VP版での設定

VP版の簡単設定の方法

PeerCast_VP版を起動したら、自分の環境に合うほうをクリック
ADSL用 光回線用
画面が開いたら、画面中央のボタンを押す

以上で終了です。

細かく設定したい人は、次に読み進めてください。


VP版の通常の設定方法

PeerCast 常駐アイコンを右クリック >高度 >設定 を選択

で、設定画面が開きます。

基本設定
コメント
ポート PeerCastが使用するポート番号 せっかく設定したルータと食い違うと接続できなくなるのでいじらないことを推奨
パスワード 通常は空白でOK
最大リレー本数 あなたの下流に直接接続をしてもよいとする人数。
多すぎるとパソコンに負担がかかる
Max. Direct 外部からの直接接続。ゼロでOK
言語 英語フランス語ドイツ語日本語 日本語が望ましい


拡張設定
コメント
オートキープ 無効有効有効(リレー0で解除)

有効:一度視聴したらプレイヤーを終了させても接続を継続します。

有効(リレー0で解除):自分の下流に接続している人がいる間は、プレイヤーを終了させても接続を継続、誰もいなければ切断します。

無効:視聴終了と同時に切断

オート最大リレー数設定
(0:無効,設定値:上限)
0(無効)を推奨します。
複数チャネルを視聴する場合は必ず0で。
オートBumpスキップカウント ストリームが飛んだときに発生する PCP skippingが設定値の回数を超えた場合に、そのホストから別のホストにBump(再接続)します。
壁蹴り開始リレー数(0:無効) リレー数が設定値以上になる場合、リレー先のPUSH=1のホストを切断するチェックを行います。
リレー先がPUSH=1でもリレーしている場合、接続時間が2分以内なら切断を行いません。
壁蹴り間隔(秒 >= 60) リレー先ホストの監視間隔。60未満にはできません。
ホスト逆引き チェックを入れると、リレー表示等でホスト名のIP逆引きと色分け表示を行います。表示するホストが多いとかなり重くなるので注意してください。
(配信時)
直下リレー不可ホスト自動切断
無効有効 配信時に、下流になる人がポート未開放(ポート0(赤)、もしくは疑似ポート0(紫)だったら自動的に切断します
(配信時)
VP版のみ直下接続受け入れ
無効有効 配信時に、下流になる人をVP版使用者のみに許可します
自動切断ホスト情報保持時間
(秒、0:無効)
直下リレー不可ホスト自動切断で、切断した人の情報を指定秒数間だけ保持して、その間の再接続を拒否します。0で保持しません。
index.txt
チャンネル毎の最大リレー本数
PCRawを使用している時のみ有効な設定です。
PCRaw使用時のindex.txtの最大リレー数を設定します。


サーバ コメント
DJ Message 空白でOK
ICY MetaInterval 変更の必要なし
モード Normal
Root
ノーマル推奨
HTML更新間隔 (秒) PeerCastの各種情報表示用のHTML更新間隔(秒)です。


ネットワーク コメント
イエローページ1 PeerCast常駐アイコンを左クリックで出現するイエローページを登録できます。使わなくてもOK
イエローページ2
最大帯域幅 (Kbits/s) 回線の上り能力の60%~80%の数値推奨。
数値よりも回線能力が足りないと、あなたより下流の人に悪影響が出ます。控えめの数値でお願いします。
※回線速度測定サイトで上りの測定をしてみることをお勧めします。
チャンネル毎の最大数 チャンネル毎のリレー最大数を指定します。
Max. Controls In 3推奨


Filters コメント
IP Mask Network Direct Private Ban
いじらないことを推奨
いじらないことを推奨


Security コメント
Allow on port: 7144 7145
HTML いじらなくてOK
Broadcasting
Network
Direct PC2台から1つのPeercastを使用する場合などにチェックを入れます


認証 コメント
HTML 認証タイプ クッキー
Basic 認証
通常はいじらないでOK。
クッキーに異常が発生したら変更してみる
クッキー有効期限 セッションごと
期限ナシ


Log コメント
Debug GUIのログにあるボタンのON/OFFに連動。どちらで設定しても良い。
ログは基本的にいらない。
Errors
Network
Channels

赤く染めたところの数値だけ注意していれば、あとは適当でもそれほど問題なく動くようです。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。