真紅の森(ストーリー)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[ジェルマド戦]
タンゴガンゴ「不気味な森だな…」
マー「この辺りの悪魔はずいぶん強いみたいだねえ」
アカネ「暗いしデコボコして歩きにくい…」
ジェルマド「・・・」
タンゴガンゴ「うおっなんだこいつ」
レッカル「ジェルマドだ!気をつけろ!奴の目を見るなよ!」

アカネ「ふう、ふう」
レッカル「山を越えたばかりだ。アカネにはこの森道は堪えるだろう」
タンゴガンゴ「どれ、俺の肩に乗せてやる」
アカネ「わあ!タンゴの背中大きい!」
レッカル「タンゴの奴、最初はアカネを食おうとしてたのが嘘みたいだな」
マー「いいなあ ぼくもアカネちゃんに触りたいなあ…」

[ダークナイト戦]
マー「ここを抜ければもうすぐ白の丘だよ!」
アカネ「うん!マーちゃんがんばろう!」
ダークナイト「その子を白の丘へ連れていこうというのか?無駄なことだ」
レッカル「どういう意味だ?この子を安全な白の丘へ避難させる」
ダークナイト「無駄だと言っている。少なくとも私を倒せないようであればな」
タンゴガンゴ「わけのわからん奴だ。無理やりでも通るぜ!」

レッカル「怪我はないかアカネ」
アカネ「レッカルはどうしてわたしによくしてくれるの?」
レッカル「お前の母アカイア様には世話になった。だがそれだけじゃない」
レッカル「私は水の悪魔。アカイア様がお前を預けられた時、アカイア様の涙が私の体に落ちた」
アカネ「レッカルの中にママの涙があるの…?」
レッカル「ああ。アカイア様の悲しみと深い愛が私には手にとるようにわかるのだ」
アカネ「ママ… ねぇレッカル、もっと近くに行っていい?」
レッカル「ああ、おいで」
タンゴガンゴ「まだまだアカネも母が恋しいお年頃ってわけだな」
マー「うんうん」
タンゴガンゴ「おーい何やってんだ?白の丘はすぐそこだぜ」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。