁ともに非凡な能力の持ち主であり、昨年は内海投手から2004年以来のHRを打つなど
チームへの貢献度は非常に高く、今では頼れるベテランの一人である。

しかし、現実は戸田に居る事が多く、100試合以上は出た事の無い選手であり、
打撃も普段は自動アウトに近い存在である。昨年も一軍登録直後はファンも「今年は!」と、
期待を寄せる姿を見せたものの、結局は守備固めだけの存在としてでしか期待されなくなった。

果たして今年は出番は有るのだろうか・・・。

背番号00 川島慶三(かわしまけいぞう) 内野手

高田監督と共に日本ハムからやってきた。08年09年とも110試合以上出場し、盗塁を20、HRを12本も放つなど、まさに走!攻!守!に長ける選手。今年は怪我で出遅れそうだが、今後の活躍に期待のかかる選手である。

が、打率は2割5分代とさっぱりせず、基本的に期待されない選手。HR12本は長打力のないヤクルトでは貴重だが(参考資料08年度4番畠山内野手は9HR) 基本勝ち越している時にしか打たない。
だが一番の特徴は監督の寵愛を受ける選手だと言うこと。

背番号1 青木宣親 (あおきのりちか) 外野手

今年若松→岩村と続くミスターズワローズの背番号1を受け継ぎ、チームの顔として今年こそ日本一を目指す選手。一般的にはヤクルト=青木をいう印象が強いぐらい、もはやヤクルトには無くてはならない選手である。

基本的に態度の大きい青木選手は、先輩の石川投手をかつお!と呼ぶほどであり、態度のでかいAAがやくせんでも乗せられるほどである。5年連続3割を放つ選手だが、去年はWBCの影響(?)もあり前半戦は打率が2割2分まで落ちる無様な選手でもあった。しかし、後半戦は両外国人の怪我、不調もあり、代わりで打った4番では絶好調であり、その頃は「4番青木いけるやん!」とヤクルトをCSに導く活躍をみせた。今年も3割以上を打ってはいるものの基本期待できない姿はファンから厳しい声も多い。頑張れよ青ホ!

背番号2 相川亮二 (あいかわりょうじ) 捕手

昨年ヤクルト初のFA選手として大きな期待を受け、正捕手として活躍し、ヤクルトファンにとって低迷する古田の後がようやく落ち着いた形となった。

だが、基本8番を打つほど期待できない打撃であり、2割代前半を彷徨っている。あまりの打撃の不甲斐無さに若手の中村や川本、打撃に期待のできる衣川を出せ!と叩かれる事も少なくなかった。
しかし、今年怪我で1軍抹消されると相川のリードと守備は評価されはじめ、打撃の分はリードで頑張ってる事が多くのヤクファンに伝わり、彼が打たなくても叩かれる事は少なくなった。
それだけでなく、バーネットや中澤など彼に信頼を寄せている投手も多く、ヤクルトの投手陣を支える大切な存在としても、相川選手の今後の活躍に期待をしたい。

タニキというあだ名があるらしい

背番号3 福地寿樹 (ふくちかずき) 外野手

一昨年、石井一久選手のFA補償でやって来た。俊足の選手。他球団時代では、打撃が冴えない為に代走要員でしかなかったが、ヤクルトに遣って来てその非凡のセンスが開花し、2008年は3割2分に加え、レッドスターこと赤星選手を抜いて42盗塁で自身初の盗塁王に輝く。その足は翌年09年でも変わらず、42盗塁を走り、ダントツの盗塁王に輝いた。今年も、その足でチームを牽引して欲しい所。

しかし、自慢の足も塁に出なければ意味が無く、不調の時は自動アウトになるほどの無力さ。そしてファンの中の悩みの種ともなっているのは、その得点圏打率である。田中浩康選手と同様チャンスではまったく期待できないので、チャンスで打順が帰った時は大概が無得点に終わってしまうのが、暗黒野球を象徴している。彼も某球団のドームランアーチストである○本選手ぐらい打ってくれれば、暗黒脱出もできるかもしれない・・・・。

背番号4 JAMIE D'ANTONA (ジェイミーデントナ) 内野手

昨年からやってきた。陽気なHRアーチスト。非凡なパワーを備え、得点圏などでの勝負強い打撃が持ち味。昨季は怪我や前半戦の不調があったものの、7月月間MVPに受賞する打撃で21HRを放つ。
今年のオフは本人のメジャー志望があり、契約で揉めた様子もあったが、無事に契約を結んだ。
今年こそペタジーニラミレスと続く優良外国人目指して頑張れ!

だが、相変わらず三振も健在。「打てない外人は扇風機」と言わんばかりの打撃を改善して欲しい所。特に追い込まれてからはインローのストレートでも外のスライダーも振ってしまい、これでもかというほどの無力さを見せる。
しかし、昨季怪我で離脱した8月は悲惨だった事もあり、デントナはベンチを雰囲気を明るくするから必要という事に気づく。確かに不甲斐無い打撃を見せる時があるかも知れない。だが大事なのは、畠○よりはましだと言う事である。

背番号5 AARON GUIEL (アーロンガイエル) 外野手

2007年にやって来た皆大好き魔将ことガイエル選手。当時珍しい四球の多い外人としてデビュー
HR争いを繰り広げるほどの長打力。脅威の出塁率。見た目とは違い意外と速い足。古田曰くうまい守備。パワプロでBが必ず付くほどの肩。まさに一味違った助っ人だが、何よりも大切なのは燕愛が熱いという事。
年俸が下がってもチームに居たいその愛故にガイエルは、グラ何とかさんや、ラミ何とかさんよりも、ファンからも愛される男である。

だが、デントナと同じ働かない日は置物であり、いつも通り四球をいくつか出すぐらいしか動かない。さらに左は苦手(実際はそうでもない)と言われ。左投手の時には飯原選手と変えられてしまうなど。不安な場面も多い。しかし、希少なヤクルトファンの中には彼の【魔空間】とも呼ばれるプレーに魅了された者の多いはずだ。その者の期待を裏切らない活躍を見せて欲しい。

背番号9 飯原誉士(いいはらやすし) 外野手
夏場になって確変中の強打の外野手
実はただのバカ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。