煌きの湿地(ストーリー)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[雨族戦]
アカネ「わー!きれいなところ!」
ンカソ「煌きの湿地 なんとも風光明媚な場所だ」
雨族「止まれ!また侵入者だなっ!」
レッカル「雨の民か。脅かしてすまない。君達の縄張りを侵す気はないんだ」
雨族「水のレッカル?いいや、信用なるものか!雨がお前達を許さないぞ!」
タンゴガンゴ「ちっ。雨族とまで戦わなきゃならんのか」
マー「嫌なら下がってて!ぼくがアカネちゃんを守るよ!」
タンゴガンゴ「偉そうなこと言って、雨で消されるんじゃねえぞ」
雨族「今、世界はどこかおかしい。悪いけどこの湿地を守ることしかできないんだ」

ンカソ「この湿地も我々を受け入れてはくれそうにないな」
アカネ「わたし。ママを探しに行く!レッカルがダメって言っても一人で行くもん!」
レッカル「くどいぞアカネ。お前を危険な目に合わせるわけにはいかない」
タンゴガンゴ「もういいじゃねぇかレッカル。危険ならオレ達が守れいいんだ」
マー「ぼくもいるよ!」
アカネ「お願いレッカル!パパとママに会いたい!」
レッカル「…わかった。だが危険な道であることは覚悟しておくんだぞ」
ンカソ「もはやこの世界に安全なところなどないのかもしれぬ」
レッカル「アカイア様はこの先の塔におられる」
「アカネを白の丘に置いた後、落ち合うことになっていたのだ」
タンゴガンゴ「よーし!どこにいたって危険なら、全員行くぜ!」
アカネ「レッカル、みんな、ありがとう!」
レッカル「(アカイア様。約束を破りアカネを連れていくことをお許しください…)」

[バンヒェ戦]
レッカル「この先に生命の大森林と呼ばれる場所がある。アカイア様がおられる塔はその先だ」
バンヒェ「ギギ…ギ…大森林へは…行くな…」
マー「わっ!いきなり怖いのが出た!」
タンゴガンゴ「バンヒェを支えているのは恨みの念のみらしいぜ!」
ンカソ「恨みのみ…不思議な存在もいるものだな」

ンカソ「この世界は本当に不思議だ」
ンカソ「雨族にバンヒェ、そして貴殿のそうだ。マー」
マー「えっ?」
ンカソ「我は火の起源などというものを考えたことがなかった」
「この世界にはあらゆる根源的な存在がある。だが、罪という存在はない」
「いや、正確にはその現象はあっても罪と呼ばれてはいないのだ」
アカネ「ねぇ、罪ってどういうものなの?」
ンカソ「我は規則ある世界より来た。規則は罪の存在なしには成り立たないものだ」
タンゴガンゴ「あんた、見かけによらずよく喋るんだな」
ンカソ「・・・」
レッカル「さあ行こう。生命の大森林はもっとンカソの知識欲を満たすかも知れないぞ」
アカネ「うん!楽しみ!早くママのところに行くんだ!」

[契約者戦]
マー「あれ?あっちに誰かいるよ」
契約者「い、行くな。この先へは行くな」
タンゴガンゴ「なんだァ?バンヒェ達もそんなことを言ってたな」
ニュケノイア「大森林へ行くつもりなら我らに殺されたほうがましだ…」
ンカソ「物騒なことを言う。ひどく怯えているな」
レッカル「通してもらうぞ。我々はアカイア様に会わねばならんのだ」

その夜…
アカネ「う…ん…」
レッカル「目がさめたのか、アカネ」
アカネ「うん…あまり眠れなくって」
レッカル「どうした、不安なのか?」
アカネ「ママ、わたしのこと 覚えてるかなあ…」
レッカル「なんだ、そんなことか」
アカネ「だって…」
レッカル「大丈夫だ。忘れるわけがないだろう」
アカネ「うん…」
レッカル「もう夜が明ける。さあ、少し眠りなさい」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。