プロローグ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その日 悪魔の世界に産まれてはならないものが 生まれた
父は毒の魔王と恐れられる大悪魔「ネヴェド」
母は九本の刃の腕を持つ最強の蛇悪魔「アカイア」
ニ人の間に生まれたのは 小さくか弱い少女だった。
母アカイアの刃の腕は「アカネ」と名付けた少女の体を傷つけてしまう
父ネヴェドは怒りを抑えきれずアカイアとアカネを置いて立ち去ってしまう
アカネを抱くことができないアカイアは 弟子の悪魔「レッカル」にアカネを預けるのだった…

アカイア「レッカル…聞こえていますか レッカル
レッカル「ここに」
アカイア「気をつけて。とても弱い子なの
レッカル「この子は?
アカイア「私とネヴェドの子、アカネよ。
レッカル「なんと…!この傷だらけの子が 本当にアカイア様とネヴェド様の子なのか―!」
アカイア「私の刃の腕ではアカネを抱けない…。レッカル、お前の手でアカネを安全な場所へ
アカイアの涙が闇に落ちた
レッカル「わかりました。この水ナイフに懸けて 命がけでお守りいたします
さようなら アカネ


レッカル「ここは悪魔の世界。お前が一人で生き残れるところではない
これからお前を白の丘へ連れて行く。心配するなアカネ。お前の身は私が守ってやる」

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。