恐怖と力の沼(ストーリー)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[ネヴェド戦]
ンカソ「なんと凄まじい毒気か…」
マー「これがネヴェドなの…?」
タンゴガンゴ「オ、オレはこんなところにはいたくないぜ」
ネヴェド「アカイア、そしてアカネか。何をしにきた」
アカネ「パパ…」
アカイア「世界は生まれ変わろうとしています。あなたはここで何を?」
ネヴェド「俺にはやらねばならぬことがある」
レッカル「何故アカネを捨てた!貴方なら抱くことができたのでは!」
マー「レッカル落ち着いて!今はその話をしてる時じゃないよ!」
アカネ「…」
アカイア「それがこの世界に関わることならば止めなければなりません」
ネヴェド「愚かな。俺のやることを邪魔するのか」
ンカソ「世界は死ぬ運命らしい。新しい世界とやらを我は成就させたい」
ネヴェド「もはや一刻が惜しい。誤解は解かぬぞ」

ネヴェド「お前達は勘違いをしている。オレはこの沼を止めにきたのだ」
アカイア「沼を?」
ネヴェド「沼は意思を持つ世界の創造主。ここで必死の抵抗を続けている」
タンゴガンゴ「必死の抵抗?ってのは何だ?」
ネヴェド「アカネの命を狙っている」
マー「アカネちゃんの!?なんで!?」
ネヴェド「アカネが新しい世界の創造主だからだ」
アカイア「なんですって…!」
アカネ「わたしが…?」
シューベルト「わたしとアカネは同時に誕生した。一人は死を、一人は生をもたらす者として」
タンゴガンゴ「なるほ…お前喋れるのかよ!!!!」
ンカソ「なんと…アカネがそうだというのか…」
レッカル「ずっと不思議に思っていた。
始火の復活、白の丘の変貌、大森林の消失―起こりえないことばかりが起きた。だがもっと不思議だったのは…
お前の存在だ、アカネ。何故アカネのような悪魔が生まれたか
アカネは世界を築く者なのだな」
アカネ「レッカル、でもわたし何もしてないよ…?」
ネヴェド「オレはこの沼を止める。お前たちはどうする」
シューベルト「アカネ、この沼を止め、世界を創造するのは君の使命だ」
アカネ「よくわからないけどわかった!わたしも行かせて、パパ!」
ネヴェド「レッカルといったか」
レッカル「はい」
ネヴェド「俺は娘を捨てたのではない。俺の毒気で弱る娘から離れたのだ」
アカイア「ネヴェド…」
ネヴェド「強くなったなアカネ。これなら俺も側にいられそうだ」

[ヌシ戦]
超越者「裏切り者ネヴェド。母なる沼に逆らうはいかなる思想か」
ネヴェド「この世界はまもなく死ぬのだ」
マスター「沼は新世界を許さない」
ネヴェド「拒んでも同じこと。この世界の寿命なのだ」
シジャク「あなたは娘がかわいいだけではないの?」
ネヴェド「だとしてもすることは同じだ」
キラーナイト「同じ沼で生まれし我が兄弟。殺さねばならないか」
ネヴェド「残念だが俺はここで死ぬ気はない」
ヌシ「悲しいことね、私達が闘うなんて…」

アカネ「今のはパパのお友達?」
ネヴェド「ああ、友に沼で生まれた兄弟たちだ」
アカネ「そんな…」
ネヴェド「よいのだ。俺は沼の子だが、お前の父なのだ」
タンゴガンゴ「しかしなぁ…アカネがそんな立派な悪魔だとはなぁ」
アカイア「アカネでは文句があるのですか?」
タンゴガンゴ「そ、そうじゃねえ…ですよ」
マー「ぼくはわかる気がするな!」
アカネ「う~ん、わたしはまだわかんない」
ンカソ「誰かが言っていたな、我らは集まるべくして集まったと
今はなんとなくそれがわかるような気がする」
レッカル「私はアカネに何かを感じていた。だからこそ…」
ネヴェド「次は沼との決戦となる」
シューベルト「アカネ、覚悟を決めるんだ。わたしとともに行かねばならない」
アカネ「うん。行かなきゃいけない気がする」

[沼戦]
ネヴェドよ・・・
アカネ「誰!?どこから話してるの?」
レッカル「沼だ!沼自身が話しかけている!」
ネヴェドよ・・・
何故 俺の邪魔をする・・・

ネヴェド「世界の死期は貴方にもわかっているはず。何故無駄な抵抗を」
世界の死を拒んではいない
俺の世界以外の世界の存在を
許せないだけだ・・・

ネヴェド「それは独りよがりというもの。この者たちを見よ。最早世界は貴方だけのものではない」
理解を得ようとは思わん・・・
ただお前たちを・・・
アカネを消し去るのみ

タンゴガンゴ「おっと、それ以上は許さないぜ」
マー「アカネちゃんに手を出したら許さないよ!」
ンカソ「私の役目、ここにて果たそう」
アカイア「弱い母でした。ですがもう逃げません」
世界を産んだ俺の力を知らぬか
それとも知っての上か・・・

ネヴェド「何もしてやれなかったな、アカネ。ここは任せてくれ」
レッカル「これが最後か。アカネを守る。そのために私は来た」
アカネ「みんな…!」

 

世界はとうに俺の手を離れ
大きく成長していたのだな

終わりを迎えねばならんほどに…
アカネ「いろんなことがあったよ。そして、いろんな悪魔さんがいた」
アカネ
もはや気付いておろう
新しい世界はお前がつくるのだ

アカネ「うん。このたびは新しい世界を作るための旅だったんだね」
この世界をどう思う、アカネ。
いいや聞くまい
よい世界をつくってくれ

アカネ「ありがとう、沼さん」
ネヴェド「母なる沼よ。
感謝しているぞ」
さあ、ここを離れるのだ
アカイア「行きましょう」
レッカル「…」
アカネ「レッカルどうしたの?行こうよ」
レッカル「すまないが、ここまでのようだ」
アカネ「えっ」
レッカル「ずいぶんと水の力を使ってしまったからな」
アカイア「レッカル…」
レッカル「力を持たないアカネが作る世界を見てみたかったが
どうやらかなわぬようだな…」
アカネ「レッカル!何言ってるの!」
タンゴガンゴ「おいレッカル!」
レッカル「タンゴ、お前がいて助かったぞ」
タンゴガンゴ「馬鹿野郎!お前はキレる奴だと思ってたが馬鹿野郎だぜ!」
レッカル「アカイア様、お世話になりました」
アカイア「お礼を言うのはこちらです。ありがとうレッカル」
レッカル「皆、手を貸してくれてありがとう」
アカネ「レッカル!」
レッカル「楽しかったぞ、アカネ…」
アカネ「わたしも…」
レッカル「ありがとう…アカネ…」


アカネ「レッカルー!!」

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。