暗い海(ストーリー)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[風神・雷神戦]
レッカル「懐かしい場所だ・ここは水のふるさと」
アカネ「ねえママ、パパはどうして…」
マー「あっ!何か近づいてくるよ!」
風神「アカネというのはお主か!」
雷神「なあ風神、わしらは何故このような幼子を倒さねばならぬ」
風神「とんとわからぬ。わしらにはここがどこかすらわからんのだ」
雷神「まあよい。わしらはこれで元の空に戻れればよいのじゃ」
タンゴガンゴ「こいつらは…?ンカソのように異世界から来た悪魔か?」
ンカソ「我は見たことがない。異世界にもいろいろあるようだな」
アカイア「かかってきなさい。二度とこの子を手放しはしない」
風神「風よ吹け!!」
雷神「天地よ裂けろ!!」

タンゴガンゴ「なんだったんだあいつらは」
レッカル「奴らは明らかにアカネを名指ししていた」
タンゴガンゴ「アカネの友達か?」
アカネ「ううん。知らないよ」
タンゴガンゴ「だよなぁ」
アカイア「アカネ、よく聞きなさい。お前の父のことです
ネヴェドはあなたが生まれるとすぐに立ち去りました」
レッカル「プライドの高いネヴェド様のこと。アカネのような弱い子と知れたら―」
アカイア「そうかもしれません。ですがやるべきことがあると沼へ向かいました」
マー「やるべきこと…新世界の邪魔をすることかなぁ」
アカネ「パパはわたしのことどう思ってるの…?」
アカイア「それを確かめに行きましょう」
ンカソ「ネヴェド。一体どれほどの悪魔か」
タンゴガンゴ「そんな恐ろしい奴と会うと思うと気が滅入るぜ…」

[オルガエ戦]
オルガエ「見ツケたぞ・・・キサマがアカネだな」
タンゴガンゴ「うおっ!どっから湧いたんだこいつ!」
オルガエ「オレはこの世界の末路を知っテしまった」
アカネ「わ、わたしになにか用?」
オルガエ「許サん。オレを苦しめてきたバカリか世界と共に死なネばなランとは」
アカイア「話を聞かない子ね」
オルガエ「オレは世界ヲ憎む。憎みきレんほどに」
ンカソ「なぜこやつ等はアカネを狙うのだ」
レッカル「まさかネヴェド様の差し金…?」
アカイア「ネヴェド…」

アカネ「今の悪魔さんの言う通りなのかな」
アカイア「どういう意味?」
アカネ「この世界は怖いことがたくさん…世界を嫌う悪魔さんも多いよ」
レッカル「アカネ、この海を見てみろ
この海は穏やかなだけではない。水面はこんなにも鮮やかに煌いている」
アカネ「ほんとだ…きれい…!」
レッカル「世界とはそのようなものだと私は思う」
タンゴガンゴ「な、なあ。その世界が死んだらオレたちはどうなるんだ?」
マー「少なくとも悪魔でいられることはないんじゃないかなぁ」
タンゴガンゴ「そうか…やっぱりみんな死んじまうのか…」
―――
マー「何度も言うけど世界の死は避けられないって」
アカイア「もし新しい世界が作られなければどうなるのです?」
マー「世界の流れが止まって、全てがなくなっちゃうんだって」
アカネ「でも…新しい世界ができてもみんなとはお別れなの…」
ンカソ「受け入れるしかないのだろう。これは物が地に落ちるほどの摂理なのだ」
レッカル「落ち込んでいても仕方ない。先へ進もう」

[竜弓兵戦]
竜弓兵「君がアカネか。沼の悪魔を代表してお願いがある」
アカネ「えっ。なあに?」
竜弓兵「引き返してほしい。君が担う役割を沼の悪魔は気付き始めている」
アカネ「わたしの役割…?」
アカイア「私達はネヴェドに会わねばなりません」
タンゴガンゴ「そっちの事情は分からんがオレ達も行くしかないんでな」
竜弓兵「ならば仕方がない。この世界ではこうするしかないのだ」

竜弓兵「すまないな…滅びゆく世界を前にして戦うことしか知らんのだ…」
ンカソ「なんと憂いことか。悪く思うな若者よ。我とて戦う者なのだ」
マー「戦う…?あっ!そうか!」
アカネ「どうしたの?マーちゃん」
マー「忘れてた!こうやって戦うんだった!」
マーが戦い方を思い出した!
タンゴガンゴ「そうだった。こいつもホントはすごい奴だったんだよな…」
アカイア「それにしても何故アカネを狙うの?」
ンカソ「死を呼ぶというシューベルトを狙うならわかりそうなものだが」
レッカル「確かめに行きましょう。恐怖の力の沼はすぐそこです」
アカネ「私の役割っていうのが関係しているのかなぁ」
マー「うん…」
タンゴガンゴ「なんだよ。覚醒したってのに嬉しくなさそうじゃないか」
マー「アカネちゃんとの旅ももうすぐ終わっちゃう気がして…」
アカネ「マーちゃん…」
 


 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。